電子書籍は、再販制度の適用外で、限界費用も限りなく0円なので、いろいろな販売方法が可能で、安売りをしても、損失を出すことなく、キャンペーンが可能になる。

おそらく、いろいろなシミュレーションして、価格設定をしていると思われるが。