或る日の着物 | 着物コモノ 2019
2019-03-12 22:42:51

或る日の着物

テーマ:雑談

一雨ごとに芽吹いていく季節になりました。

だんだんと装いも春めいてきます照れ

 

ふと見たら、ベランダの山椒も芽吹いてました!

柔らかく口当たりのよさそうな若芽。

暖かくなると、ちゃーんと芽吹くのが不思議です(^^

 

この季節、洋服でも着物でも何を着ようかと悩むところ。

そんな季節の或る日、キモ連コーディネイター新井のお稽古仲間の着物をご紹介します。

 

ブルー系の着物をいつもシックに着こなすHさん。

桜柄の帯と絞りの帯揚げが、ちょっと渋めでよい感じ。

お着物は結城を仕立て直したものだとか。

長さが足りなかったので、おはしょり部分で継いでいるのだそうびっくり

彼女が三代目だという着物生地は、しっとり柔らかでした!

 

そしてこちらもお祖母さま、お母さまを経て引き継いだ着物を練習していたKさん。

帯はモダンな博多で、でも黒が基調なので、こちらもしっとりよい感じ。

年月を経た着物って、今時にない質感があって素敵ですドキドキ

 

写真はありませんが、この日は自分も仕立て直した古い大島(男物だった)でした。

この季節、重すぎず、軽すぎずというと大島や紬になるのでしょうね(^^

 

お二人ともブログ撮影と掲載の了承、ありがとうございます。

個人的に眼福なお稽古日でございました音譜

kimonokomonoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ