黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

図書館は、図書や雑誌を所蔵することで、サービスを成り立たせてきた。

 

しかし、電子ジャーナルや電子ブックは、図書館が所蔵しているとは言い難い。この10年あまりで、洋雑誌の紙の受入が停止してしまった。しかし、使える雑誌量は、爆発的に増加した。

 

雑誌を購読するスタイルから、記事を1本1本購入する形式になると、図書館は、購読という概念さえ、変わってしまう。

 

現在は、なにもありませんが、必要といってくれれば、直ぐ取寄せます。なにも、何十万円もする雑誌がすぐ読めるからといって、購読する必要なんてありません。必要な記事は、新着記事であろうと、創刊号の記事でもどれでも、とりよせ可能です。

 

まあ、ICUの場合は、あらゆる分野が教育対象になってしまう。その関係で、それぞれの専門もどんどん別れてしまうので、学生全体の興味は、広く薄くなっている。その意味で、高価な洋雑誌を購読するより、必要な記事を買うスタイルの方が、経済的になる可能性が大きい。

 

学生も非常に多く、需要がそれなりになる場合は、記事をひとつひとつ購入する方法は、経済的にデメリットがある可能性もある。

 

現在の大学図書館で、利用できる雑誌の数を計算することことが不可能になっている。

無料公開されている雑誌もあるし、パッケージに、詰め込まれて、途中の年代の雑誌しか見えないものもあるし、重複して利用できる雑誌もあるし、とんでもないことになっている。

だから、どの図書館でも、数万タイトルとか、ごまかすしかない。

 

もうすぐ、図書館で利用できる図書の数が計算できなくなる。図書館が所蔵するしないに関係なく、パッケージでE-Bookを利用できるようになると、利用できる図書が、数万、10数万といった規模で爆発的に拡大してしまうので、図書館で、利用できる図書の数は、まったくわからなくなる。

その上、貸出という概念もなくなるので、誰かに貸出中ということもなくなるので、予約という概念も消滅する。複本という概念もなくなる。

 

すると、図書館が、図書や雑誌という制約で、なんとかサービスしてきた、とても制限の多かったサービスという概念も変化する。しかも、劇的に。

 

そのようになったとき、図書館は、ようやく、サービスということを、胸を張っていえるようになる。

(いままでは、1冊の本を、数千人、数万人でシェアするというとんでもないサービスをしていたのだ。)

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。