爆弾 死別シンママのせせらぎです 爆弾
しょぼん 死別5年目しょぼん
シラー 長男7歳(ADHD&ASD)シラー
ラブラブ! 次男5歳(HSC傾向) ラブラブ!
  本 書籍発売中 本 

『旦那が突然死にました。』

 

 

発達障害児を育てる身として

思うこと

 

 

 

 

 

 

 

常々思うのですよ

発達障害児を育てたことがある人と

ない人では

まーーーーーったく

育児や子供に対する向き合い方が違う

 

根本的には一緒ですよ?

幸せになって欲しい

健やかに育って欲しい

 

 

でも

円滑なコミュニケーションが取れる健常児に対して

 

いつまで経っても

え?宇宙人なのかな?と

思うくらい意思の疎通が困難(出来なくはない)な

発達障害児

 

 

 

通常発達児がベースにある人は

理想があって

『うまくいく方法』があると考えている

 

発達障害児を育てている人は

何度それを打ち砕かれたことか

もう『うまくいく方法』なんて遥か彼方の幻です

 

 

 

 

 

学校へ引きづり行かされている

そんな母と子を見た時

 

 

発達障害というものをわかっていない人は

ヒソヒソする

「かわいそうね。お母さんがさあ…しょんぼり

 

多少理解ある風の人は

「大変そうね。でももっとやり方が…ねー

 

発達障害児育児に日々揉まれている人は

「わかるわかる。お疲れ様ぐすん

それまでにも色々あったんだろうなぁ…笑い泣き

 

 

 

 

どんなに心寄せてくれようとしても

この大変さは育てないとわからないと思う

 

保育者でも

教育者でも

療育関係でも

病院の先生でも

 

あぁ、知識だけなんだろうなという人と

本当に大変さを理解してくれていて

芯食って話ができる人とが、すぐに分かる

 

芯食っている人は

本当に真摯に向き合っていて

かつ、その大変さを実体験として持っている人です

 

本気でわかってくれる人は

「お母さん、こうした方がいい」

なんて言いません

 

「お母さんがストレスないのが一番!」

これが、わかってくれる人達の共通認識

 

 

 

 

どんなにわかってくれようとしても

結局は「…でも、もっとこうしたら」と思うのよ

同居してる家族ですらそう

 

毎日必死に

真摯に向き合っている人じゃないと

この大変さはわからない

 

大変だと思うけど…と思う人が

こちらの大陸に足を踏み入れたら

「こりゃマジ思ってたより相当大変だ!」って

なると思います

 

 

 

そういうことで

発達障害児を育てている人同士で

やりとりが出来たらと思い開いたオープンチャット 

 

少し危惧していたのですよ
 
私は死別のオープンチャットも開いていて
そこは愛した人を亡くし
深い悲しみを知っている人たちが集まるので
基本的に絶対的に
優しいんです
 
傷つけられてきたから
人の苦しみを知っているから
 
 
 
でも、発達障害は
それぞれに子育て理論があったり
うちの方が重い
そっちは大したことがない
 
みたいにギスギスすることがあるかなぁと
ちょっとドキドキしていたんです
 
けど
蓋を開けてみたら
みんなめっちゃ優しい。笑
 
 
 
 
そして思ったんですよね
 
これ、死別に似てるなと
 
そりゃもちろん子は生きています
それは絶対的に違う
 
 
でも
思い描いていた子育てとか将来とか
そういうものを諦め
 
自分のさじ加減ではもう
どうにもこうにも出来ない生命体と
日々嫌でも向き合って過ごしている
 
どんなに投げ出したくても
投げ出すことなんて出来ずに
なんとかならないか
なんとか良い方向にと
必死に生きている
 
『どうにもならない苦しさ』を知ってる
 
だから優しい
相手の子の性質がどうであれ
我が子と比べどうであれ
障害の度合いがどうであれ
 
「もう…本当辛いよね!大変だよね!!!」
 
で優しさを分け合える
その優しさが
通常発達児の親とは分け合えない
(全員じゃないよ!)
 
どんなにわかったふりをしてくれても
「なんとかするやり方があるでしょ」という考えが
根底にあるから
それが滲み出るから
 
 
このオープンチャットがギスギスしないのは
そして
巷の育児記事が炎上しやすいのは
 
「こうすべきだ」
「こうした方がいい」
 
という
本当に血反吐吐くほど苦しんだことのない
何もかもお手上げ、白目剥きそうっていう経験のない
幸せで理解の足りない人が
正論を振りかざすからなんだろうな
 
正論とか…何?美味しいの?
 
ていう人たちしか集まってないから
優しさを分け合って、温め合えるんだろうな
 
正論って正しいだけの
冷たい凶器だとつくづく思います
 
 
それは世間からしたら少数派かもしれないけど
泥にまみれて必死になった経験を持つもの同士
口にせずとも分かり合えることが多いんだ
 
療育塾に向かうエレベーターの中
乗り合わせた親御さんたちに
めっちゃ仲間意識持つもん。笑
 
 
 
分からない人はもう分からない
どうしたって仕方がない
 
大事なのは
どれだけ分かってくれる人を見つけるか
なのかなって本当に思います
 
それは
子供の実生活の周りにもだし
親の心の拠り所の話としてもそうだし
 
みんなが少しでも
楽になれる時間と場所が見つかりますようにおーっ!
 
 
 
↓苦しいと思っている人は吐き出しませんか?
吐き出すだけでも大分楽になります
私もめっちゃ利用してるし
なんなら私が自分が楽になるために開いたんじゃ?と
錯覚するほど癒されてます
 
年齢、性質、本当様々な子がいて
昔のこととか、これからのこととか
実際に話を聞けるってなかなかないから
大分助かってます笑い泣き
 
さぁ、また兄弟げんかを始めたので
今日は怒鳴らずに穏やかな夜で過ごせますようにお願い
 
 

ーーーーーーーーーーーーー

音譜本日のPick up音譜

 

Le ment ヘッドマッサージ

(マッサージ器)

 

ストレスで頭ガッチガチで

やばかった時

これを導入して

大分楽になりました。

ストレスも。

頭がフワフワすると

割と寛容な心で受け止められる。

ストレスやばそうになった時は

さっと頭に当ててますグッド!

必需品恋の矢

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※

オバケ↓死んでからの日常や心情を赤裸々にずっと綴っています。

『きみといっしょに。』

アメブロのコメント欄は閉じてますが

↑本ブログではコメント欄あけてますので宜しかったらどうぞです。

 

オバケ↓まーくんは突然死んでしまいました。

『死んだ時の初めから読む』

 

オバケ↓死んだ時の出来事や心情

  子供達との絆と数多く起こる奇跡。

  そんな書籍発売中!

↓どどーんと一章分のサンプルはこちらから

※※※※※※※※※※※※※※※※※