生命保険金は、相続税の課税対象になりますが、通常の遺産とは異なる扱いになっています。



被相続人の死亡により相続人が生命保険金を取得した場合には、法定相続人の人数×500万円までの金額は、相続税が非課税になります。


法定相続人が3名の場合は、500万円×3名=1500万円までが非課税になります。

(法定相続人とは相続の放棄が無かった場合の相続人です)



相続を放棄した場合であっても、生命保険金については、指定された受取人が受け取ることができます。

事業上の債務が多額にあった場合などには、相続放棄によって通常の遺産は受け取ることができなくなしますが、生命保険金は受け取ることができますから、ご遺族の生活維持のために役立ちます。


ただし、相続を放棄した場合には、受け取った生命保険金について、相続税の非課税制度の適用はできません。


 → 名古屋の相続専門税理士木村のホームページ