上記ブログを読んで思ったことは、マスクをしただけなのに奴隷呼ばわりはひどいなというものだ。陰謀論者の方々のブログを読んでいつも不快に思うことは、この謎の上から目線だが、なぜ上から目線になってしまうのか、その心理、思考は手に取るように分かる。

 

一般的に陰謀論に嵌りやすい人達は、今の自分の置かれている状況に不満を持っている人たちが多いと言われている。自分は社会的にも経済的にも、もっと評価されていいはずなのに現状はそうではない。そのような状況に置かれた自己愛の強い人達は「周りが悪い、社会が悪い」と考えるようになりやすいと言われている。

 

その結果が陰謀論だ。自分が今のような境遇なのは何らかの「秘密の強い力・組織」が働いているからだ、搾取されているからだと考える。

 

話を戻そう、上記ブログを読めばMADNESS氏は車が好きな人であろうということが伺える。普通の人は隣に停まった車がベンツということは分かっても、最新のSクラスということまでは知らないからだ。そして恐らくMADNESS氏も、この最新のSクラスについては気に入らなくても、その手のジャンルの車に興味が有るのだろう。

 

そして、車好きであるのならばこのSクラスやマスタングのオーナーについても「車好きの人だからこういう車に乗っている」という理解もできようものなのに、MADNESS氏は「どこかで人と差を付けたいから、こんな高級車に乗るんじゃないのかい???」と相手を貶める。

 

隣に最新のベンツSクラスが停まった。面白くない。その面白くないと思う不快な気持ちを「あいつはマスクをしている奴隷だ」というレッテルを張ることで抑え込む。奴はベンツの最新のSクラスに乗っているかもしれないが所詮は奴隷だと思うことで相手を引き下げ、自分の心を慰めているようにしか私には思えてならない。

 

イソップの「酸っぱいブドウ」と同じ心理だ。「あのブドウは酸っぱいのさ」と思うことで自分の心を慰めているのだ。

 

その自分の心を慰めるスケールの大きなものが陰謀論だ。そして、MADNESS氏も私が以前ブログ記事に取り上げた「打っていない懇親会」に参加し、社会に迷惑をかけている反ワクチン派の陰謀論者だ。

 

 

思想信条の自由はあるのは確かだが、その向かうベクトルが一般人のそれと真逆のものであるのであればそれ相応の批判を受ける覚悟と自分がコロナに罹患した場合、医療機関にかかることを拒否するぐらいの矜持を持ってもらいたいものである。本当に。