黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

東京大学図書館の自動化書庫が完成したというのを聞いた。建物空間の湿気を抜く必要があるので、

自動化書庫への入庫作業は、しばらく先になるそうだ。

 

さて、300万冊の図書をどのように管理するのか、いろいろ気になるところである。

自動化書庫には、書架では、絶対できない特技がある。

 

図書館の図書には、請求記号というものがついている。

昔の図書館の書架には、利用者が入ることはできなかったので、図書についている請求記号を調べて、図書館の人に、図書を探して取りだしてもらう必要があった。(図書を請求するための記号)

その請求記号は、図書の排列順を決めるものである。

図書館の本には、棚の位置を確定する絶対番地のような請求記号が必ず、必要なのだ。

それは、分類でなくても、アルファベット順でも、番号順でもなんでもいいのだが、なんらかの番号を必要なのだ。

 

ところが、自動化書庫には、たくさんのコンテナがあって、そのコンテナに本をいれるので、そのコンテナが、その本の所在場所になるので、請求記号は必要ではない。自動化書庫の中の本は、基本的にはランダムなので、分類や文庫などもランダムになっている。入庫する時は、きちんといれることができるが、それが、年間10万回、20万回と出庫されると、それは、利用されて、別のコンテナにもどるので、いつしか、自動化書庫の中はどんどんランダムになる。

 

たとえば、ICU OPACで

 

地方公益経済圏の創定   という図書をさがすと、請求記号のついた図書と、請求記号のない図書(******で表現されている)が2冊でてくる。共に、自動化書庫に入っているのだが、

別々のコンテナに入っている。 ****** は、分類されずに、自動化書庫に入庫された本である。

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。