黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

ICU図書館には、1日1000人から1500人程度の入館がある。(年間入館者数20数万人)

(土日なども加えて平均すると、もう少し、低い数字になってしますが、授業の有る普通の日は、1000人以上やってくる。)

学生数は、3000人程度なので、3人に一人がやってくるという考え方もあるが、実は、同じ人が何度も図書館に出入りしている。)

まあ、とにかく、図書館は混んでいる。

オスマー図書館ができるまでは、書架だらけの図書館は、学生のいる場がないほど、混みあっていた。

オスマー図書館ができてから、スペース的に余裕が出来きてきたが、その分、利用者も増えて混んでいる。

オスマー図書館の地階のスペースは、グループワークが可能な空間になったので、実に毎日、笑い声が絶えない。

18:00過ぎは、三鷹市のシルバースタッフが管理してくれるのだが、学生の明るい声を聴きながら、仕事ができるので、最高かもしれない。

世の中に、こんなに楽しい仕事は他にないように思われる。(退職したら、やりたい仕事の一つだ。)

 

1年間の貸出総数も20数万冊ある。館内利用も合わせると30万冊近くの本が、1年中動いていることになる。

利用者は、きれいに並べた書架から、手当り次第抜き出して、どんどん本を借りていくわけだ。継続利用もあるので、実際の借出し手続きをする冊数は、もう少しすくなくなる。多くは自動貸出機が行う。

利用がどんどん行われると、書架がどんどん乱れていく。(きれいに並べたのに、触るなと、いいたいところだが、触っていいのが、図書館員の辛いところだ。)

書架の本の排列は、図書館サービスの根幹なので、利用者が、書架に図書を戻してはいけないことになっている。

学生が、どんどん図書を書架から抜き出すのは、仕事が増えてしまうことになる。

しかし、それは、学生が勉強をたくさんしていることなのだから、仕方がない。(喜ぶべきことだ。)

 

図書の貸出は、自動貸出機をたくさん設置するば、するほど、増加する。

図書の貸出が増加すれば、書架に戻す作業も増加する。可能な限り、迅速にしなかればならない。

夏休み明けや学期の終了、試験の終了時期は、大量の本が返却される。

 

返却処理もスピーディに行われなければならない。

配架場所に合わせて、整理する必要がある。(ICU図書館の場合は、自動化書庫に行く本と、一般書架に行く本を、返却処理時点で見極めて、区分けしなければならない。)

予約のついている本、リザーブブック(指定図書)なども、瞬時に見極めていかなければならない。

そのために、連続返却する画面は、図書館システムに必須の機能だ。1時間に数百冊の処理機能は必要だ。1冊の処理が秒速、もしくは、秒速以下で処理される必要がある。

大量の返却処理を、可能な限り速やかに返却処理できる能力が、図書館システムに求められる。

 

 

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

大学図書館は、サービス不完全組織だということがいえる。

デパートやスーパーマーケットでは、販売する量をたくさん用意して、需要にこたえることができるが、図書館では、そうはいかない。

大学図書館では、本は1冊しか用意しないので、一人の人が、借出してしまえば、その本は、他の人が利用することはできない。

しかも、図書館では、その図書を制御することはできない。他の人がその本をみたいといっても、返却されるのを待つしかない。

せいぜい、予約をつけてもらい、返却後のお知らせをまつしかない。

 

本屋やデパートでは、たくさん需要があると見込めるものは、その分を用意して、販売に対応するので、10人、100人がきても対応することもできる。(その分用意しておけばだが)

 

図書館はサービス不完全を前提に存在している。

利用者も一応、それを承知で、利用することになる。

図書館の利用が活発になればなるほど、図書館のサービスの不完全性は増加する。

貸出冊数の増加は、よく利用される図書館の棚の本の減少である。

そのことは、予約システムの活用が活発になり、予約処理という煩雑な業務をしなければならない。

(通常の本を貸すという作業に比べて、1冊あたりの手間が、100倍複雑だ。管理もしなければならないし、毎日、チェックをしなければならない。)

貸出数の増加は、返却数の増加であり、返却後の図書の書架への戻しが、どれだけ、正確に管理できるかが、図書館の生命線である。ここで、混乱すると、図書館の本は不明本となり、その本を探し出すためには、貸出作業の10000倍、100000倍の手間が必要になるうえ、実りが少ない。見つけられないケースが多発することになる。(間違った場所に置かれてしまった図書は見つけ出す手段はほとんどないので、偶然と図書館員のカンと超能力以外に方法はない。蔵書点検というのは、ほぼ唯一の方法だが、そのチャンスは、年1回か数年に1回だ。)

 

一応、その不完全さをカバーするために、いろいろのシステムを構築してのだが、図書館は、需要と供給という原理ではなりたたないように出来ている。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

黒澤さーんの席移動を控えて、机の上の大掃除。

なぜが、この席に来る前の資料も、この机に上にのっていたことについて、さすがの黒澤さーんも、説明がつかない。

この机の上には、異次元に繋がるタイムトンネルがあるはずである。

そのタイムトンネルを探す時間は、あと、数日しか残されていない。(3月5日には、席移動の予定)

たぶん、発見できないだろう。

 

では、どんな大発見があったのだろうか。

 

発見であったのか、悟りであったのかは、判別不能なのだが、

 

人間は1度に一つのことかしできないのだ。

どんなに優れた人間でも、人間は一度に一つのことしかできない。

 

それを無理やり、同時に処理しようとすると、混乱が発生する。

つまり、一度に複数のことをやろうとして、混乱しているわけだ。

 

しかし、現実社会は、同時に複数の問題が並行して行われており、単純に順番に処理するというわけにはいかない。

すると、未解決問題が、次々と山積みになっている。(高速道路の渋滞のような感じになる。)

 

人間は一度に一つのことしかできない。

また、人間は、同時に1つのことしか覚えられない。

 

その結果、紙でコントロールしようとしてきたというわけだ。

 

紙には、瞬間移動する能力がある。打ち出した紙は、用意していたのに、関わらず、

恥ずかしがり屋なのか、敵前逃亡をする。

会議が終わると、なぜか出てくる。

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

黒澤さーんの楽しげな人生に、暗雲がおそいかかった。

元気に仕事をはじめようとすると、なんだか、今日のPCは、反応が遅いような気がするので、再起動を実施。

悪魔の一撃。ぎゃふん!

更新プログラムが始まって、終わらない。たぶん、明日の朝までおわらないような雰囲気。

しかたがないので、もう一台のPCで作業を続行。

さらなる悪魔の一撃。ぎゃふん!

このPCは、すこし、反応が遅い気がしたが、我慢で使用していたが、どうにも、たまらず、再起動。

更新プログラムのインストールが開始。たぶん、明日の朝まで、終わらないような雰囲気。

しかたがない、今度は、NotePCで、作業を。

 

すると、黒澤さーん。もう2月も終わりですよ。もうすぐ、席替えですよ。

今日は、PCなんかいじっていないで、お片付けしてください。

黒澤さーんのお知り合いの神様?からのご神託だとおもって、今日は、お片付けしてくださーい。

 

え!

まさか、天使と悪魔が結託して、私に、お片付けをさようと。ヨブ記じゃあるまいし。

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

図書館は、図書や雑誌を購入して、自分たちに、都合のよいように、配架し、管理できた。

資料の種類によって、参考図書コーナーや書誌・目録コーナーをつくることが出来た。

 

ところが、電子書籍、電子ジャーナルを、まとめて管理することができない。

この場合のまとめてとは、参考図書コーナーを電子書籍を対象につくるのは、難しい。

いろいろ工夫することはできるかもしれないが、かなりの労力を必要とすると思われる。

Wiley,Elsevier,Oxford,Cambridge なとど、それぞれの出版社のサイトに分かれているので、

それらをなんらの方法で、まとめるということができない。

電子書籍や電子ジャーナルに分類や著者記号をつけることをしないので、順番に並べることもできない。

いろいろできなくもない気もするが、かなり面倒になる。

また、それらの労力が、どのような効果があるのか、それも不明である。

紙の図書や雑誌には、物理的な所在の決定が不可欠なので、どうしても、分類、著者記号などの請求記号(配架記号)が不可欠であったが、電子書籍、電子ジャーナルには、物理的な所在を確定する必要がないので、請求記号が必要でない。(あっても、よいが)

 

一応、OPACが、それらの包括管理、検索手段になるのだが、現在のところ、電子書籍、電子ジャーナルをどうするのかは、試行錯誤の段階だ。紙の本や雑誌は、図書館の都合でどのように配置するかも決めればよいが、図書館システムが絡んでくると、システムに機能があるのか、開発が必要になるのか、次々と諸問題が発生する。

------------------

そこで、登場したのが、Discovery ということになる。とりあえず、なんでも、これ一つあれば、なんとかなるという発想だ。

Discovery もそれなりのまとめをしてくれるので、それをうまく使えば、いいのだが、それらの概念は、Discoveryの事情によるので、あって、図書館の事情ではない。

------------------

さて、商業、電子書籍、電子ジャーナルも事情は同じだ。

出版社が、自分のところで、電子書籍を売りだすと、買い手は、そのサイトへの登録が必要となる。その出版社の本を継続的に大量購入するのら、いざ知らず、1年に1回、数年の1回の利用では、IDもパスワードも覚えていられない。

だいたい、アマゾンとKinoppy の2つを維持管理するのも、面倒と思っているのに、各出版社毎が電子書籍を販売したら、利用者が対応不能に陥る。それが、明らかなのに、日本には、電子書籍販売サイトが100以上あると言われている。いくら、日本人が優秀だとしても、無理はああきらかだ。

利用者側からすれば、ひとつで、すべてをカバーする方がよい。町の書店も、いろいろな出版社の本を、売っているのであって、講談社の本、新潮社の本だけと販売していたら、買い手は大混乱してしまうのに、電子書籍では、平気で、そうするところがすごい。

 

いろいろな利害もあるが、電子書籍サイトを、できるだけ、統合するか、委託する以外にないだろう。

もしくは、電子書籍オールジャパンをつくるのも、よいとも、思うが、すると、あちらのサイトでは買えるが、こちらのサイトでは買えないとか、いろいろ出てくるので、なにかが、中途半端に権限が集中するのは、よくないかもしれない。

 

海外の出版社が吸収合併、統合で、巨大化していくことで、生き残りを図っているのだから、日本も規模の拡大や連携がなどの対策が不可欠かもしれない。

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

電子書籍時代の生き残り戦略(規模の拡大以外に道はないかもしれない。)

かつて、大手の出版社が、次々と合併、吸収されて、生き残り戦略をとっている。

電子書籍、電子雑誌時代の生き残り戦略は、規模を大きくする以外、道はないのかもしれない。

 

いくつかの例を探してみると、有名どころの出版社が今は、ない。

 

 

エルゼビアの場合

 

エルゼビアの歴史

http://jp.elsevier.com/about/history

North Holland、Pergamon、Mosby、W.B. Saunders、Churchill Livingstone、Academic Pressなど

 

ワイリーの場合

http://kw.maruzen.co.jp/ln/ec/ec_wiley01.html

 

1,400誌以上の化学・技術・医学・人文・社会などの分野のジャーナルを"Wiley Online Library"上で提供しています。John Wiley & Sonsの化学・技術・医学出版部門と旧Blackwell Publishingが2007年2月に合併しWiley-Blackwellが誕生しました。

 

シュプリンガー・ネイチャーの場合

http://www.springer.jp/news/20150507001194.php

シュプリンガー・ネイチャーは、ネイチャー・パブリッシング・グループ、パルグレイブ・マクミラン、マクミラン・エデュケーション、シュプリンガー・サイエンス+ビジネスメディアの統合により2015年5月に誕生しました。

 

テイラーアンドフランシスの場合

http://taylorandfrancis.com/

 

We publish Social Science and Humanities books under the Routledge, Psychology Press and Focal Press imprints. Science, Technology and Medical books are published by CRC Press and Garland Science.

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

 

電子書籍で、いろいろな宗教の事をかいた本をよんでいる。

イスラム教以外にも、いろいろな宗教で、食べられないものがたくさんあるようだ。

うろこのある魚をたべてはいけないとか、動物をたべる動物は食べてはいけないとか。

ウシや豚という問題もあるとのこと。

 

日本人は、なんでも、いろいろ食べることが、できてよかったね。

 

スイスでは、エビを生きたまま料理してはいけないという法律ができたそうです。

では、どうやって料理するのかというと、気絶せれればいいそうです。

 

https://www.swissinfo.ch/jpn/business/%E5%8B%95%E7%89%A9%E4%BF%9D%E8%AD%B7_%E3%82%A8%E3%83%93%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E7%94%B2%E6%AE%BB%E9%A1%9E-%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%A7%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF%E7%A6%81%E6%AD%A2-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%8C%E6%96%B0%E8%A6%8F%E5%88%B6/43818078

 

 

 

聖書には、いろいろな生き物が話がでてくるので、宗派によって、いろいろな決まりをつくっているそうです。

そんなことをまとめてあるサイト

http://saisyoku.com/religion.htm

 

ユダヤ人は、うろこのある魚を食べてはいけないようなので、にお刺身やすしを食べさせてしまうと、とんでもない事件になるかもしれませんね。

 

日本では、イルカやクジラを食べることが問題になっています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201802/CK2018021902000121.html

反捕鯨反論映画に監督賞 八木景子さん

 

 

韓国では、ちょうど、オリンピックだったので、犬の料理を出さないように、通達がでたようです。

https://www.businessinsider.jp/post-161900

五輪期間中は犬肉の提供を自粛して! 政府の要請に平昌の飲食店は反発

 

自分のなじんだ世界観をどのように受け入れるかは、大問題ですね。

蛇の嫌いな人は、見ただけで、大騒ぎなりますし、大パニックになってしまいます。

納豆の嫌いな人は、死んでも嫌いと思ってしまいます。

 

それを理論や理屈で解決することはできません。

 

なぜ、うろこのある魚を絶対に食べなかったり、牛や豚を食べなかったりするのかというもの、文化や宗教の問題だったりするので、個人ではどうすることもできません。

また、犬やイルカやクジラや牛や豚を食べるのも、文化や宗教の問題が大きいので、個人が決めることができません。

しかも、人が人を殺すのはダメと同じように、犬やイルカやクジラを殺してはダメと思う人もいるので、折り合いは難しい問題です。

 

食べ物の問題は、難しいですね。

なんでも食べていいと言えば一番、簡単そうですが、そうはいかないようですね。

 

 

うまいものが食べたーい、黒澤さーんでした。レポート終了

 

 

もしかすると、イヴァンカさんは、お刺身、お寿司は食べられないかもしれませんね。

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

他大学の図書館のホームページを探検するといろいろなものを発見する。そして、それは、いろいろ刺激にもなる。

 

九州大学は、新図書館を建設中で、今後、引越しが行われるようだ。

 

さて、ホームページで、私の卒論ができるまでが、公開されている。なかなかの力作だ。

 

Cute.Guidesコンテンツ「私の卒論ができるまで」公開

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/graduation-thesis-guide-2017

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

現在の大学図書館は、巨大電子図書館になっている。

その根拠として、資料費が、既に、紙の購入費より、デジタルにかける費用が多いことを書いた。

資料の数でも、その傾向は顕著だ。

 

たとえば、こんな感じだ。(一つのモデルと考えてほしいのだが)

洋雑誌の変化と考えてみると

        

2000年  紙 2000タイトル   電子 10タイトル

2005年  紙 1800タイトル   電子 1000タイトル

2010年  紙 1000タイトル   電子 10000タイトル

2015年  紙 500タイトル    電子 30000タイトル

2017年  紙 50タイトル     電子 50000タイトル

 

という感じ。

洋雑誌2000タイトルというには、かなり大規模な大学図書館だと思われる。費用も億を超えているはずである。

その原資を活用しながら、そして、円高、補助金、コンソーシアム、洋雑誌出版社売り込みなど影響を受けながら

主要雑誌会社のデジタル化に交換していく。

W社 紙 50タイトルが  W社に全雑誌 1500タイトルに

O社 紙 15タイトルが  O社の全雑誌  300タイトルに

次々そのように変化していくと、上記のようなことになる。(当時、円高も大きな要因だったはずだ。)

 

しかし、同時に、OPACでは、紙の資料しか管理できない。

NIIも、デジタル資料の管理はできない。

 

そこで、登場してきたのが、Summon などのディスカバリーシステムだ。

Discovery システムにはいったい何が入っているのかというと、商業用に販売しているデジタルデータをフルテキストで全部買いこんで格納している。そこには、すべてのデジタル情報が格納されているのだが、検索用にしか利用できない。フルテキストは、オリジナルサイトにアクセスすることで、得る。得れるかどうかは、そこへのアクセス権をもっているかによる。

その意味で、Dicovery は、目録検索や記事索引検索とは、違う性格をもっている。故に、Discoveryという概念を持ち出したのかもしれない。ProQuest が、Summon という名称を用いるもの、黒澤が、自動化書庫にマジックボックスと呼ぶのに、似ているかもしれない。

何でも入っているので、見つければ、自由に取り出せるという意味があるように思われる。

 

さて、Discovey の出現の前に、OPACは、その地位を奪われつつある。

100万冊の図書と雑誌タイトルがあろうとも、検索対象数は、100万件ちょっとにすぎない。

Discovery は、雑誌記事1本1本がフルテキストデータなので、1雑誌タイトルに、数千、数万の記事があり、しかもフルテキスト検索が可能だ。

その検索総数は、数億になる。新聞記事一つ一つも検索対象にできる。

目録データは、1件当たりの文字数も多くても数百文字だ。基本的に目録カード1枚に収まるのだから、ツイッターの文字程度が標準的と考えた方がいい。

しかし、Discovery では、フルテキストデータなので、検索対象も数万文字なる。

 

さて、このまま、OPACは劣勢のまま終わるのだろうか?

 

やはり、いろいろOPACも反撃ののろしをあげるケースもでてきた。

 

Discovery 化するOPACの登場である。

九州大学図書館の大冒険に注目したい。

 

九州大学図書館

 

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

大学図書館が、巨大電子図書館に変貌していく。一つの判断基準として、資料費の割合を基準することを提案した。
紙の資料費と電子の資料費・経費 が、50:50 を起点にして、どちらに傾いているかを判断する方法が現実的かと思われる。
このブログを読んでいる人の中には、大学図書館の資料費の半分以上が、電子資料に使われているということは、ずっと先のことのように思われる人がいるかもしれないが、学術洋雑誌の80%から90%以上が、電子情報で購入している実態を考えると、実は、日本の大学図書館のほとんどが、上記の区分で、巨大電子図書館に区分されると思われる。自然科学系、工学系、医学系の大学図書館では、資料費の60%、70%を電子資料にかけている場合も多い思われる。(ここまで、書いてみると、そのような統計がどこかにあるような気がしてくる。)

 

そこで、文部科学省の統計の大学図書館 28年度の資料費のデータをみると

 

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&tstat=000001015878&cycle=0&tclass1=000001098555&tclass2=000001098556&stat_infid=000031556945&second2=1

 

 

図書    19.341.238千円

雑誌    14,632,680千円

合計    340億円(45%)

 

電子ジャーナル

出版社系    27,100,795千円

その他      2,365,711千円

電子書籍      1,064,700千円

データベース  7,540,952千円

その他     2,554,492千円  

合計      406億円(55%)                     

 

 総合計   74,600,568千円  {約 746億) 

 

というわけで、日本の大学図書館の資料費

         紙    340億円  (45%)

         電子      406億円  (55%)

        合計    746億円

 

日本の大学図書館は、資料費による区分に従えば、巨大電子図書館であるといって、問題なさそうである。

 

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。