南海難波給食場 | ぼくが旅に出る理由

ぼくが旅に出る理由

ぼく"ら"ではなく、ぼくの旅日記(ほぼ一人旅)が中心のブログです。
古いサイト/ブログ/BBSから中途半端に移行したり、うち直したりしています。
平成時代が終わり、令和時代が始まるのを切欠にキレイに整理して行こう!と思ってみたりします。

勤務先が午前中で終わったので以前から行きたかった南海難波駅の職員食堂 給食場へいってきました。

関係者以外立入禁止ですね。

二階中央改札口と南改札口の間の通路に扉があります。で入ると食券自販機とメニューがあります。日替わり定食とカレー、うどん、と社員食堂の定番がありました。職員とその他の価格差は20円でした。ということはあまり従業員への福利厚生がよくないのか?その他の客へのサービスがいいのか?ですね。

で、カツカレーを選択。セルフサービスなので盆を持って並びます。順番は職員優先と書かれてましたが混んでる時間でもないので普通に出てきました。カツカレーは普通に社員食堂のカツカレーでした。

 通路には南海そばがあったので食べて帰ります。三階の南海そば、天王寺の南海そばの味は知ってますが二階のははじめてでした。

 味は南海蕎麦でした。私は違いのわからん男です。ネスレのインスタントコーヒーの瓶にPBのインスタントコーヒー詰め替え用を追加したりする人ですので。


南海高野線泉北高速3000系 難波-新今宮

食堂に入りますと言えば改札を通してくれるそうですが、ド厚かましいことは別のことでしようがなさすぎということで新今宮まで南海電車で行きます。本線は関空やらなんやらでよく乗りますので高野線で行きます。ホームに上がると泉北高速の3000系がいました。南海高野線の6200系のそっくりさんです。製造当時の泉北高速は大阪府の第三セクターの経営だったので南海6200がオールステンレスだったのですが特許の関係で入札にならないらしく骨が鉄、皮がステンレスなセミステンレスらしいです。が、骨組なんか乗ってしまえばわかるはずもなく普通に乗りました。