対症療法と根治療法 | 目標達成や課題クリア、人間関係の改善のための「コミュニケーション」と「心理」の仕組みと活用法

目標達成や課題クリア、人間関係の改善のための「コミュニケーション」と「心理」の仕組みと活用法

人見知りで元システムエンジニアのコミュニケーションコーチが贈る、目標達成や課題クリア、人間関係の改善のための「コミュニケーション」と「心理」。少しの知識と工夫があなたの身を助ける。コミュニケーションと心理の仕組みと活用法とは?


テーマ:

「こんな問題が起きているんですけど、どう対処したら良いですかね?」
という相談を受けることがあります。

コーチの私としては、その質問に対してお答えしたくない
というのが本音です。

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

とはいえ、お答えはしますけどね。


以前良く使っていた地下鉄の駅構内のことです。
前回に続き、駅でのアナウンスの話題です)

その駅の1つの出入口(A出入口としましょう)は、
オフィスや商業施設がたくさん入っている大きなビルに直結しています。

利用客が多い時間帯には、A出入口へ向かう通路付近では、


「A出入口付近は左側通行です。ご協力お願いします。」
 

というような内容のアナウンスが、30秒に1回くらいの頻度で流れます。

しかも、かなり大きなボリュームで

どうして、こんなにアナウンスを繰り返すのかなぁ、と疑問に思っていました。
よほど、マナーが悪い人が多いのか? とも思いました。

あるとき、その理由が分かりました。


大きなビルに直結しているA出入口なのですが、
そのビルの敷地に入るとすぐにエスカレータがあります。

そのエスカレータが右側通行なのです。

ビルから駅に来る人は、右側通行のエスカレータに乗ってA出入口にやって来ます。
意識しなければ、右側通行のまま駅構内の通路を進みます。

左側通行をするためには、流れを無視して、クロスしなければなりません。

ビル内のオフィスに通っている人は、エスカレータが右側通行だということを
知っているので、駅構内からビルに向かうときにも右側通行してしまうのも頷けます。


いくら、アナウンスでうるさく左側通行を促しても、
構造がそのようになっていないので無理があるのです。


アナウンスで告知するという対症療法よりも、
通路とエスカレータの運用を合わせるという根治療法の方が
よほど問題解決には近道だと思うのです。


このことと同じように、冒頭の相談を考えると、

起きる問題の対処を考えて準備しても、
もぐらたたきゲームのように、
繰り返し問題が起きて、
その都度対処することになります。

それよりも、
問題が起きないようにするにはどうするか、
を考えて、手を打つほうがよほど効果的だと思うのです。

もちろん、今すぐの苦痛を和らげるための対症療法は必要です。
しかし、それだけではなく、根治を目指すことは重要です。

 
 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

元システムエンジニアのコミュニケーションコーチ@木村 正博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。