当院の職員(看護師)が、内視鏡のエキスパート「消化器内視鏡技師」の資格を新たに取得しました。

 

ところで消化器内視鏡技師とは?

 

 

内視鏡医の補助(検査時や治療時の介助など)を専門的に行う技術者です。

 
この資格は国家資格ではなく、日本消化器内視鏡技師会の認定資格です。内視鏡に対する専門資格はほかに無いため、内視鏡関連でキャリアアップを目指す方が取得しています。

試験を受けるための条件として、正看護師・准看護士の資格が該当することから内視鏡室で働く看護師も取得することができます。 

 

では、消化器内視鏡技師とは、どんなこと(仕事)をするのでしょうか?

 

①感染対策

   内視鏡の洗浄・消毒、処置具の洗浄などを行います。


②処置具、備品の保守、在庫管理 

   器具の点検、メンテナンス、消毒の管理なども行います。


③患者の介助、鎮静患者の観察、記録 

   内視鏡検査の介助が、検査の内容や質に大きく影響します。特に検査中は、緊張を和らげるような声かけ、検査終了まで安心して検査ができるような雰囲気作り検査中の状態の把握、検査、治療がスムーズにできるように介助します。


④検査後、鎮静患者の安静解除 

   鎮静下での内視鏡検査が増えています。内視鏡検査が楽にできても検査後にトラブルがあってはいけませんので、鎮静後の管理等もおこないます。

 

⑤ 新しい知識や情報、高度な技術を習得

  消化器内視鏡技師研究会や学会、機器取り扱い講習会に参加して、新しい知識を習得します。

以上が主な仕事です。

 

つまり、内視鏡医にとって、右腕的な存在なのです。

 

次回は、消化器内視鏡技師はどのようにして取得するのかについてです。