着物の本

テーマ:
寒中 お見舞い 申し上げます

インフルエンザが流行ってますね。
わたしの身近でも、先週かかった人がいて明日からようやく職場に出るそうです。

早く暖かくならないかと、先ずは立春まで指折り数えています…😄

いま、楽しみな本が2冊あって時間があればながめています🎵

きくちいまさんの「おとなのときめきふだん着物」と群 ようこさんの「還暦着物日記」です。

どちらも着物の写真がいっぱいで見ていて楽しい❗️
そして、組み合わせがとても参考になります。

きくちさんは40代。
着物スタイリストでイラストレーター、また、小学生のおかあさんでもあります。
カジュアル着物が中心に載っています。

群さんは60代前半で作家です。
オシャレ着が中心ですけど(着物)作家さんなどの本物志向です。
1年を通して日記風に書かれています。

こちらの小さい本は、群さんが10年以上も前に出したものです。

着物を365日、毎日着るのを目指して日記風に書いています。
結局、途中で挫折するんですけど、面白いですよ❗️
この本にも写真が結構載っています。


この本が出た頃、私は着物熱が最高潮でした。
その当時はまだ青森にいたので、東京に着物で遊びに行くときはこの本がとても役立ちました。

日記風に書かれているので、東京の気候に合った着物で行くことができましたし、東京に引っ越してからもしばらく参考にしました。

その後、しばら〜く群さんの着物本が出ないので、もう着物は飽きたのかなと思っていたら・・・
先ほどの本がついこの前、新聞に出ていたんです。

喜び勇んで買いに行きました😊

以前は紬中心の群さんでしが、今回は小紋などの柔らかものも着ていらっしゃいます。

そして、白髪が混じっていました。

歳月を感じましたけど、着物姿はどれも素敵でカッコイイ❗️

なんか、嬉しくなっちゃいました🎵