中澤卓也2021・ツアーファイナル! | アオイロの恋

アオイロの恋

唯一無二のダイヤモンド、中澤卓也君の魅力を語ります。

こちらは明るく晴れた秋空ですよ。


そちらはどう?

 

 

 

 

卓也君、今日から新潟でのステージが続きますね。地元のあったかい雰囲気にわくわくしつつも、ちょっと緊張したりもするのでしょうか・・


11月13日(土)
中澤卓也コンサートツアー2021

『約束』・きゅりあん大ホール


4月の大阪から始まったツアーも、ファイナルまでたどり着きましたね。当日、私は配信チケットを購入していましたが、リアルタイムではなく後日のアーカイブで視聴しました。


【曲目】


青いダイヤモンド
俺の愛だから
初めての君
彼岸花の咲く頃
さらば友よ
心の瞳
琥珀色の日々
Summer Dreamer
江の島セニョリータ

君は薔薇より美しい


トシちゃん(田原俊彦)メドレー


ゆびきり
東京タワー
茜色の恋
北のたずね人
約束

【アンコール】


黄昏に
ありがとう あなたへ


これで間違ってないでしょうか・・?


アーカイブ期限は明日(19日)中です。まだまだ観られますが、名残惜しいものですねえ(しみじみ)。


ステージの卓也君、ああいうお顔は久しぶりに見た気がしました(私の印象ですよ)。


髪も短くなっておでこも見えて、とてもスッキリとしていました。

まあ、ワタシ個人としましては、ちょっとナーバスな感じの彼も凄く好きなんですが(あはは・・)、今回はなんだか懐かしさを感じさせる、逞しい少年のような、ステキな卓也君でしたね。


トシちゃんこと、田原俊彦さんのメドレーでは久々の「ダンシング卓也」を披露。あんなに次々とリズムの変わる振りを連続で、しかも、うたいながら最後まで踊り切るのは大変だったろうと思います。


考えてみれば、卓也君は近藤真彦さんの楽曲も得意ですよね。モータースポーツが好きというのも似ているし、過去に夢中だった「スニーカー」でもつながりがあると言えなくもない・・(無理矢理笑)。

にもかかわらず、自分からハードル上げて、今回も田原俊彦さんで、しかもメドレーというのは、やはり彼のアーティストとしての気概を感じずにはいられません。

それに、トシちゃんは周囲がどう変わろうとも、媚びずに自らのポリシーを貫いてきた人。そういう面でも、表現者として何かしらのリスペクトがあるのかなあと、勝手にそんなことを思ったりもするわけです(あくまでも想像ですよ・・)。


アンコール前の最後、ダンサーのリョウさんによる「約束」の手話歌も美しかったですね。

本番の歌唱が感動的だったのはもちろんですが、みんなで練習した際の、手話を説明しながらうたう卓也君のアカペラは必聴の素晴らしさだと思いました。本当に、この人は天性のシンガーなのだなあと再確認をした次第です。


「ファイナルへようこそ~!」の声から始まり、「僕の歌人生はまだまだ続く・・」という最後の言葉まで、きっちりと繋がって・・まるで、晴れた秋空にかかる虹の橋のように・・自ら切り開いてゆくこの先の世界を思わせる、なんとも清清しく頼もしい中澤卓也の姿。それを見ることが出来て、本当に嬉しく感じました。


さらには、翌日開かれた個人戦のカートレースにも出場して、予選もトップ通過で、なんと決勝で優勝までしてしまうという大活躍振りには驚きです!


そして、もうすぐ記念すべき100曲目を迎える『歌ごころ』。

最新曲の「雨のバラード」は初めて聴く曲ですが、これがまたすこぶるカッコ良くて!!

卓也君の多彩な声の魅力を十二分に発揮している歌唱で、聴いていて、何だかいてもたってもいられなくなってしまう感じが堪りません!

(オリジナルの湯原昌幸さんもとっても素敵です~!)


そんなこんなで、中澤卓也を満喫してリア充が止まらない(笑)、ここ最近のワタクシなのでした(にこにこ)。

 

 

 



↓配信チケットはこちら!

 

 


『爆走!卓也くん!!!』Season6 #03レースは楽しいぜ!!

 

 


歌ごころ(公開収録)#097『雨のバラード』湯原昌幸

 

 


中澤卓也 最新曲『約束』MV

 




(最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!)