東京美容外科 木村です。

 

今回の症例は鼻プロテーゼや鼻中隔延長などの「鼻の複合手術」のご紹介です。

こちらの患者様のご要望は
・全体的な鼻先の丸みや鼻筋の高さ、鼻翼の広がりにコンプレックスがある。
・いかにも「整形鼻」といったようにはしたくない。
というものでした。

カウンセリングの結果選択した施術は
・プロテーゼ(I型+オーダーメイドカスタム)
・鼻尖形成(耳介軟骨移植)
・鼻翼縮小(内側切開)
・鼻中隔延長
以上の複合手術です。

鼻翼に関しては外側を切開するクリニックもありますが、
自分は経験上、その施術はおすすめしません。
外側切開は小鼻の横への広がりに関しては縮小された印象になりますが、
鼻は傷跡が残りやすく(皮脂が多く、可動性のある部位なので)、
また、傷が治る過程で(癒着などによって)小鼻の丸みを帯びた形状が損なわれるリスクが高いからです。
そのため今回は「内側切開による鼻翼縮小」を選択しています。

AFTERの写真は術後約一ヶ月ですので、ここから時間の経過と共に傷跡も浮腫みも、もっと落ち着いてきます。

鼻は複合手術が必要な部位です。
鼻筋を高くしたら今度は小鼻が目立つ…というように、一箇所だけではなく全体のバランスを整えることが重要です。
どの術式を選択するかによって、仕上がりもまったく異なるものになります。

当院では患者様のご要望は勿論、顔の他のパーツや雰囲気なども考慮し、全体がより美しくなるご提案をいたします。
他で手術された方の修正手術(他院修正)も対応可能ですので、まずはお気軽にカウンセリングへお越し下さい。



東京美容外科

===========================

▼フリーダイヤル:0120-658-958

(コールセンター受付時間:9:00~21:00)

▼お問合せ・ご予約フォーム:https://www.tkc110.jp/reserve/

▼LINE予約:https://line.me/ti/p/%40tkc110

===========================