着物を着る際の準備物 | kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし

kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし

綺麗なものと沢山の大笑いに囲まれて、楽しく着付レッスン。着物やファッション、恋愛や女性の生き方、話題は多岐に渡り着付教室なのか女の子のお喋りサロンのような場所になっています。このブログもそれをそのまま、着物のこと意外も綴っています。


テーマ:

着物を着る際の準備物に関して、質問を受けることが多いので、

せっかくなのでまとめてみました。

多少私見も入っておりますが、こちらを参考にご準備してみてくださいねクロねこ


1着物と帯

(ここまでは誰でもわかりますねグッド!


2肌襦袢と裾よけ

着物用の下着のことです。スリップタイプのものもあります。


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


3補正用のタオル=フェイスタオル3枚

市販されている補正用の小物もありますが、ご自宅にある不要なタオルで十分です


4腰紐 5本 

(実際に使うのは4本ですが、ご自分で帯を結ぶときに仮紐として1本必要になります。)


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


5コーリンベルト

お好みで使用しない場合もありますが、あると便利なアイテムでもあります。

(ちなみに私は使用しない派です。)


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


6伊達締め2本

現代ではいろんな素材のものがありますが、

博多織の物が締めやすく、しかもしっかり押さえてくれるので一番おすすめです。


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


7衿芯


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


8長襦袢

着物の下に着る下着のことです。

半衿を付けた状態でご用意ください。


9帯板+帯まくら
kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし
kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


10帯締め+帯揚げ


kimonobeaute・着物と和と笑える暮らし


11草履


カバンバック

バックは和装用バックでなくても構いません。逆に和装用バックではないほうが個人的にはお勧めです。

パーティの席ならクラッチバック等、

それ以外の席でもあまり大きなものでない限り、

カジュアル過ぎるものを避けて、お召の着物に似合いさえすれば、革などのバックも素敵です。



その他、髪飾りや扇子など、自分也にコーディネートして準備するのも楽しいですよ。




プライベート着付けレッスン&着付け

きものぼーて

http://www.kimonobeaute.com/ja/



kimonobeauteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス