きまぐれうさぎ

その名にちなんで、きまぐれです。一応は読んだ本の紹介を毎回書いていきたいのですが、なにせきまぐれなので、映画や音楽などの紹介になるかもしれません。


テーマ:

友達のいない読書好きな主人公が、快活で人気者のクラスメイト山内桜良の秘密を知ることになる。

やがて穏やかな日常を送っていた主人公は桜良に振り回されるようになり…。

 

 

少し前から印象的なタイトルに

泣ける内容と話題になっていたこの作品。

最近になって映画化や漫画化され

そして本屋では大量に平積みにされている。

これが面白くないわけがない、と思い

購入しさっそく読んでみました。

 

まず読んでみてとても強く感じたこととして

こんなに読み進めるという行為が辛く感じる作品もなかなか無いな

ということでした。

 

恐らく原因は

私が文章や主人公達の会話に全く共感が出来なかったことだろうと思います。

 

それと言うのもこの作品は

主人公である男子高校生の視点で語られています。

 

その主人公からは

自分はなんてウィットに富んでいるんだろう!というような

自己陶酔がひしひしと伝わってくるのですが

私はそのウィットに全くユーモアを感じませんでした。

 

主人公に共感出来ないまま読み進めていくと

そのウィットに富んだ台詞を巻き込んで、

延々と続けられる登場人物たちの会話がとても多くて長い。

 

なんだか終始内輪だけで盛り上がって楽しんでいる素人の動画を

長時間延々と見せられている気がして

読んでいる間、苦痛で仕方なかったです。

 

 ただこれは私個人の相性の問題なのかもしれないので

主人公のウィット感に合う人ならば

終始面白く読み進められるかもしれません。

 

 

さて、ではストーリーです。

例えば中高生が主人公の泣ける純愛恋愛物語を考えてもらうとします。

すると真っ先に思い浮かぶストーリーは、

好きな人や親しい人が病気で余命いくばくもないという話を考えると思います。

で、この作品もほぼそんなストーリーです。

だいたい誰でも考え付くストーリーそのまんまです。

 

まあ良く言えば

王道の物語と言えない事もないですが。

 

 

そして、そんな王道をゆくこの作品

大きい所から小さい所まで突っ込みどころも満載です。

全部書いたら書ききれないので

一番気になったところだけ上げるとするなら

作中の病気の描写です。

 

余命いくばくもない病気を患ってるにもかかわらず

なぜか病気で苦しんでいる描写が全くないこと。

そしてグルメ小説と勘違いしてしまいそうなくらい

主人公達がしょっちゅう何かしら食べている印象があるということ。

 

これヒロインが余命の少ない病気で苦しんでいる話ですよね…?

そして膵臓を患っているんですよね…?

詳しい病名が書かれていないのでなんともいえないのですが

膵臓の病気の人が健康な人以上に飲み食いしても

現代の医学の進歩とやらで果たして本当に平気なのか

とても疑問に感じてしまいました。

 

 

では突っ込みどころが満載で読むのが苦痛でも

なぜ投げ出さずに最後まで読み切ったのかというと

帯にあった「読後、きっとこのタイトルに涙する」「予想外の展開」という言葉のためでした。

 

今はこんなに読むことが苦痛でも

きっと乾くるみの「イニシエーションラブ」

歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」みたいに

最後に予想外の大どんでん返しがあるに違いない。

そう信じてうんざりしながらも根性で最後まで読み切りました。

 

ですが結果

ちょっとだけ予想外の展開はありましたが

大幅に予想を裏切られることもなく終わりました。

 

 

以上、この作品に全く良いところなしな感想を持ってしまった私ですが

世間ではなぜこんなにも話題になっているのかとても不思議です。

 

まあ単純な理由としては

この作品は合う合わないがきっぱりと分かれる

作品なのではないかということです。

 

そういえば前にもこんな作品あった気がします。

片山恭一の「世界の中心で愛を叫ぶ」です。

あれも随分話題になったにも関わらず評価の二分する作品でした。

残念ながら私は「世界の中心で愛を叫ぶも」楽しめなかったので、

もしかしたらそれを楽しめたかどうかで

この作品との相性が決まったりするのかもしれないです。

 

 

あと確実に言えるのは

この作品は最初の数ページの印象がほぼ全てを決めているということでしょうか。

なので最初の方で面白いと感じればそれは多分

終わりまで楽しく読める素晴らしい作品になるのかもしれませんが

逆につまらない、苦痛と感じるのであれば

読むのが苦行の作品になることだろうと思います。

 

 

私が読む前にハードルを上げ過ぎたせいなのか

小説というジャンルで出会ったから良くなかったのか

なんだかとても残念な印象の残る作品でした。

 

もしかしたら期待せずに映画か漫画の映像ありでさくさくと観た方が

この作品はストレスなく楽しめたかもしれないと思いました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぷるんつさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。