書架に図書をおいておく | 黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

書架に、図書を置くためには、順番を決めておく必要がある。

通常は、分類順だ。(言語別、購入順別などもある。)

利用したら、元の位置に戻す必要がある。

 

閉架書庫の場合は、利用を制限することもできると、図書の取り出しや戻しを、きちんとした管理下で実施することも可能だ。

 

問題は、開架書架の場合だ。利用者が自由にアクセスできるので、利用が多いと、書架はどんどん乱れていく。本も傷む。貸出中にもなる。

本をきちんと管理したいが、自由にアクセスできるので、どんどん本は利用されていっていまう。

 

すると、行方不明本もでてくる。一度、行方不明になると、簡単にはわからない。

なにせ、本だらけなのだから、行方の不明の本が、どこにあるのかわからない。分類番号順にならんでいるはずなので、その番号のところを探せば、見つかるわけである。通常は、それで、見つかるのだ。

 

見つからないのは、誰かが、図書館の中で利用している可能性がある。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス