庶民のみかた@平塚『大衆焼肉本店』 | 悪あがき女製作所

悪あがき女製作所

-日日是好日をモットーに生きる女の戯言-
ラヴ☆蒲田

*


平塚の海を見て、やっぱりちょっと気になるから屋台の場所を見て「やっぱりお休みだね」って確認したら

ホテルに愛車を置いて、着替えて、さあ夕飯&晩酌のお店に向かいます。


▼大衆焼肉本店

悪あがき女製作所


『ジンギスカン』がお店の名前ではなくて『大衆焼肉』がそうのようです。

まだ明るい時間に「大丈夫なの?」と不安そうだったオットは店内の混み方や若い女性客がいることで

かなり安心したようです。

雑色の『三平』のマスターも言っていましたが、「女性の方が積極的で男の方がいくじがない」のです(笑)


混雑している店内で予約も入っているようで「カウンターでもよろしいですか?」と。


悪あがき女製作所


ちょっと斜めっているカウンター(笑)

全然問題なしですよ~。



▼レモンサワー ¥350

悪あがき女製作所


ぐびびっと、まずは乾杯。オットは瓶ビール(大瓶)¥500

メニューを眺めますが、安すぎて驚きです。



悪あがき女製作所



▼おしんこ(本日のサービスで¥200→¥100)

悪あがき女製作所



カウンターの中には2人、ホールに1人。

なんだかバタバタです。

「ごめんなさいね、一人休んじゃって」と女将さん(ママさん?)と思しき方が話しかけてきました。



悪あがき女製作所


平塚では自転車で駅の反対側に行くにはどうしたらよいか、とオットと相談していたら

バババッと信号で止まった原付のおかあさんが「道?」と声をかけてくれたり

気さくで親切な人が多いなぁって感じました。


▼ジンギスカン・カルビ・ホルモン(¥250・¥400・¥250)

悪あがき女製作所


それぞれ1人前しか頼んでいないのにこのボリューム。

つけダレは小皿に黒胡麻とおろしにんにくを入れて、そこにそそいで出してくれます。

ちょっと甘いタレがこの焼肉にはぴったり。



悪あがき女製作所



焼いて~~、焼いて~~~。

もちろん、この安さなので口の中でとろけるようなお肉とかを好む人には不向きです。

でもわたしは好きだな。こういう焼き肉。

煙がもうもうの中で気軽に食べる楽しさ。

さすが【大衆焼肉】です。


▼チート ¥300

悪あがき女製作所



おろしにんにくのパンチが効いた一品です。


▼大豆もやし ¥300

悪あがき女製作所


こういうものを箸休めに、ぐびぐびとお酒が進みます。

オットはいつの間にかホッピーに。こちらのホッピーは2冷で横須賀風なのかな?

氷は入ってこなくて、焼酎は少なめ(蒲田レベルで見たら)です。

でも¥350でホッピーは瓶で出てくるからいいねぇ。

こっちの方の人が逆に蒲田に来たら、氷が目一杯入って、ジョッキの7分目くらいまで

焼酎が入ったホッピーってかなり驚くのかな?


▼レバー・ハツ(ともに¥250)


悪あがき女製作所


何切れか食べちゃった後です(笑)


店内もお客さんがいっぱいですが、お肉のお持ち帰りの人も結構来ました。

10人前とか20人前とか・・・。

ホットプレートや海でBBQとかかな?

安くていいよね~♪


いつもはあまりやらないのだけれど、見ていたら美味しそうなので思わず頼んだ〆炭水化物。


▼クッパ ¥350


悪あがき女製作所


うんうん、いいよ~。

悪あがき女製作所


でも「一口もらえれば」と言っていたオットが思いのほか食べたので、夜中にお腹が減りましたとさ(笑)



悪あがき女製作所


テーブル席も、奥には大人数用のテーブルも

そして2階にはお座敷もあって、「う~~~、2階で宴会したよう~」と思ったのでした。


ここでもお店の方と仲良くなって

「また絶対に来ますね!」と再訪を誓ったのでした。


「はぁ~~~、いい店だったね」

「やっぱすごいな、たいしたもんだよ、その嗅覚」


オットに見直された夜でした。


美味しかったです。

ごちそうさまでした☆



悪あがき女製作所


---------------------


大衆焼肉本店


神奈川県平塚市明石町23-18
TEL:0463-21-6363
営業時間:16:30~23:00
無休

大衆焼肉本店 焼肉 / 平塚駅


---------------------------------


▼ただいま総合2位です。ぽちっと応援いつもありがとうございます。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


---------------------------------

悪あがき女製作所