自動化書庫は、開架書架を美しくする | 黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

書架に分類という基準で、配架すると、新旧、大きさ、難易等は一切無視されて分類(請求記号)の順番に並べなけれならない。その順番が狂うと、本を探し出すことができなくなる。

並び方は、分類(請求記号)順なので、本を美しくならべることはできない。

でも、書架に並べにくい本も山ほどある。

できるだけ、きれいな本を書架に残して、あとは、自動化書架に入れてしまうのが、よい。

 

あとは、OPACで、検索すれば、いいのだから。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス