愛の在る歌

愛の在る歌

アーティスト・マネジメント・プロジェクト “ai-R” 主催、kimkimの活動記録とその告知。

本日、kimkim遂に36を迎えました。

お祝いの言葉を下さった皆様、本当にありがとうございました!

 

そんな皆様に支えられながら、36年楽しく生きてこれたこと、

そして、この1年もとにかく楽しくエンジョイ出来たこと、

まずは感謝の気持ちでいっぱいです。

 

10月が怒涛過ぎて、日々どうなることかと思ったんですが…

ひとまず今日、こうして例年通りに振り返りのブログを書けてる位の余裕がちょうどイイです。

いわゆる"旗日"に生まれたことをこういう時にありがたく感じますが、

今日に限ってクライアントからの連絡も全くないので、

空気読んで頂いてありがとうございますって純粋に思います(笑)

 

35のお仕事

ありがたいことに、TaWaRaでの制作のお仕事はコンスタントに頂いており、

10月期アニメでは、OP・ED等テーマや、劇伴等も担当させて頂きました。

 

このブログでは割愛させて頂きますが、

最近、TaWaRa仕事で携わった楽曲については、

Spotifyプレイリストにまとめています。

もしよかったら、そちらでぜひ聞いてみて下さい。

 

 

35でした大きな決断

・桜花のキセキ マネージャー退任

 

昨年の誕生日時点では、人生的にココまでのイメージはあった様に思います。

今年の2月に退任の運びとなりまして、

以降は、TaWaRaでの制作業務をメインに日々を送っています。

実際には、制作業務以外の部分で多岐に渡る面もあるのですが、

ともあれ、生活的な制約が少なくなったのは、

人生の日常にだいぶ気楽になったなあという実感はあります(笑)

 

ちなみに、退任後に4人となったメンバーも、遠巻きながら応援はしていて、

YouTubeやTwitterなどは割と欠かさずチェックしてたりします。

 

・お引っ越し。まさかの渋谷区民に

これも、昨年時点で多少イメージはしていたものの…

ココまでのことを想定していたかどうかは定かではありません(笑)

 

ただ人生的に、直近の野望として、

今よりもイイ家に住もう、はスゴく大きくあった様に思いますね。

 

約10年住んだ新百合ヶ丘のマンションを遂に出る決意をしまして、

10月に家探しから怒涛の引っ越しまで何とかこぎつけ、

人生でもかなり大きな決断をもって、渋谷区民になりました。

 

おかげさまで、通勤時間はこれまでの1/3の約15分。

今後の人生をより豊かにする為、

より仕事に専念する為、

それに向けてより快適な日々を送る為、

とても重要な決断だったなと思います。

 

自分の今の稼ぎとしては、少し背伸びしたなと思う条件です。

ただ、そういう"前提"を先に持った方が、

むしろ仕事を頑張る理由にもなりえるので、

自分的には、ある種イイモチベーションにも繋がるかなと思っての決断です。

 

 

暑いの嫌いなので、『日当たり』とか条件に考えたこと一度もないんですが、

オプションみたいについてきた日当たりが、スゴくイイ感じです。

 

スゴくオープンな場所にしたいって思ってるので、

お近くの方、よかったら気軽に遊びに来て下さいね。

 

 

36に想うこと

まず、桜花のマネージャーを辞めて、

事実上TaWaRaの制作に専念するという見え方になった際に、

"プロパー"になるかという話題も確かにあったので、

今後の人生も意識して、個人的にも考える部分は多少あったのですが。

 

それと同時にこの間、職務的なオファーもいくつか頂いていた経緯もあり、

それは、自分が個人事業主という立場でいてるが故の恩恵なのかなと思うことも多分にありました。

 

僭越ながら、自分みたいな立場のモンでも、ある種の需要を感じる部分でもあり、

このまま個人事業主でいる方が、人生より面白くなるだろうなと、

そういうお話が、今後もきっといろいろあるんだろうなと実感出来たが故、

しばらくはこのまま、個人事業主でいる予定であります。

(何となくですが、TaWaRa的にもそれを許されてる節を感じますw)

 

もちろん、向こうしばらくは、TaWaRaが軸足であることに変わりないとは思うのですが、

その軸をつけたまま、いろんなピボットをしていくのが人生的にも一番有意義に感じています。

 

ただ実際、現状の自分一人のリソースだけでは、

今すぐにそのオファーに乗れることも少ない為、

人生的にもう少し幅を広げていかないと、

もっと楽しくはならないだろうなとも感じています。

そこが、30代後半に差し掛かる、この年からの課題とも言うべきポイントですかね。

 

・お仕事としてのパートナー探しを日常的にする

もうずいぶん長らくと抱えている課題の様にも思うのですが、

TaWaRaの業務、またそれに限らずとも、 

自分の業務をしっかりとお願い出来る様な、タッグを組める様な、 

そう言ったノウハウを受け継ぎたいと思う様な、 

そういう人をちゃんと探すことを、今後の為にもした方がイイと痛感しています。

 
まあこういうのはホント一隅のものなので、
作業としてタスクにするのともまた違うとは思うのですが、
日々、人と接する際の意識して持ち合わせてたいと純粋に思います。

 

・アーティストビジネスの知見を高める作業と、新しい素材探し

制作業務として入ったTaWaRaですが、

実際この1年で多少の変化もあり、

マネジメントアーティストのリリースに伴うアレコレも相応に対応することが増えてきました。

 

自分でレーベルをやってたのがもう5年前とかの話なので、

そこから考えても、デジタル全盛に振られた昨今の音楽流通・PR周り、

かなり環境が変わって来たなと実感させられます。

 

社内での新しいアーティストのリリースプロジェクトも多く、

それに伴ったプランニングやPR等々も、

日々力不足を感じながら、勉強させてもらってる様な状況です。

 

年は取れども、誰よりも時代に順応しなきゃいけない立場を実感する故、

ともかく、自分が学ぶ意思を止めることは許されないなと思わされますね。

 

 

そして、それと同時に、新しいプロジェクトを始めるにおいては、

結局、日夜新しい素材との出会いが全てだと感じます。

 

歌い手はもちろん、奏者、作家や、伴った技術者等々…

結局、そこへのアンテナがモノを言います。

 

 

前項の件と通じてる部分は全く一緒なんですが、

結論「どれだけ新しい人材と出会えるか」

これが、この先の人生における全てです。

 

実は今年の前半~半ば位も、

「それがなくなったら人生本当につまらないと感じるんだ」と、

自分で思い知らされる様な瞬間が多々ありました。


なので30代後半は、より全力で、それを行動としてやっていきたいです。

 

ココ最近やっと、そういう場面に触れに行ってイイ環境に少しずつ戻って来たので、

(個人的には、そのマインドを緩めたことは、この2年の間もほとんどないですけどねw)

それが何よりよかったなって、今純粋に思います。

 

 

それともう一つ。

 

最近、Twitterのプロフィールを少し変えました。

 

何となく、自分が30代後半に向けて想うキャッチフレーズとして、

「音楽業界の駆け込み寺」がフッと思い浮かびました(笑)

 

自分が向かうばかりでは限界があると言うのも一つなのですが…

何より、アーティストだろうが、業界関係者だろうが、

制作だろうがリリースだろうがPRだろうが、

とにかくまず、『kimkimに頼れば何とかしてくれる』

そう思ってもらえる様な存在になることが、

ココまでに書いてきた課題を解決に導く、

いろんな意味での近道になるかなって思ってます。

 

まだまだ、そう思ってもらえるまでの実績・結果には乏しいと痛感することばかりの毎日ですが、

それでも、数年前の自分から考えると遥かに、よりイイお仕事は出来る様になったと自負はしてます。

 

日々、門を開けて、心を広くお待ちしていますので、

活動に困ったアーティストも、

スタッフが足りない関係者の皆様も、

いつでもご相談、ご連絡頂ければと思います。

 

 


36歳。いよいよ30代後半に差し掛かって参りましたが、

日々若く行動!毎日新しい人と出会いたい!のマインドは全く変わりません。

皆様の相談やお悩みがあって、初めて価値のあるkimkimです。

今後とも何卒、宜しくお願い致します。

 

 

PS

35の一年で唯一ショックだったことと言えば、

この一年で実は結構体重を増やしてしまったことと、
それに伴って、マラソンのタイムがだいぶ落ちてしまったことです。
在宅勤務期間動かなさ過ぎなんだよ…
 
36のリアルな目標は、
体重と、マラソンのタイムを戻すことです。
 
日々出会いに動けばカロリーは消費するんや!!

もしかしたら、お気付きの方もいたかもしれませんが、
2月末日をもちまして、
馬事文化応援アイドル『桜花のキセキ』マネージャーを退任致しました。
デビュー前の2018年4月から従事し、約3年弱という間ではございましたが、
皆様には大変お世話になりました。

今後は、運営会社FRAME LUNCHの方で引き続きマネジメントしていくこととなります。
皆様引き続き、どうか桜花のキセキのみんなを応援して頂けると嬉しいです。

キャリア初のマネージャー業
 

僕の業界でのキャリアにおいて、
マネジメント、しかも女性アイドルと言うのはいずれも初めてのこととなりました。
ましてや、全く知見のない競馬・馬事業界で、
分からないことばかりの当初でしたが、
それでも、これだけ長い期間携わることが出来たのは、
関係者の皆様、ファンの皆様、そしてメンバーの、
その暖かさあってこそだと思っています。
皆様、拙いマネージャーではありましたが、今まで本当にありがとうございました。


思い返すと、音楽業界を目指し専門学校に入った頃から、
実はマネージャーだけにはならないと思っていた位、

俗に言う食わず嫌いしていたマネージャー職です。
今回は深くは言いませんが、それは自分の性格、長短所的な面を分かっててのことです。
たぶん向いてないんよなーと。

なのでこの年になって、委託とは言えマネージャー職に就いたことは、
自分でもビックリしていますし、
それと同時に、やっぱりこういう所向いてないんだなと(笑)
改めて痛感する場面も少なくなかったです。

今後、自身のキャリアでまたマネジメント職に就くことがあるかは分かりませんが、
しかしキャリアにおいては、とてもイイ経験をさせて頂き、本当に感謝しています。

 


着任当初のブログでも書いていたのですが、
アイドルのマネージャーしてる感覚と言うのは、実際チェキ撮ってる時位なモノで、
業務で言うと本当に、タレントのマネージャーしている感覚に近しいモノがありましたね。


活動開始一年目なんて言うのは本当にお仕事も少なくて、
話題にも乏しい中でやろうとなった、24時間配信が一番過酷だった思い出です(笑)

おかげさまで、山梨、茨城から、青森、岡山まで…
たくさん遠征行かせてもらえたのは、どこもイイ思い出ですね!


コロナの影響もあって、直近もメチャメチャ仕事ある!

と言い切れる状況までには至りませんでしたが、
むしろ逆に、この状況下でもコンスタントに出演依頼を頂ける様になったのが、
ここまで頑張って活動してきた、メンバーの努力の賜物なんじゃないかと思います。
今後もきっと、競馬はじめ馬事界では、この独自性をもって、
これからもきっと、より活躍の場を広げてくれると思っています!

 

 

次なるステップに向けた選択

さて、今回この様な結論に至った経緯ですが、
2019末頃より、株式会社TaWaRaでの制作ディレクター業務に携わる様になり、
いよいよその両立が難しくなって来たことが、一番最初の理由です。
昨年こそ、コロナの影響で双方の業務量が減ったことから1年続けられたものの、
長い目で見た時にいよいよ難しくなるなと、ずいぶん前から感じていました。


アイドルのマネージャーとは、業務として掛けられる時間が無限に必要だと思います。
特に、現場がない時こそ、本来であればやらなければならないこと、とにかく無数にあるんです。

この件では当然、会社から最低限の月給を頂いて業務に就いているわけですが、
その想定されうる時間数以上のプラスオンを考え実行に移すことが、
アイドルのマネージャーとして本来あるべき姿なのだと思います。
しかし、僕はもう対価として考えた時の最低限の働きしかすることが出来ないなと、
そう言う状況になった時に、
それはもうメンバー、またファンの皆さんが望むべき像ではないと感じました。


僕自身の今後の人生としても。
TaWaRaで、今後よりよい音楽を世に届ける為の制作業務に、従事したいと思ったこと。
また、それを今以上に遂行する為に、音楽は元より、
様々な作品に向き合う時間をなお費やさないといけないと考えた時に、
上述の様に、本来やった方がイイコトが無数にあるアイドルのマネージャーとの、
両立は非常に難しいと痛感しました。

活動4年目に向かい、これから先グループがより前に進んでいく為に、
この状況の僕が続けるよりは、事務所一任体制として再度進める方が、
心機一転、新しい変化が生まれ、さらなる躍進に繋がるのではと。
考えたのが、退任を決めた一番大きな理由です。


昨年一年間、悩みながら進んできた結論ではあるのですが、
お互いがよりよい2021年を過ごす為に、
このタイミングでの退任となりました。

また、これは余談ではあるのですが、
実はそれが決まった後でもう一つ、これはなお両立が難しいと感じた理由が他にも生まれたのですが、
これはまたの機会に書きたいと思います。

 

 

折しも、勤務最後の現場となったWallopで(笑)
メンバーからお花を頂きました。
家に適当な花瓶がなかったのですが、
このコップの方がメンバーも喜んでくれそうな気がします。

メンバー、FRAME LUNCHの皆様、関係者の皆様、
そして、ファンの皆様と、暖かくやり取りさせて頂いて、
この3年間、とても楽しく過ごさせて頂きました。

これからも遠巻きながら、桜花のキセキの活動を心より応援しています。
また、都合がつく時は、現場も普通に遊びに行きたいと思いますので、
お気軽にお声掛け下さい(笑)

皆様本当に、ありがとうございました!



PS
まず冒頭で、「もしかしたら、お気付きの方もいたかもしれませんが」
と、自惚れましたことをお詫び申し上げます。
僕みたいなモンがしれっと辞めた所で誰が気づくのかとも思ったのですが…

3月になってからの公式Twitterのテンションが、
僕がやってた時のそれと明らかに違いすぎて笑いましたw

 

 


中の人は変わりますが、これからも公式Twitterをご愛顧の程、
何卒宜しくお願い致します…

皆様、あけましておめでとうございます!

本年も、何卒宜しくお願い致します。

 

 

年越しは家で…

今年はAbemaで、『ももクロ紅白』を見て迎えました。

携わった作品を、堂々と歌って頂いて感無量なままに、

新年を迎えることが出来て何よりです。

 

そして年越し後…毎年恒例の初日の出登頂に…

 

今年は、某影響で終夜運転も中止になってしまった為に、

意地のカーシェアで自ら運転し、山まで向かいましたわ。

不安もありながら、何のトラブルもなく無事に現地まで迎え、

おかげさまで最高の日の出を迎えることが出来ました。

 

 

注)写真があまりに良すぎて、送る人みんなに拾い画像としか思われてない印象を受けるのだけど、

ちゃんと自分で撮った、今年の初日の出の写真ですから!!

 

今年も、この画を見れることからスタート出来て本当に感謝です。

 

 

おみくじ。中吉。

『大きな額が動く。間違いに注意せよ』が気になる。

 

今年の年末、これを見て何を想ってますかね。

 

◆インプットとリソース

今年の抱負は、しっかりとインプットに時間を費やすこと、です。

 

昨年一年、制作ディレクターとしても従事した一方で思った課題で、

このままだと、自分のボキャブラリーがそのウチ枯渇するなーと痛感しました。

 

音楽はもちろん、

映画、アニメ、マンガ、ドラマやゲームなどなど…

エンタメにおける全てにもっと目を向ける必要があって、

それをしっかりと見ることも、大事な仕事の一つになります。

 

若い頃は、それが無意識でも入ってきた気がするんですが、

なかなか無意識には入って来なくなったのが、

自分が一番年取ったと感じる部分かもしれないです。

 

今後の自分の音楽人生、将来的なことも考えて、

その時間を意識的に増やしていく必要があるということなんだと思います。

 

 

 

そして…それを費やすのも自分の持ち時間。

今年も毎日、自分の中の優先順位の戦争になることでしょう。

 

将来的に見ても、特に今年はとても大事な一年。

お仕事だけじゃなくて、それ以外の面でも。

だからこそ、自分のリソース管理は、これまで以上によりシビアに。

日々、時間を大切に生きていきたいと思います。

 

 

 

 

 

とまぁ、難しいことを言いましたが、結論。

今年も、今この瞬間を、楽しく生きれる様過ごしていきますので、

皆様引き続き、お仕事でもプライベートでも仲良くしてもらえると嬉しいです!

 

結局、イイクリエイティブを生む為に、間に挟まってイイ仕事をする、

そこで生きるしかないと悟った様な昨年です。

毎日が楽しくなければ、イイ仕事は出来ないと思っているので、

今年も日々、楽しむことを大前提に生きていきます。

 

 

2021年も引き続き、皆様には何かとお世話になるかと思いますが、

何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

PS

新年早々、公開モノがありましたので、こちらでも一応お知らせしておきます。

 

「名探偵キミに告ぐ」/えなこ

 

 

えなこさんリード曲、『名探偵キミに告ぐ』遂にMVフル公開!

作詞・作曲はオーイシマサヨシさんです。

 

何度でも聞きたくなる様な、“やみつき感”ある楽曲に仕上がったかと思います。

えなこさんのコスプレファンだけでなく、音楽ファン皆さんに聞いてもらいたい一曲です!

まだ聞いてない方、改めてぜひ聞いてもらえると嬉しいです!

 

 

【ドッキリ】第1回!ユニット解消の危機!?大石昌良に心霊ドッキリ!

 

 

TaWaRaのあの社長が始めたYouTubeチャンネルです。

えなこさんの曲を一生懸命作ってくれたオーイシさんに、まさかのドッキリです。

僕も頑張ってテグスを引っ張ってますので、

よかったらこれ見て、新年初笑いしてもらえたら幸いです。

 

 

 

 

とうとう、この『愛の在る歌』も12年目だそうです。

移行も考えないことはないのですが、ひとまずはこのままAmebaさんにお世話になる予定なので、

また何かある際には、ツラツラと綴っていきますので。

引き続きこちらも、ご愛顧頂けると嬉しいです。