最近、当社の社員が、凝っていることがあります。

 

お着物をお仕立てした後の残布の活用です。

 

元はと言えば、私が始めたのですが、私は、背が低いので、

 

小紋や紬など柄の位置が決まってない着物を仕立てますと、

 

たくさんの生地が余ってしまうのです

 

昔その生地で草履を作ったことがあったのですが、

 

余り履き心地が良くなくて、余り活用出来ませんでした。

 

ここ20年ほど前から、当店でお勧めしている京都の草履は大変履きやすく、

 

尚且つ坪寄せと言って、鼻緒をすげる位置が右足用と左足用に違えてあるため、

 

草履から足の指がはみ出ません。

 

一度その草履を履いてしまうと、坪が中央にある草履は、

 

いまひとつ足のすわりが良くなくて、ピンときません。

 

その草履の鼻緒に残布を使って作ってもらったのです。

 

 

生地の裏に貼る本天の色や坪の色も指定します。

 

もともと、好きな着物でしたから、出来上がった鼻緒もとても気に入りました。

 

小紋の生地では、バッグを作ってもらいました。

 

このバッグも形や大きさが色々あります。

 

当店で販売しているバッグでしたら、どの形にでも作ってくれます。

 

着物用のバッグと言うのは、基本的に小ぶりのものが多いのと、

 

柄が今一つ気に入らないものが多かったのですが、

 

この方法ですと、自分の好みに合ったバッグを作ることが出来ます。

 

 

是非一度、大好きなお着物の残布を生かしてみませんか?

 

お背が高くて残布の出ない方、私にご相談ください。

 

残布を一杯持ってますので、私。

 

                 お着物のご相談は、きもの蔵人みやもとまで