アプリ開発者は広告で食べていける? | 三茶農園/きむらさとる

三茶農園/きむらさとる

 気付きの共有。コミュニケーション、演出表現について、まちづくり。渋谷とか静岡。


テーマ:
  • 世界最大(を標榜する)AdMobの月間インプレッション数は、モバゲーの1/3以下。
  • リーチしている人口比だと、日本の携帯ユーザー1人あたりのPVはかなり多い。
  • 裏を返せば、日本ではPVあたりの価値が希薄化。
  • USでモバイルアプリへの支払単価は、1PVあたり0.2円~0.4円。
  • mixiアプリモバイルの支払単価は、1PVあたり0.01円から0.03円。
  • 100万PVで、1万円から3万円の収益
  • これでもmixiは、業界内では「破格」の好条件。
  • モバゲーの会員数は約1500万人。
  • 月間広告売上が約6憶円。
  • 会員1人あたりに換算すると広告売上は、月間40円。
  • 日本のモバイル広告市場は960憶円。
  • 携帯電話契約数は約9000万台。
  • モバイル1台あたりの広告費は、月間80円強。
  • いくつものWebやアプリを使い分けることが一般的なので、
  • 1アプリが1人あたりから得られる広告収入は、数円規模。
  • 広告収入のみで十分な収益を得ることは、既存モデルでは、とても難しい。
  • GDPに占める広告市場は、日本で1.3%前後。USで2.0%前後。
  • 単純化して個人から期待できる広告売上は、その人の消費金額の1~2%程度。
  • 日本のモバイル市場は、PVの価値が希薄化。
    既存モデルでは、まぁ儲かりませぬ。
    ではどうすれば・・・つづきは、こちら

    kimurasatoruさんをフォロー

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    Ameba人気のブログ

    Amebaトピックス