文教委員協議会2月14日

テーマ:

今日は文教委員協議会でした。

 

案件8件。

全日の総務委員協議会に比べると早く終わりました。

 

案件の内容と、

当日の議論の雰囲気をメモしております。

 

一言一句メモができているわけではありませんが、

雰囲気だけでも伝わればと思います。

 

 

==

 

 

 

 

(1)機構改革の実施について
部署名変更、室の廃止など。

全体的に、次長(室長)クラスを減らす方向を受けて。
また、「学校給食課」が「おいしい給食課」へ


===
意見
枚方の給食は本当においしいと認識しているので、
アピールする意味でも改称はいいと思うが、
安全にも気を付けてると思う。
「安全でおいしい給食課」にしてほしいと思った


おいしいは当たり前。現場で頑張っておられるのも承知。
何かがあったあとで改称ならわかるが、
今まで一生懸命やってるからこそ、
なぜ今のタイミングで改称するのか。
あえて、今「おいしい」をつける理由がわからない。
理由は?


給食は一致団結して作っているもの。
それが見えない。おいしいというのがわかってもらえてない。
頑張ってる職員がいるのを知ってもらいたいということで
名前を付けた。


おいしいというのはわかっている。




(2)今後の学校給食について


小学校給食は改修ののち随時民間委託。
最終的な民間委託率は88.9%(40校/45校)


※参考として、
単独調理場1か所あたり約2.7億円
親子調理場1か所あたり約3.4億円

中学校給食は当初H29年度中に方向性の結論を出す予定だったが、
1年延期。H30年度中に方向性を出す。


===


委託率88.9%にした根拠は?
H25年の整備手法に関する方針に書いていた直営の理由が守られるのか?


大丈夫。

委託になると現場の声や子どもたちの声がつかみにくくなる。
経費の削減という委託を進めるのではなく。

中学校は全員喫食目指してほしいが、
民間委託は反対。

親子方式について。
小学校は20分休憩。
中学校は昼休みしかない。
食缶方式になると給食指導で、昼休みが中学生から奪われてしまう。
中学生にはなじまない。

食缶方式だと取り合いになる。



全員喫食については、
市政運営方針でH29年度中に今後の方向性をまとめますといっていたのに、
まとまっていない。スケジュール遅れていて残念。
早く全員喫食にしてほしい。
今の選択制なら喫食率低いし、学校ごとのばらつきもある。
教職員の喫食率低いのも改善してほしい。


中学校給食。
現状。まだ50%いってない。20~50%。
何が原因でばらつき?

喫食率の高い学校は、
先生の働きかけ、PTAで頼むようにしようという申し合わせ。
それ以外のところでは家庭での親子関係で子どもの意見が勝って給食じゃなくなる。


学校現場としてばらつきがある理由は?

クラスの中で給食を頼みやすいかどうか。
友達が頼んでいるかどうか。


各現場の状況もあると思うが、
市の方針としては50%。
市としての指導力はどうなのか。
機運を高める環境づくり。
常日頃どういうことをしているのか?


学校給食会という中で検討を進めている。
協力を得やすいように進めてる。

市長は全員喫食。
でも、現場は追いついていない。
その中で中学校給食で全員喫食をやみくもに進めるべきか。
食缶方式もなじまない。

H30年度末にはどういうものをしめすのか?

いつまでに、どのような手法で、というところを示したい。
全員喫食に向けた具体的な方式。


現場対応が追い付いてないのに教育委員会進めていいのか?
今の喫食率を上げるのが優先ではないか。


喫食率にはばらつきがある。
学校は市が示す方向に学校一丸となって取り組んでいただきたい。
組織量が不十分なところも見受けられる。
学校全体で取り組んでいけるような組織力を上げていく。


おいしい給食課なのであれば。



全員喫食には課題がある。
全員と決まったら考えなくなる、
選択制なので考える。

喫食率も公表しないほうがいい。
レッテル貼りされるのも避けてもらいたい。

課題をどこまで把握しているのかポイント。
牛乳嫌いな子もいる。


全員喫食には様々な課題がある。
再度課題を整理して、検討状況を9月に。


全ての学校のPTAや生徒の声を聞いて改善につなげてほしい。



在校生に聞き取り調査をするというのもいいが、
小学校も含めて声を聞いてほしい。
食缶とランチボックスでなぜ議論しているのか。
ランチボックスを6000食分購入している。
全員喫食するなら廃棄するのか?


(3)枚方市少人数学級充実事業について

府内の公立小学校では
1・2学年で1学級35人以下の少人数学級。

市としては
H24年から3学年まで対象
H27年から4学年まで。

今後5・6年で支援学級在籍児童を含まずに40人
→支援学級在籍児童を含んで40人



5・6年生に少人数をするとなると1.7億円が必要になる。
中1に少人数をするとなると6050万円が必要になる。

中1は大事な時期。
中1で学校が楽しいと思ってもらえれば、2年3年は大丈夫という話を校長から聞いている。


35人学級を5・6年にも広げるべきではないか

人員、財源、教室の確保の課題があるので、
まずは今回の支援学級在籍児童を含んで40人



(4)第3子以降の無料化について



公立幼稚園のみで保育料がマイナス520万円
公立・私立の幼稚園保育所全部合わせると、2.89億円(年間)


(5)コミュニティスクールについて


学校運営居議会制度を導入した学校のこと。
地教行法の改正で
「学校運営協議会を置くことができる」
がH29.4.1から
「学校運営協議会を置くように努めなければならない」
に変更。

枚方市としても議論をしてきた。

H30年5月以降、実施可能な小学校から学校運営協議会委員の任命。
5校程度を想定して予算計上。
報酬は1.2万円
3万円×3回

具体的な活動としては、
・見守り活動
・学習活動
・教材整備
・学校行事
・環境整備


===
コミュニティスクールとはどういうものかという話をしていた。
人事権がなくなったので安心した。

評議員運営制度を順次学校運営協議会に変えていくということがだ、
従来のものとどう違うのか?


評議員:意見を述べる役割。

運営協議会:必要な支援を行うために参画する。


児童の放課後対策と重なってこないのか。
PTAの行事との関連性。

文科省から降りてきたからやらないとと。
放課後対策とのすみ分け。

コミュニティスクールの活動。
コミュニティをベースにして。放課後対策とはすみ分け。



効果が書いていない。
教育委員会として効果は何を考えてるのか。

最終的には学校と家庭と地域が一体となって健全に育成してくこと、を狙っている。
今枚方ではコミュニティがあり、地域で支援していただいている。それを組織として進めていくことによって地域で育てるという効果を狙っている。


どう地域やPTAに伝えていくのか。

より具体的なものをまとめていく。
同じ方向を向いて育てていく。


何のためにするのか。
というところを明確にしていく必要がある。
2点質問。
会議の辞儀録は公開されるのか?
事務局が教頭、多忙化、加配の予定は?



校長だよりなどで概要を情報提供はしていく。

来年度は実施してだく学校からということで検証する。



最大5名。
評議員の方で入れない人もいる。





==

基本的に賛成。
やってみないとわからない
学校評議員制度との違いを明確に。


ファシリ。
情報公開



(6)児童の放課後対策にかかる取り組みについて

平成30年に4つのブロックから各1校選定して
6-7月モデル事業(第1クール:最大45日)
10-12月モデル事業(第2クール:最大60日)


第1クールは校庭等の自由解放
第2クールは自由解放に加えて体験活動等の教室を開催(最大30日)


配慮を要する子の参加の場合の加配は?

事前把握して人員加配も考えていく。






夏場の熱中症対策は?

注意喚起を行っていく。
モデル実施の中で検証していく。

どれだけの人が来るのか。


(7)公益財団法人枚方市文化財研究調査会について

文化財研究調査会は解散して、市で直営で実施。


(8)外郭団体等の経営状況等の点検・評価結果にかかる対応方針について



体育協会と枚方市の関係がどうなっていくのか?

パートナーというのは変わらない。


競争の原理。


担当課ではなく、
行革部門が音頭をとるべきではないか。


(9)香里ケ丘図書館の建替えについて
市民アンケート、市民説明会の内容の共有
今後 2月25日、27日市民説明会。
3月1日から香里ケ丘図書館休館、香里ケ丘図書館入口及び自動車文庫:代替サービス


指定管理制度導入するのか?
→導入する。
効果的効率的と言われるとそうなのかもしれないが。


駐車場の位置ここでいいのか?

ブリッジやテラスの夜間の取り扱いについて


ぜひ愛される図書館に。

12:39終了(10分休憩挟んで)

 

今日はこの後、

文教委員会のメンバーで給食をいただきました。

費用は230円。

 

メニューは

コッペパン

野菜ミンチカツ

かたぬきチーズ

コーンソテー

トマトスープ

牛乳

 

牛乳は苦手なので、一気飲みしつつ、

トマトスープで味を薄めつつ。

 

 

トマトスープのおかわりもいただきました。

食缶方式のいいところです。

 

 

型抜きチーズはカニの形をしていました。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata[at]kimura-ryota.net

twitter
@kimura_ryota

 

友だち追加

未来に責任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━