ビリボ復権 | ぼちぼちとした成長Duo TYPE-R
2009年04月29日(水)

ビリボ復権

テーマ:キマ_あそび


ぼちぼちとした成長Duo TYPE-R-光速を超えて



「たいくかん」がある公民館の「プレイルーム」には幾つか遊び道具もあるんだけど、その中にビリボがありました。


自分の家と店頭以外でビリボを見るなんて初めてです。
大喜びしたマスターは、早速それを借りて遊んでいました。
うちのと違うのは、並んだ穴にロープが通してあって、それを引っ張ってもらうと水上スキーのような遊び方ができることです。
あれにロープを通すなんてのは思いつかなかったなぁ。
まあ、仮に思いついたとしても、うちでは引っ張りまわすほどの広い場所がないんだけどね。


それどころかうちのビリボはしばらく放置されがちだったんだけど、これがきっかけでまた使ってもらえるようになりました。
しかも、前よりもスピードが増してるし。



動画を見て頂くと分かるとおり、球体が床と接する1点を軸にしてバランスを取るのは、そう簡単なことではありません。
そのはずなのに、足を伸ばし(回転は遅くなるが、バランスは取りやすい)たり、縮め(速くなり、バランスも取りにくい)たり、まあ、器用なこと。


今日は体育館でマットを出してダンスの練習をしている高校生ぐらいのグループがいたので、そこに混ざってきました。
みんな構ってくれたんだけど、中に一人、特に話しかけたり遊んでくれたりしてくれた「よく出来た(おとうさん談)」女の子がいてさ。
馴染んだマスターもマットに飛び込んだり、体をひねる動きをまねたり、(ビリボなしで)おしりを軸にくるくる回ったり、結構受けてたね。
まさに、「芸は身をたすく」


キマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス