電子書籍が売れれば、紙の本も売れるはずと、なんども書いてきたが、その実例をみつけました。

しかも、桁違いに紙の本がうれるのです。

電子書籍で、話題をつくれば、紙の本も桁違いに売れるのです。

 



 

 

http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/28/comic-days_a_23372877/

 

アート&カルチャー

2018年03月01日 07時30分 JST

講談社のマンガ6誌読み放題アプリは、出版界の危機感から生まれた 「船が沈もうとしているのに…」

 

 

具体的に例を挙げると、僕が担当した「アポカリプスの砦」や「食糧人類」(原作・蔵石ユウ、作画・イナベカズ)は書店から推してもらえないタイプの作品でしたが、マンガアプリや電子書店を起点にネット上で話題になり、桁違いのペースで紙の本も売れました。