あけまして、おめでとうございます。 | 黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

新年、あけまして、おめでとうございます。

 

2021年は、丑年です。

世界で一番有名な牛と言えば、長野県にある善光寺に由来する「牛に引かれて善光寺参り」に登場する牛ですね。

 

知らない?

 

おかしいですね、世界一有名な牛なんですけど。

私なんて、子供の頃から、聞いていました。子供が知っているというのは、誰でも知っているということですよね。

 

え! 黒澤の生まれた小諸市のローカル昔話ではないかって?

 

え! ローカル昔話? 全国的でも、全世界的でもない?  

 

おかしいですね。

 

黒澤も65歳になって、去年から年金をもらう年齢になったんですね。

 

そろそろ、人生の終盤になってきたということは、あの世に帰る準備をする必要があるんですね。

 

そのためには、善行を積まないと。

 

え! 話がずれてるって?

 

この小諸のいた牛さんというのは、とんでもない牛さんだったのです。

 

実は、仏様の使いだったんです。知らなかったでしょう。

 

昔、昔、小諸というところに、一人のおばあさんがいました。

 

多分、ファミリーヒストリー的には、僕の先祖ではないと思います。NHKさん、ちゃんと調べてくださいね。

 

そのおばあさんは、ケチで、強欲で、無信心だったそうです。

 

そこで、どうやって、信仰を持つ、いいおばあさんになれるのか、善光寺にいる仏様が考えたらしいんですね。

 

そこで、牛を使いにやって、おばあさんが、洗濯している側で、洗濯ものの白い布を角に、引っ掛けて、走り出した。

 

おばあさんは、私の大事な布を盗むんじゃない。返せ、返せと、牛を追いかけていたら、

 

なんと、小諸から長野善光寺まで、追いかけていったという話なんです。

 

なんというパワフルなおばあさんですこと。きっと、長生きしたに違いありません。

 

多分、僕の先祖ではないと思います。(大事なことなので、2度書きました。テレビショピングのまね。)

 

そこで、今まで、お寺とか、仏様なんて、一度も考えたこともなかったけど、牛に引かれて善光寺にまで、きてみると、そんな世界があったと知ったという話です。

 

ね、素晴らしい。感動的な話でしょう。

 

僕も、65歳だから、少し、お寺参りでもして、仏の御教えを感じないと、あの世で、迷子になってしまうかもしれないから頑張ろうかな。でも、ここ何年もポケモン様に引かれて神社、お寺に、頻繁に行くようになったな。近所の深川不動さんと富岡八幡は、ポケモンがいっぱいいるんだな。

近所の町内に小さな神社、稲荷神社に、妙に詳しくなってしまった。

 

さて、善光寺というのは、とても不思議なお寺なんですね。

善光寺の「善光」は個人の名前で、「よしみつ」さんのお寺という意味なんです。

奈良時代といえば、仏教が日本に伝来した頃ですよね。

信濃の国の善光(よしみつ)さんが、都(当時の奈良ですね。)に出かけていったとき、川の中から、「よしみつ」「よしみつ」と自分の名前を呼ぶものがあるので、みると、川の中から、小さな仏様が飛び出してきたいうんです。そしてのこの仏様は、自分を背負って、信濃の山の中に連れていけと言ったというのが、善光寺の始まりというのです。なんとも不思議な話ですよね。

 

詳しくは、善光寺縁起でも、読んでください。

 

それから、火災、地震などいろいろな災難にあいながら、今日まで、存在しているお寺なんですね。

その時の仏様が、今尚、残っていると言われていますが、秘仏で、現在、見ることができるのは、前立て本尊という仏様だそうです。

 

さて、牛が小諸のおばあさんを善光寺まで連れていき、強欲なおばあさんは、とても信心深い、おばあさんになったそうなのですが、小諸には、布引観音というとても、不思議なお寺があります。

この布引というのは、おばあさんの白い布を、牛が、引っ掛けて、持っていたということに由来する名前ですね。

千曲川の崖の上に、どうやって建てたのか、想像もつかない方法で、作られています。

 

京都の清水寺も、崖のようなところに、長い柱を組み上げて、作っていますので、そんな感じと思えばいいのですが、布引観音は、本当に垂直の崖の上に立っているので、支えている柱が、崖に止めてあるというのか、どう考えても、建築工法がよくわからない構造なんですね。なんとも、不思議で、崖の上から釣り上げたのか、崖の下から組み上げたのか、いろいろ想像してみますが、よくわかりませんね。

京都の清水寺は、下からきちんと組み上げてありますので、工法は、ちゃんとわかるんですが、布引観音は、柱を支える土台がどうなっているのか、よくわからない感じです。

 

まあ、一度行ってみるのもいいかと思いますが、千曲川の河岸から、垂直な崖道を上るのは、年をとってから行くには、大変ですから、行くなら、若い時にしましょうね。参道も山道というべき道で、革靴やハイヒールで登れるかというと、とんでもないワイルドな道で、まあ、登山するつもりがないと登れないという山道ですね。

崖の上までなので、頑張れば、20分程度で登れますが、崖の道を縫うように登ります。(気軽に登るのはやめましょう。体力勝負です。)

 

詳しいことは、布引観音の縁起でも、お読みください。

世界一有名な牛が登場するはずです。もしかすると、世界一有名ではなく、世界一偉い牛なのかもしれません。

 

さて、2021年 激動な時代になりそうです。

そんな時は、経済、利害に振り回されずに、神、仏、自然、宇宙の不思議さに、目をやり、目には、見えない世界に、心向けてみるのもいいかもしれません。

 

そう、あなたの近所にいる牛(これは、観音様の化身なので、観音様は、あらゆる人、物、事象に化身することができますので、牛とは、限らないかもしれません。)が、あなたを神、仏、自然、宇宙の世界に誘ってくれるかもしれません。

そんな出会いがありますように。

 

                             2021年元旦

                             黒澤 公人

 

ブログは文字数に制限がないので、自由に書けていいですね。