黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

自動化書庫の本がフリーロケーションで管理されるということは、請求記号を必要とせず、分類も必要としない。

このことは、分類体系のまったく異なる複数の図書館の本を、ランダムにいれても、なんら問題がないことを意味している。OPACから図書を指定して、出庫するので、図書の取出しは、1冊毎独立している。

だから、なんらの排列やロケーションをもつ必要はなく、前後の脈絡もなく、ランダムに存在していて、問題がない。

 

自動化書庫の図書は、OPACという検索ツールをつかって、一時的なマイクロ図書館を生み出すことができる。

たとえば、ある作家の図書、あるテーマの本、ある言語の本を、OPAC上で検索すれば、それを出庫指示すれば、それで、おしまいである。

 

もし、リアルの図書館だったら、分館、別キャンパス、研究室、分類がちがう別の書架など、たくさんの時間と労力をかけて、数冊、10冊の図書を、あつめに行かなければならないが、自動化書庫に入っている本は、OPAC上の操作だけで、本を出庫指示することができる。

 

もしかすると、図書館は一度に出庫できる図書の数を制限するということもあるかもしれないが、単純にj考えれば、制限はない可能性も多い。

 

さて、この一時的なマイクロ図書館ができてしまうことは、別にその図書に、分類番号があっても、なくても、構わない。一回のみ組み合わせによる一時的なマイクロ図書館の出現なのだ。

 

さて、物理的図書には、かつての分類番号がついているかもしれないが、それとは関係ない分類でも

検索できる。洋書なら、目録データにアメリカ議会図書館の分類が残っていれば、それを検索することもできる。たから、現物の図書に、どのような請求記号シールが、貼ってあろうと、まったく気にすることなく、目録データに、必要な分類番号を入れてしまえば、また、検索可能な識別コードを入れてしまえば、そのコードを手掛かりに、いつでも、一時的なマイクロ図書館を出現させることができる。

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。