黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
電子紀要一覧リストを作成する方法(案)
(きっと、誰かが、すでに作成しているにちがいないのだが)
(そのためのフォーマットも既に定義されているにちがいないのだが)

学術情報リポジトリ―をスキャンして
大学名 紀要タイトル リンク先名 の一覧をつくる。(たぶん、2000タイトルぐらいになるか?)

その一覧リストを図書館システムの E-Book 取り込み機能を利用して取り込み

OPACで紀要を検索したら、学術情報リポジトリ―にリンクできるようにする。

それが、うまくいったら、紀要を廃棄する。


きっと、どこかで、やっているはずなのだが

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館は収納限界に向かって、資料が増加する。
収納限界を超えても資料は増加する。
そこで、収納限界を、変更するために、巨額の資金を投じて、新しい収納限界の図書館を構築する。

限られた建物で、効率よく図書館を運用するためには、適正な規模を維持しなけれなばならない。

最近の電子ジャーナルの発展は図書館にとっては朗報である。
多くの図書館が雑誌を捨てて、より、自由なスペースを確保したことだろう。
(もちろん、なかなか捨てられない事情もあるので、すべての図書館がそうだとはかぎらない。)

日本の電子ジャーナルというべきか、学術情報リポジトリ―が発展し、多くの紀要が電子化された。
すると、個々の図書館が、紀要を保存する必要がないので、非常に便利である。

だれか、E-bookのようにOPACに登録して、OPACで、検索してダイレクトに学術情報リポジトリ―に
リンクできるといいのだが。


しかし、どうしたものか、そのような情報を得る方法がない。
たとえば、リポジトリ―を実現している各大学のデータを拾って、データをつくることは、可能であるが、
やはり、量が多くなるとなかなか厄介なことになる。
2,3だと何とかなるが、1000超えだすとちょっと、大変。

学術機関リポジトリ構築連携支援事業


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館で雑誌というのは、なかなか厄介な存在だ。
購入している雑誌や寄贈で受け入れている雑誌は、まあ、いいとして、
次々から次と押し寄せてくる、無料の雑誌は、どうしたものか。
詳細に見だすとなかなか良い雑誌や紀要がたくさんあるようにも見えるが
どんどん雑誌や紀要として受入ていいものか、担当者は悩む。

昔のように紙媒体しななく、図書館の蔵書もなかなか増やせない時代には、
すこしでも、無料の雑誌や紀要は、必要だったかもしれないが、
いまや、どこの図書館も書庫から図書や雑誌があふれて、置き場もない。

大学図書館は図書を財産として管理しているので、捨てるにしてもやっかい。
高度成長期のように経済発展している時代なら、蔵書に見合う大きな図書館を
造り続けるものよいかもしれないが、経済の発展がなかなか見込めない現在に
大図書館を次々と造り続けるのはままならない。

しかも、電子図書館、電子書店が誕生してきて、紙媒体の蓄積がもしかすると
無用の長物になる可能性も高い。

-----------------
メディアの変化とともに無用に長物になりつつあるもの
ベータのビデオ(大学図書館には、まだまだたくさんある。)
マイクロフィルム、マイクロフッシュ
まさかのレーザーデスク
もうすぐ、不要な長物になる VHSビデオ
音楽図書館では、LP も、そうですね。
ネット音楽配信の時代になりつつあるので、もうすぐ、CDも不要になるかもしれません。
そうすれば、音楽図書館は他の図書館に先駆けて、電子図書館になってしまう可能性も大きいですね。
----------------

最初の話題に戻って、
次々とやってくる紙、紙、紙(雑誌、紀要、広報誌)
保存すべきか、捨ててしまうべきか。

どこかで、デジタル化してくれればいいのに
電子デポジットをつくることはできないのか?




AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
情報を紙にしか書けなかった時代から、電子情報を扱える時代になり、
情報へのアクセスは、劇的に変化した。

しかし、情報の媒体としての紙は、厳然として存在している。
音楽媒体としてのCDや映像媒体のVHSは、その主力の座を明け渡そうとしている
現在、紙はその存在を譲り渡そうとしない。

しかし、それも、時間の問題だろう。
かつてのように、新聞や図書が情報の中心から、情報の中心が変化している。

新聞も、オリジナル情報を紹介する2次情報(索引や抄録集)にすぎない。
しかも、そのオリジナル情報へのアクセスする手段すら提示しないという
2次情報としての役割も不完全である。

テレビのニュースも基本的には、2次情報である。(オリジナル情報の紹介という意味で)
時間的制約や情報の一過性(見過ごしたり、聞き過ごしてしまうと確認する手段がない。)
なども考慮すると、情報確認、再現性が非常に悪い。
いまは、それを補完する意味で、ホームページが作られている。

ラジオの双方向性は、非常に活発だ。
かつては、はがきや手紙により、1週間、数週間という双方向性だったが、
最近は、数分、数十分というレスポンスの双方向性を実現している。

さて、情報の固定(再現性)という意味の文字は、電子情報の中で
非常に有効性を発揮している。

 |  リブログ(0)

テーマ:

2011(2010年に発行された新刊書籍)
書籍目録(新刊書籍78、000点)
雑誌目録(一般雑誌4、100誌)
オンデマンド出版物目録(160点)
オーディオブック目録(700点)

2010には、電子書籍目録があったが、2011には、それが無くなってしまったぞ。
収録できなかったのかな?




2010
書籍目録(新刊書籍78、500点)
雑誌目録(一般雑誌4、200誌)
電子書籍目録(26、500点)
オンデマンド出版物目録(360点)
オーディオブック目録(250点)

 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館は、なんでも、たくさんあるのが、やっかいだ。

マイクロフイルム 長年の蓄積の結果、たくさんある。
ベータも、当初、教育関係に売り込んだため、たくさんある。
VHSも、全盛を過ぎたとはいえ、たくさんある。
VHSのデッキを生産している会社なんて、国内には、ないと思うが。

妙にたくさんあって、処分に困る。

問題は、図書かもしれない。
でも、図書のすごさは、それ自体で、人間が読むことができることだ。
(もちろん、読解能力は必要だが。)

マイクロも、ベータも、もはやいらないと思いつつ、捨てるとなるとやっかいだ。
とにかく、数が多すぎて、処理できない。
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。