タッカンマリ 作り方 | キムチ王子の美味しい韓国!

キムチ王子の美味しい韓国!

「美味しい=幸せ!」
あなたを幸せにするレシピ!をお届します。

タッカンマリ 作り方

アンニョンハセヨ、キムチ王子です。

読者の方のブログでソウルのタッカンマリー닭한마리の店が

東京に進出したことを知りました。


タッカンマリの意味はタッ(닭)は鶏でカンマリ(ハンマリ한마리)は一羽です。


タッカンマリは元々白熟(ベッスク)と言う料理です。

これはサムケタンとあまり変わらないです。

使う材料が丸一羽の大きい鶏か小さい鶏かによって違います。


そしてサムケタンと一番違うところはお米(餅米)を入れるか入れないかの違いです。


サムケタンはお腹に餅米が入ってますよね。

しかしタッカンマリは入ってないです。


お肉を食べ終わってからお米か麺などを入れます。


サムケタンは一人で食べるものですが、

タッカンマリは皆でワイワイ楽しく食べる料理です。



それではタッカンマリの作り方をみてみましょう目


元々丸一羽で作りますが、これは例として考えて下さい。

      <材料>

・鶏もも     一本(約350g)

・丸にんにく   3粒          ・長ネギ   1/2本

・生姜      一切れ         ・玉ねぎ   1/4個

*以外にもナツメ、栗などを入れてもいいです。



      <作り方>

1鶏肉を下茹でする。

・鶏肉の臭いを消すために下茹でをする。
(綺麗な出し汁を取るためでもあります)



2煮込む。

・大きめの鍋に水2000ccを入れ、鶏肉と他の材料を全部入れる。

(丸一羽の場合十分浸かるまで水を入れてください。)


・蓋をして(弱火~中火)1時間煮込む。

$ママが教えてくれない 「韓国料理の公式」


・途中水の量を確認しながら煮込んでください。

・1時間経ったら出来上がりです。

$ママが教えてくれない 「韓国料理の公式」



ひらめき電球丸一羽で作る時は韓国スーパーにサムケタンの材料が置いてありますので

それを使ったら漢方タッカンマリになります。

$ママが教えてくれない 「韓国料理の公式」




3鶏肉を取り出して塩につけて食べます。

$ママが教えてくれない 「韓国料理の公式」

ひらめき電球塩は胡椒とゴマを少し入れて作ります。


更にタッカンマリに欠かせないのが人参キュウリのスティックですね。

それを味噌につけて食べます。


最後残った汁はお粥にするか麺を入れて食べるのが普通です。

このスープを使ったお粥がグッド!絶品です。

次回はタッカンマリの汁で作るお粥を紹介します。


        名古屋でキムチ王子 KIMCHI PRINCE


ベル丸一羽で作るタッカンマリのレシピはダウンにあります。

タッカンマリ レシピ