贈与契約書には印紙を貼る必要があるかどうかのご質問を頂きました。


贈与する財産によって異なります。

現金や株式を贈与する場合は、印紙を貼る必要はありません。


土地建物などの場合は、印紙を貼る必要があります。


ただし、土地建物の価値が高額であったとしても、高額な印紙を貼る必要はありません。

「契約金額の記載がないもの」に該当するため、印紙の金額は200円になります。


 → 名古屋の相続専門税理士木村のホームページ