地域 清掃作業

テーマ:
お盆明けからしばらく、本日8/19は地元 白嶺小中学校の資源回収 と 草刈り清掃の日 でした。




一年に一回の学校清掃の日、



みんなの力で綺麗になると、


気持ちいいですね。


久しぶりにお会いできた保護者さんもたくさんいて、楽しい一日となりました。



さて、明日からまた各現場、グンっと進んでいきます。
そして、S様邸新築工事は、床のヒノキフローリングの施工に取り掛かります。




お楽しみに!

久しぶりの継続した雨が降っております、白山麓。

 

 

この時期の雨は、ちょっと金沢方面へ下りると降っていなかったり、その辺の道にも雨の場所と降っていない場所との境目ができたり、と、この時期特有の雨雲の影響が見受けられますね~。

 

 

 

金沢市S様邸「塗装」工事の現場は晴天。

 

「塗装」、と聞いて、 ? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。私たち、 木村製材 は、その通り、「ペンキやさん」ではありません。しかし、ひと口に「外壁塗装」と言っても、足場の工事もありコーキング工事や電気工事、TVアンテナや空調工事に板金工事、、、いろんな業者さんが絡んできます。

 

「建築」と呼ばれるものには、28もの業種があり、そこからまた職人さんが細分化されていますので、これらの工程・施工方法・品質・原価をすべて管理して最良の仕上がりでお客様に応えるために、私たち「建築屋さん(工務店)」が存在します。

 

こういった段取りや、ご近所さんへの挨拶やトラブルを未然に防ぐ技術などを、「塗装工さん」には負けません!

ただし、実際に塗ったりする腕前技術では惨敗します(笑)。


段取り、方法、塗料、工程はこちらで責任持って提案しました!数十年前の塗装板サイディングを、見事に復活させてください!塗装職人さん!


 

 

 

そんなこんなで、

 

 

 

 

しかし、白山河内あたりから雨が降っています。

 

 

 

白山麓S様邸では、明日、「山の日」のユニットバス組立のため、本日夕方に現場納入いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(毎回書いている気がしますが、)ユニットバス、とは、こうして一部出来上がったパーツを現場で組み立てる、というお風呂なのです。

 

 

保温機能抜群の、TOTO社製「魔法びん浴槽」に、「ほっカラリ床」に、「暖房付換気扇」、のフル装備です。

 






 

建物内部の「身近な自然素材」同様、これからお客様に手をかけてかわいがってもらって、「長生き」してほしい、私たちの追い求める「安心安全快適、長持ち」、を実現してほしい、と切に願い明日の施工に入ります。

 

 

 

お盆明けには、リフォーム工事が目白押しで、その段取りに追われるのがまさに、この時期なのです。

 

 

 



また、白山市松任地区にて、新築工事も始まります。



 

 

 

 

 

 

職人皆様、よろしくお願いいたします!

 

 

また、段取りしてくださっている皆様も、直接手を下さないかもしれませんが、

 

 

立派な「職人」です!

 

 

職人皆様、よろしくお願いいたします!(しつこい(笑))

台風 襲来か?

昨年から打ち合わせさせていただいてました、



金沢市三馬地内の工事、



満を持して着工日を今月に決めさせていただいた矢先の台風。

塗装工事のため、足場を組んだり、ネットを貼ったり、心配なことはたくさんありますが、





24時間、何かあった時の連絡を待機しております。





顧客さま皆さまも、何かございましたらご遠慮なくお電話下さいませ!
さっと大粒の雨が降った本日月曜日、白山麓。



とても久しぶりの雨でした。大気の状態は不安定らしく、カミナリ注意の案内も出てますね。



そんな中で、S様邸では、外部ではシロアリ予防工事の3回目を、内部では吹付断熱材のアクアフォームの施工が行われました。



内部は綺麗に養生をして窓を閉めきるため、体感温度は60℃(!)にも達するかと思うくらい!



もちろんキチンと施工箇所や厚みや隙間チェックなど細かなところも抜かりなく。職人さん、ありがとうございます。



こうして気持ちよく職人さんにいい仕事してもらうために、日々棟梁はじめ木村一同一丸となって頑張っております。



いい仕事 = お客様に喜んでもらえる。



その甲斐があった、と思えることが、何よりの幸せです。










そして、日曜日の羽咋市メンテナンス工事のレポートですが、



仕事は段取り通りバッチリでした。

ベランダ笠木の腐食前の取り替えです。
材料、仕口加工、塗装、板金笠木まで、すべてジャストで作っていったおかげですんなり予定通りでした。


工事させていただいた全ての現場のデータを取ってありますので、今後も得意なITを駆使してデータは保存していきたいと思います。




が、そのあとの「お楽しみご褒美」だった、ハマグリカレーは、トラブルのため食べることはできませんでした(悲)。




なんと、大工さんの車が朝一番、こんな時に限って故障して、朝から迎えに行ったりバタバタしてしまうトラブル(笑)でお楽しみの予定が狂いました。

仕事の予定が狂ったのではなかったので、そこは全く「良し」とします。が、

夢は叶いませんでした(悲)



うらみます(笑)






しかし、うちの大工さんたちはよく口にするのですが、「お客さんに喜んでもらえること」をする限り、私たちの満足度は最上級です!






これからも、その当たり前なことに邁進していきたいと思います。






そのあとの帰り道は、長男のサッカー カップ戦が宝達志水町で行われていたため、ついでにお迎え。

暑い中、スタッフ選手共々お疲れ様でした。




次男は、夏休みの課題、と称して私の義弟さんに、またまたハマっている釣りに連れて行ってもらえました。



釣り船さんのFBページに紹介されてました。

私の大好きなアカイカを、波しぶきでビシャビシャになりながら、イカ墨をたくさん浴びながら、たくさん釣ってきてくれました。







ありがとねー、次男!

技術指導及びお世話してくれたKT氏、ありがとうございます!






さて、台風の進路が、気になりますが、





また大したことないことを祈りながら、今週も準備していきます。




よろしくお願いいたします!


ずっと続いてます猛暑日。

しかし、私たちにはまだまだぬるいもんです!!

 

 

 

白山麓 S様邸新築工事は、外部下地がほぼ完了しまして、

 

スギ下見板の仕上げや、ちょっと斜めの角度に仕上げる外壁(←お楽しみに!) の段取りに入ってます。


スッキリ綺麗な絶妙なトーンバランス。
しかもただコストをかけることなく、背伸びしない身近な自然素材を白山麓の四季と違和感なく混ぜ合わせていく。


機能面も考えながら、最良の仕上がりになりそうです。


そして、


 

いよいよ内部・吹付断熱材の下準備に入っていきます。

外部から内部に大工さんの作業が入っていく手始めとして、吹付断熱材は今回も「アクアフォーム」を採用させていただきました。

 

アクアフォーム

 

現場発泡のため、隙間なく充填することができます。

また、人体・環境にもやさしく、性能も高い。コストも控えめ。

 

 

しっかり断熱していこうと思います。

 

 




 

しかし、また台風が発生したようで、8/8㈬あたりは注意が必要のようです。

 

 

 


 

そのあとは、ユニットバスの組立や外部シロアリ予防工事など、現場内が非常に混み合ってくるため、

 

現場の大工さんたちは、今週は日曜日出勤として、猛暑の中頑張って、その代わり今年の盆休は、

 

8/11(祝)山の日 ~ 8/16 まで

 

とさせていただくことにしました。





そして、大工さんの日曜日出勤は続き、私は別部隊の大工さんと一緒に顧客様の、



羽咋市 T様邸



にメンテナンス工事でお邪魔させていただきます。

段取りは万全。現場に行ってからスムーズにできるよう、作れるものは段取りしてあります。



しばらく白山麓に篭りっきりだったので、「遠征」に少しウキウキしながら、でも、失敗は許されないギリギリの緊張感を持ちながら全て準備しています。



あわよくば、順調にいったアカツキには、大工さんと、T様に教えていただいた羽咋市が誇る激ウマカレー、「きっきんモト」に一緒に行きたいなぁ、とか考えてます。


ここのハマグリカレーはとっても美味で、T様邸工事中はお持ち帰りルーも何回買ったことか。


このキッチンモトさん向かいのナルックル(←やったと思います。うろ覚え)にもお持ち帰りルーが売っているほど、ご当地名物カレーなんです!!



大工さんは、「カレーは飲み物」(笑)、と言っているくらいなので、何とか食べに行けるように段取りします!



そして、ですが、

 

 

 

現場軍団とは異なり、当事務所部隊は、8/13~16の盆休とさせていただきます。

 

 

 

いつもながら、お電話や連絡はつながりますので、何かございましたらご遠慮なくご連絡くださいませ!



 

メール、LINE、メッセージ、Facebookメッセージ、他、ほぼつながりますので、よろしくお願いいたします。






【先週の解答】

どうやって、フニャフニャな長い板金を屋根まで上げるか?


台付縄が3ヶ所掛けられていますが、クレーンのフックは1つ。このままではグニャっとなってしまいます。



正解は、




このような、ハンガーみたいな専用の天秤クランプを使うことでした!

均等に吊るための天秤は、長さや材種に応じていろんな種類があります。

建方のときに使う天秤クランプのように、

理屈は同じで、

均等に、平行に、安全に、長尺物を吊ることができます。


正解率高めでした!






それでは、皆さま、良い週末を!





中能登は、羽咋市のレポートも後日!



ps.ちょうど日曜日に息子のサッカーU14コパカップが宝達志水町であります。仕事が段取り通り行ったアカツキには、午後の試合だけ見ることができるかどうか!頑張れ、せがれ!
蒸し暑い日が続く石川は白山麓。


本日は、高校野球 石川県 決勝がありました!


現場では、あまりラジオをつけないので、



「ラジオ、うるさくないですか?」、とかみんなに気を遣いながら星稜高校の勝利を耳にしました。



22-0という驚異的なスコア。大会新記録だそうです。しかも、さらに、大会新記録の4ホーマーを放った竹谷主将は本邸お施主様とそっくりのため(笑)、必然と気持ちが偏ってしまった大会でした。。



この暑さの中、両チームに、感動をありがとう!








そして、




そんなこともありながら、




S様邸は外部透湿防水遮熱シートが貼られ、
台風、いつでもどうぞ!状態になりました、建方後3日目。






このシートで外部を覆うためには、シートで覆ってしまうと出来なくなる作業をすべて済ませなくてはなりません。




このような、間柱や窓を支える下地や、大切な筋交い、あとで施工できなくなる耐震金物、

外周の木部のシロアリ予防など、
きちんと順番があります。









今回の台風は、列島縦断の雨台風の予感をしながら、週末に向けていろんな準備を用意しています。
またいつもの「たいしたことない」もの、であることを祈りつつ、






本日は、そのほかの現場の台風養生に邁進しながら、





私は、夕方、鶴来S町で来月着工のお客様と打合せをさせていただき、





帰り道にちょっと寄り道しまして、「何かみなさんに迷惑をかけずに、

仕事を止めることなく、

甲子園の実況を聴きながらも、

電話の受け答えもできる」、(笑)





そんな方法がないものか(笑)、




流石に欲張り過ぎ、とか思っていたら、




なんと、近くの電器屋さんにありました。

変わった形のただのイヤホンなんですが、そこからラジオが鳴っていても周囲の音も聞こえる!音楽が鳴っていても周囲の音が聞こえる!


さらに、お話もできる!



なかなか、言葉では伝えにくいですが、



後ろでBGMとしてイヤホンから音が鳴っている感じで電話の通話もできる、という感じです。



本当にビックリ。流石、SONY。よくぞこんなものを創りました!made in JAPAN!



私たちもmade in JAPAN!どんどん攻めていきたいと思います。




ちなみに、屋根の板金も明後日には完了の目処が立ちました。

板金材料は、決まった尺がなく、とてつもなく長いものが作れることが大きな特徴のひとつで、雨仕舞いに対する大きなメリットになります。




そこで問題。

このような、10mにも達しようかというこの板金の材料を、高い屋根までどのようにして運ぶでしょうか?



引っ張りあげるには重過ぎる、また、擦り傷がついてしまう。

普通に吊るとグニャっとしなってしまう。。。







この答えは後日!
猛暑の中、新たにお住まいができました!



白山地スギをふんだんに使用した、あたたかいお住まいがこれから進んでいきます。









応援に来てくださった大工職人さんみなさま、暑い中、ご自身の現場をストップさせてのご助力を誠にありがとうございました😊


またここまで関わっていただいた業者職人さんみなさま、ありがとうございました😊




恒例の「夜のねぎらいの会」にも、お客様にはとても丁寧にしていただき、心からここに感謝申し上げます。



本当に、ありがとうございました!


みなさまの幸せに携われることに心から感謝して、これからも木村製材一同、頑張らさせていただきます!


ありがとうございました。
昨年の豪雪で、厚みt0.8ものSV1と呼ばれる強固な板金屋根が、このように折れ曲がってしまいました。

軒の出は、300mm程度なのに。。

折板屋根は、突き出たボルト部分が雪止めの役割をしてしまうため、注意が必要です。




いよいよ、これから葺き替え工事にかからせていただきます。


暑いですが、屋根担当職人さんみなさま、頑張りましょう!



熱中症は思いも寄らずやってきます。やばい、と思ったら全く遠慮は要りません。




いつもありがとうございます!
白山麓だけでなく、日本中どこも一緒ですね。この暑さ。



人間の体温を超える暑さで、外には人の姿もまばら。



新築工事の現場は、日陰がまったく無いうえに、コンクリートやシートなどの照り返りが結構ありまして、痛いくらいの暑さになります。




そんな中でも自分たちで決めた予定はきっちりと。



S様邸 新築工事は、ほぼ全材料が現場に搬入されました。

横架材、柱材は地スギで、そのヤング係数に合わせたせいを算出。


その構造材をみんなで付近に配置して、


金物まで通して、

建方時に、なるべくスムーズに進捗するよう段取りします。





しかし、毎年この時期は個人的な悩みが。。。





材料を運搬してくださった専門運送会社の社長さんとも久しぶりにお逢いしたのですが、




一言目に、「黒すぎる」、と言われる始末(笑)




新築工事の現場や道路工事の現場では、日光の照り返しが大きく、すぐに真っ黒になってしまいます。
日焼けして黒くなると、私は、いろんな意味で、「恐く」なるのを、アラサーくらいから知っています(笑)建方の応援に来てくださる大工さんにも、幾度となく「コワイカオ!」と言われてしまいます(笑)





でも、





それ以上に、現場が大好きなんです!




最高のお住まいにいたします!


建方まで、ほぼ、絶対、雨が降らないことも予感しながらも、ブルーシートをかけてフィニッシュ!




足場も先行して架設して、


明日は、お客様に了承いただいた「前建方」をさせていただき、7/20の最強熱波でも応援大工さんたちがスムーズにいきますよう、段取りします。




西日本豪雨の被災地の方々に比べれば、




何ともありません。




自分が出来ることを、精一杯やるのみ。



これまで「無許可掲載」が続いてました(笑)、白山麓の S様邸新築工事は、お施主さまに了承いただきまして、


新テーマを冠して今後掲載させていただきます!



このようなブログ記事はずーっと残っていきますので、いろんな記念や記録になれば幸いです。



急に変わる天候を勘案しながら、土台伏せ〜

床下材料は全てヒノキを使用しています。
防虫性の高い木材ですが、シロアリ予防は保証付きで行います。


通常の防蟻工事ではできない、基礎の上に乗っかる土台の裏側もキチンと塗布します。



土台の下の黒色の材料は、
網目状になった硬質のパッキンで、これが床下の換気口になります。


従来の風穴方式より地震による基礎の弱点が減ってくれます。







そして、土台を伏せたあとは、「シロアリ職人さん(?)」が薬剤を機械で散布。



散布した木材がわかるよう、オレンジ色に着色してあるんです〜




土台を伏せたあとは、

断熱材を施工。


今回は剛床工法、通称「根太レス工法」という、厚い合板で床の水平剛性を保つやり方を採用しております。




合板を貼ったあとは、


イージーコートと呼ばれる粘着するシートで養生。
少々の雨でもこれが合板を守ってくれます。


粘着する材料のため、貼ったあとの空気を抜くために、大工さんたちがカー娘みたいになっています(笑)

 




建方まで若干日程の余裕があるため、さらにブルーシートをかけて本日の作業は完了。





このような流れも、なかなかお客様が見ることはできないものです。
(棟梁大工職人さんのカー娘姿も(笑))




お客様の笑顔  =  のような、今日の綺麗な夕陽
これを見る為に、

我々は幾十にも「段取り」しております。








そして、こうしてこれからも現場の記録をしてみなさまにご紹介していきたいと思います!




よろしくお願いいたします。