黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
電子書籍には、重さや体積がありません。
だから、所有できないというわけではありませんが、
通常の本と同じような所有という訳にはいきません。

販売元のサーバーと連動して、動いている場合が多いので
販売元が、サービスを停止すると読めなくなるケースもあります。
専用書籍端末に入れておいても、専用書籍端末の破損や
寿命によって、読めなくなるケースもあります。
本ですと、おじいちゃんの読んでいた本を孫がまた、見つけて
読むなど、数十年、数百年の保存も可能ですが、
電子書籍では、そのようにはいきません。

電子書籍は所有できないという記事


「電子書籍はそもそも所有できない」 相次ぐ電子書店の閉店―専門家はこう見る

エルパカBOOKSや、ソニーのReader Storeの北米からの撤退(日本国内は継続)など、電子書店の閉店が続きました。紙の本と異なり、電子書籍の中には閉店後読めなくなるケースも。どう いった点に気を付ければよいのか、弁護士の福井健策さん(骨董通り法律事務所)に伺いました。

詳細は、本文をご覧ください。

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。