礼儀作法の始まり

テーマ:
日本の礼儀作法は、階級社会の中で培われて来ました。飛鳥時代に「冠位十二階」が定められた事から、人と人の和を大切にし、円滑により快適に過ごせる社会創りから始まっています。

礼儀は心を、作法は形を表わします。

これから、礼儀作法も少しずつお伝えしますね。