読書とは、未知との出会いであり、孤独な作業である。

読書とは、クイズのような未知との遭遇であるので、ネタバレは、してはいけない。

図書館の自由宣言に基づいて、誰がなにを読んだかを、図書館および図書館員は、誰かに教えてはいけない。

(故に、その本を読みたがっている人がいても、仲介をしてはならない。)

読書とは、孤独な作業であり、基本的に共有するものではない。

強制することもできない。

同じ本を読んだからといって、感じ方は、まちまちで、ある人に人生を変える出来事になる場合もあるが、ある人には、まったく意味のないばかばかしいものである場合もある。

読書とは、そのようなものだ。