★女優の仲間由紀恵3年連続CMの女王
女優の仲間由紀恵(27)が9日、ビデオリサーチが発表した07年1月から6月までのタレント別テレビCM出稿量で、関東、関西地区でトップに輝いた。年間でも05、06年と2年連続でトップとなっており、3年連続“CMの女王”の座が見えてきた。
 人気の証しともいえるCM出演。この上半期、一番多くCMでテレビ画面に登場したのは、昨年末に紅白歌合戦の司会を務め、大女優としての階段を上る仲間由紀恵だった。
 テレビに流れたCMの出稿本数は、関東で6175本。4957本で2位だった妻夫木聡に1000本以上の大差を、関西では、5355本と2位の長澤まさみに約500本差をつけてのトップに輝いた。名古屋地区では、タレントの上戸彩にトップの座を譲ったが、その差はわずか200本。下半期で逆転すれば、データを取っている3地区完全制覇もみえてきた。
 現在、仲間はKDDI、資生堂、武田薬品工業など、11本のテレビCMに出演。ルックスとは対照的にコミカルな役柄もこなせる幅の広さと好感度で、飲料、食品、薬品、車、化粧品、通信など各業種の顔ともいえる商品のCMを持ち、異例の2ケタ契約を実現させている。
 今後、仲間は夏目雅子さんの生涯を描いたTBS系特別企画「ひまわり」で夏目さん役を務めるほか、同局系の秋の新ドラマ「ジョシデカ!-女子刑事-」では泉ピン子との共演で、刑事役にも挑戦。その勢いはまだまだとどまることはなさそうだ。ディリーより

仲間 由紀恵
なかま ゆきえ
プロフィール
本名: 仲間 由紀恵
別名: 仲間ちゃん、ゆっきー
出生地: 日本・沖縄県浦添市

血液型: A型
生年月日: 1979年10月30日

現年齢: 27歳
活動
ジャンル: ドラマ、映画、アニメ

活動時期: 1994年~

主な作品: 『トリック』シリーズ
『ごくせん』シリーズ
『功名が辻』
『映画版 大奥』

その他
第56・57回『NHK紅白歌合戦』紅組司会

表示

仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、本名同じ、1979年10月30日 - )は、日本の女優、タレント、声優。沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。身長 160cm 体重45kg血液型はA型。日出女子高等学校全日制卒。2級小型船舶操縦士の資格を持つ。5人兄弟の末っ子。特技は琉球舞踊(舞踊のレベルは師範代レベル)。
来歴
1993年 歌手の工藤静香に憧れ、地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学。(同期に阿波根綾乃がいる)
1994年 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリに輝き、ドラマデビュー。
1995年 『青い夏』のドラマプロデューサーからプロダクション・尾木を紹介される。憧れの工藤静香の所属事務所だったことにも縁を感じ上京。
1996年頃 東京パフォーマンスドールに一時在籍。
1996年 ともさかりえ主演の『友子の場合』で、主人公の友人を演じ、映画デビューした。
1996年6月 "MOONLIGHT to DAYBREAK" で歌手デビュー
1997年4月- TVアニメ『HAUNTEDじゃんくしょん』で声優デビュー。わがままで物欲が強く、美少年をこよなく愛する重度のショタコンのキャラを演じた。オープニングとエンディングの主題歌も歌った。
1997年10月- 「ゲルゲットショッキングセンター」(ニッポン放送)水曜日のアシスタントを担当(半年間)。
1998年「ミリオンナイツ」(TOKYO FM)水曜日レギュラー。共演の山中たかシ(当時 山中崇)にほぼ毎週「レオタードで駆けつけて・・」といじられていた。また山中がブリーフ&トランクスとユニットを組んだ際には、ブリトラのハモリに魅了され「私、ファンになりました!」と言ってブリトラの二人を喜ばせていた。
2000年 映画『リング0 バースデイ』に主演。その後主演を努めたドラマ『TRICK』の山田奈緒子役でブレイクした。
2002年 ドラマ「ごくせん 」に主演、山口久美子役で人気を呼ぶ。映画『TRICK 劇場版』では初公開でその週の映画興行成績第1位となる。
2005年映画『SHINOBI -HEART UNDER BLADE-』に朧役でオダギリジョーと共に主演を務める。
2005年12月31日の「第56回NHK紅白歌合戦」で司会を務めた。「NO MORE CRY」(「ごくせん」の主題歌)のD-51が登場した際は、ごくせんの山口久美子役で応援していた。
2006年放送の大河ドラマ『功名が辻』で主演の山内一豊(上川隆也)の妻の山内千代(見性院)役を演じる。
2006年映画『大奥』で主演で大奥総取締の絵島を演じる。
2006年12月31日の「第57回NHK紅白歌合戦」で紅組司会として2度目の紅白司会を務める。
2007年 ドラマ『エラいところに嫁いでしまった!』主演。単発ドラマ「島根の弁護士」に主演。
性格・エピソード
パブリックイメージは「控えめな性格で、あまり目立ったことが好きではない。私生活でも早寝早起き、何かに熱狂的になるということはなく、よく言えば静かに、悪くいうと他人にあまり興味が無いタイプ」。しかし、親友の島谷ひとみのレギュラーラジオでの話では、なかなか豪快なところがあるよう。
ドラマで泣き所を撮影し終えた直後、ある俳優が彼女の楽屋に行くと、自前のダウンタウンのごっつええ感じのDVDを見て大笑いをしていたというエピソードがある。「バラエティ番組自体は大好きであるがバラエティトークは苦手」らしい。
尊敬する人物は歌手の工藤静香。生き方を「人生の目標」にしているとのこと。
松下電器産業、5代目きれいなおねえさん。
ヘアスタイルはデビュー当時からロング。ドラマや映画でも大きな変化はない。
ユニリーバ・ジャパン(「Lux(ラックス)」というシャンプー等で知られる)が、全国600人の男女(16 - 39歳)を対象に実施した「髪が美しいと思う日本の有名人」のアンケートで1位に選ばれた(2005年9月)。松下電器「きれいなおねえさん」シリーズのCMで見せた、彼女の黒髪がたなびく印象的な映像は、CG処理などを使用せず、そのまま撮影されたものだという。
コマーシャルにも多く出演している。業界内では、「仲間が出るコマーシャルは売り上げが伸びる」といわれており、一例として、仲間がコマーシャル出演するKDDI auの番号ポータビリティでの伸び率が携帯電話会社他2社に比べ、非常に高かった。こういったことが多いことから、「CMの女王」といわれ、コマーシャル出演料も吉永小百合の一億円に次ぐ、六千万円である。(2007年4月現在)
2005年12月31日の第56回NHK紅白歌合戦の司会進行に抜擢、司会経験皆無でありながら安定した司会ぶりを展開し、視聴者からも概ね好評を得た。一部では現在、フジテレビ721(CS放送)で再放送されている往時の名音楽番組「夜のヒットスタジオ」における芳村真理の司会の手法を研究して紅白の司会に臨んでいたのではないか、との説もある(歌手との距離の置き方などが夜ヒットの芳村を彷彿とさせる絶妙な間の取り方だったという評価がある)。このため、翌年の第57回でも司会として再起用となった。
TRICK完結後の堤幸彦・阿部寛との座談会にて、収録前に行われていたマジックの練習が大嫌いだったという。
交友関係
ミュージカルスター誕生で共演したことがきっかけで島谷ひとみと親しくなる。二人で食事や海外旅行に行くほどの仲。
大河ドラマ「功名が辻」収録時、共演者やスタッフに悩みを言う事が出来ず「トリック」で5年以上の付き合いがある共演者の先輩俳優阿部寛に電話で相談し、アドバイスを求めたという。
演技力や役柄について
今や日本を代表する若手人気女優の第一人者。映画、ドラマ、CMからNHK紅白歌合戦の司会まで幅広く活躍している。
10代の頃から役者としてのキャリアを持っており、脇役で地道に経験を積んできた実力派。一通りの演技力は持っている。演技面では恋愛ドラマよりもむしろコメディや学園ドラマで弾けるタイプであるのではないかと言われており、いくつかの恋愛ドラマに出演しているが、コメディなどにくらべ「演技が臭い」という評価が見られる。先述のようにお笑い好きであるため、役に入り込みやすいのであろう。
仲間は『TRICK』で注目を集めるまで微妙な位置づけのアイドルタレントであった。同時期にブレイクしていた広末涼子、ともさかりえ、深田恭子に先を越されていた感じもあるが、それ以降も「大ブレイクアイドル」の道は歩まず、一部で美少女タレントとして認知されていた時期を経てからブレイクした。ただし、彼女のブレイクは女優としての演技力の認知によるもので歌手、アイドル活動によるものではない。結果的にむしろアイドル路線を追求しなかったことが功を奏したといえる。
透き通るような透明感のある声が特徴で、女優として本格始動する前(アイドル時代)は、事務所の意向と言われているがアニメ声優をメインに力を入れており、1998年までは「現役女子高生のアイドル声優」ということになっていた(その後も芸能記事という扱いまではなっていないが、女優として大ブレイクするまではアニメ声優方面への本格転向が何度か噂された)。声優として技術の基礎を学んだ演技力が女優として花開くことに貢献したとも言えるであろう。しかし、彼女がかつてアイドル声優として活動していたことはほとんどのプロフィールに記載されていない(例えば、日本放送出版協会が発行している大河ドラマ「功名が辻」ドラマストーリーにおいても、声優としてのプロフィールは一切書かれていない)。
前述の通り、仲間の演技力は『リング0 バースデイ』の山村貞子役のオーディションに合格してから見出され、『TRICK』で注目され、『ごくせん』で大ブレイク、評価され、その後「ザテレビジョン」のドラマアカデミー賞主演女優最優秀賞を幾度となく受賞している。
『おしゃれカンケイ』出演の際、『ごくせん』で苦労したことに「怒る演技」をあげている。理由は日常生活で怒って声をあげたことがなかったため、ということだった。
『ごくせん』(特に第二期)でのブレイク以降、“視聴率の女王”と呼ばれるまでになっている。
NHK大河ドラマ『功名が辻』の放送開始時点では、仲間は女優としては最年少である26歳2ヶ月で主役への起用となった。キャリア等を踏まえても、大河ドラマ3回目の出演にして主役登板になったことはかつてない抜擢的な要素が強い。大河ドラマにおいて女優が主役(トップクレジット) となったのは1994年度の『花の乱』の三田佳子以来であり、他に過去に主役として名を連ねたのは松坂慶子、大原麗子、佐久間良子ら大女優である。ちなみに『利家とまつ』の松嶋菜々子はクレジット上では準主役である(主役は唐沢寿明)。ドラマでの好演と好調な視聴率の結果、出世作ともなり、仲間が同世代の女優でも事実上トップの地位を確立したことは周知のとおりである。なお2008年度の大河ドラマ『篤姫』で主役となる宮崎あおいが放送開始時点で22歳1ヶ月での起用となるため、仲間の最年少記録は2年で更新されることになる。
役名にはなぜか山が付き、子で終わるのがとても多い。例:山村貞子(『リング0 バースデイ』)山田奈緒子(『トリック』)、山口久美子(『ごくせん』)、平山紀子(『さとうきび畑の唄』)、山本君子(『エラいところに嫁いでしまった!』)、(参考:(山内)千代(『功名が辻』))。
なぜか劇中で「椎名桔平」と口走るシーンが多く(『TRICK2』、『g@me .』など)、その後、お約束のように椎名桔平が登場する(『TRICK2』では妖術使いとして、『g@me .』では刑事として出演)。ちなみに、椎名桔平と仲間由紀恵は『SHINOBI -HEART UNDER BLADE-』や『溺れる魚』でも共演している。
仲間と仕事を共にしたスタッフたちが『(仲間が他のタレントたちと比較して)現場で弱音を吐かない』と口を揃えるほどの、根性の持ち主である。
出演
テレビドラマ
青い夏(1994年、沖縄テレビ放送)※ドラマデビュー作
坊ちゃんちゃん(1996年、TBS) - 主人公の教え子 役
もう我慢できない!(1996年、フジテレビ) - 主人公の夫の弟の恋人 役
イタズラなKiss(1996年、テレビ朝日) - 矢田その子 役
世にも奇妙な物語「追っかけ」(1996年、フジテレビ)
しあわせ色写真館(1997年、NHK) - 主演:秋本香菜 役※初主演作
木曜の怪談'97 「悪霊学園」(1997年、フジテレビ) - 小出郁代 役
D×D第4話(1997年、日本テレビ) - 円城寺園子 役
名探偵保健室のオバさん9話(1997年、テレビ朝日) - 高野理紗 役
踊る大捜査線 歳末警戒スペシャル(1997年、フジテレビ) - 北見繭 役
神様、もう少しだけ(1998年、フジテレビ) - 瀧村カヲル 役
せつない第14話(1998年、テレビ朝日) - 横川美佐子 役
天うらら(1998年、NHK朝の連続テレビ小説) - 浅井由香 役
透明少女エア(1998年、テレビ朝日) - 桂今日子 役
君といた未来のために~I'll be back~(1999年、日本テレビ) - 室井蒔 役
P.S.元気です、俊平(1999年、TBS) - 桜小夜子 役
二千年の恋(2000年、フジテレビ) - 真代まりあ 役
葵徳川三代(2000年、NHK大河ドラマ) - 最終回に家綱生母・お楽役で出演
トリックシリーズ - 主演:山田奈緒子 役
金曜ナイトドラマ TRICK(2000年7-9月、テレビ朝日)
金曜ナイトドラマ TRICK2(2002年1-3月、テレビ朝日)
木曜ドラマ TRICK-Troisieme partie- (2003年10-12月、テレビ朝日)
TRICK新作スペシャル(2005年11月13日放送、テレビ朝日)
FACE~見知らぬ恋人~(2001年、日本テレビ) - 相沢早紀 役
ウソコイ(2001年、フジテレビ) - 杉野恵美 役
明日があるさ(2001年、日本テレビ) - 仲間 役
ごくせんシリーズ - 山口久美子 役
ごくせん(第1期) (2002年4-7月、日本テレビ)
ごくせん(卒業スペシャル) (2003年3月26日、日本テレビ)
ごくせん(第2期) (2005年、日本テレビ)
ナイトホスピタル(2002年、日本テレビ) - 主演:森沢麻紀 役
武蔵 MUSASHI(2003年1月5日 - 2003年12月7日、NHK大河ドラマ) - 八重、琴 役
顔(2003年4-6月、フジテレビ) - 主演:平野瑞穂 役
さとうきび畑の唄(2003年9月28日、TBS) - 平山紀子 役
乱歩R第3話(2004年、日本テレビ) - 伊志田理恵 役
東京湾景(2004年7-9月、フジテレビ) - 主演:木本(李)美香 役
テレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」(2004年11月17-21日、テレビ朝日) - 若き日の北原三枝(石原まき子) 役
ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年10月2-6日放送、NHK) - 高倉(山辺)ナツ 役
TBSテレビ放送50周年記念特別ドラマ「里見八犬伝」(2006年1月2日、3日放送、TBS) - 伏姫 役
功名が辻(2006年1月8日 - 2006年12月10日、NHK大河ドラマ) - 主演:山内千代(見性院)役
エラいところに嫁いでしまった!(2007年1-3月、テレビ朝日) - 主演:山本君子 役
土曜プレミアム 島根の弁護士(2007年7月14日フジテレビ) - 主演:山崎水穂 役
TBS特別企画・ひまわり~夏目雅子27年の生涯と母の愛~(2007年10月、TBS 放送予定)主演:夏目雅子 役
ジョシデカ!-女子刑事-(2007年10月、TBS)
映画
友子の場合(1996年、東映) - 嶋田咲子 役
ラブ&ポップ(1998年) - 高橋千恵子 役
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年) - 女性キャンパー 役
リング0 バースデイ(2000年、東宝) - 主演:山村貞子 役
溺れる魚(2001年、東映)
LOVESONG(2001年)主演
トリック劇場版(2002年、東宝) - 主演:山田奈緒子 役
g@me .(2003年、東宝) - 葛城樹里 役
SHINOBI -HEART UNDER BLADE-(2005年、松竹) - 主演:朧 役
トリック劇場版2(2006年、東宝) - 主演:山田奈緒子 役
大奥(2006年、東映) - 主演:大奥総取締・絵島 役
アニメ
HAUNTEDじゃんくしょん(1997年、テレビ東京系) - 朝比奈睦月 役・主題歌歌手
劇場版機動戦艦ナデシコ The prince of darkness(1998年) - ラピス・ラズリ 役
バラエティ番組
DAISUKI!(アイキャチの“「DAISUKI!」ガール”)
第56回NHK紅白歌合戦 (NHK総合)
第57回NHK紅白歌合戦 (同上)
クレオパトラ2000年の謎 ?
仲間由紀恵の感動!大好きブルガリア(テレビ東京系)
舞台
スター誕生
ナツひとり ―届かなかった手紙―(2007年11月―
ラジオ
仲間由紀恵とみんな仲間たち(1995年 - 1996年、地方AMラジオ局向け)
ナインティナインのオールナイトニッポン (2000年頃、『リング0 バースデイ』のPRとしてジングルのみ出演、ニッポン放送)
CM
ソニー・コンピュータエンタテインメント プレイステーション (1995年頃)
アスキー トゥルー・ラブストーリー(1996年)※ゲームソフト、主題歌も
数研出版 チャート式(1998年)
JA共済連(2000年 -)
日本コカ・コーラジョージア(2000年 - 2002年)
ローソン(2001年 - 2006年)
日清食品 チキンラーメン(2001年 -)
エフティ資生堂 スーパーマイルドシャンプー(2002年 -2003年)
KDDI au携帯電話(2003年 -)、モバイルSuica(2006年 -)
JR西日本 ICOCA J-WESTカード(2003年 -)
省エネルギーセンター 夏の省エネキャンペーン(2003年、2004年)・冬の省エネキャンペーン(2003年)
ボシュロム ReNu(2003年 - 2005年)
大塚製薬 アミノバリュー(2003年 -2004年)
資生堂 BEAUTY VOLTAGE(2003年 -)
(財)省エネルギーセンター (2003年 -2004年)
江崎グリコ ジャイアントコーン(2004年-)
江崎グリコ ポッキーチョコレート(2004年- )
国税庁 確定申告(2005年、2006年)
江崎グリコ パナップ(2005年- )
松下電工 きれいなおねえさん(2005年- )
資生堂 ビューティーフーズ 美系(2005年 -)
アサヒ飲料 WONDA モーニングショット(2005年 -)
『朝のタクシー編』荒川良々らと共演(2006年9月 -)
『朝の駅編』タカアンドトシらと共演(2006年12月 -)
『朝のショット編』横峰さくららと共演(2006年3月 -) 他多数
 WONDAアフターショット(2007年 -)
『食後にピッタリ編』彦摩呂と共演(2007年4月 -)
『食後の日本代表編』彦摩呂と共演(2007年4月 -) 他多数
武田薬品工業 ベンザブロック(2005年 -)
資生堂 TSUBAKI(2006年 -)
ダイハツ工業 ムーヴ
『広さにびっくり篇』 加賀まりこと共演(2006年10月 -)
『みんなでハンドパワー篇』 Mr.マリック、井上朋子と共演(2006年10月 -)
『室内空間キスギテマス篇』 Mr.マリックと共演(2006年12月 -)
『MOVEで筋トレ篇』 草野仁と共演(2007年4月 -)
最高裁判所 裁判員制度 (2006年 -)
ロッテ キシリトール
『おいしい進化篇』 (2007年3月 -)
『テヅカモデルノ篇』 (2007年3月? -)
『どうして篇』 (2007年5月 -)
広告業界では「仲間がCMに出る商品はことごとくヒットする」が常識になりつつある。2007年に入ってCM契約料はさらにアップ。業界トップクラスの6000万円に達したという。
音楽
久保こーじプロデュースのもと歌手としても活動していたが、現在音楽活動は休止している(所属のアンティノスレコードの解散に伴い、親会社であるエピックレコードジャパンに移されている)
これといったヒット曲がなく、リリースしたシングル7曲のうちの最高位は、『心に私がふたりいる』のオリコン70位(他の4曲は100位外)
2006年3月15日、CMから生まれたユニット仲間由紀恵 with ダウンローズで「恋のダウンロード」をリリース。大ヒットとなる(音楽ダウンロードサイトMoraで最高3位、オリコン初登場8位)その後「恋は無期限」を2006年7月21日に着うた配信。同年8月1日に着うたフル配信限定でリリース。その後すぐに解散。
シングル
1. MOONLIGHT to DAYBREAK(オリコン74位)
2. トゥルー・ラブストーリー~恋のように僕たちは~(『トゥルー・ラブストーリー』主題歌、オリコン122位)
3. 心に私がふたりいる(アニメ『HAUNTEDじゃんくしょん』主題歌、オリコン70位)
4. 負けない愛がきっとある(カプコン『ロックマンX4』オープニングテーマ、オリコン76位)*エンディングテーマ ONE MORE CHANCEも歌っている。
5. 遠い日のメロディー(オリコン178位)
6. 青い鳥(オリコン173位)
7. Birthday(『タイガアドベンチャー』主題歌(後期)、『リング0~バースデイ~』イメージソング、オリコン200位圏外)
高橋克典with仲間由紀恵「愛してる」(オリコン30位)
仲間由紀恵 with ダウンローズ
2006年1月31日よりauテレビCMのイメージキャラクターとして結成された。着うたフル限定だったが、50万件以上という好アクセスのため2006年3月15日に2か月限定でCD化された。
CMキャラクター名義にてオリコンシングルチャートでTOP10入りするのは、牛若丸三郎太(時任三郎・楽曲「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」)以来16年振りの快挙。
携帯電話の着うたフルでのデビューは史上初とされているが、昨年6月に河村隆一率いるユニットTourbillonが先行着うた配信という形で着うたデビューを果たしている。
1. 「恋のダウンロード」(音楽ダウンロードサイトMoraで最高3位、オリコン初登場8位)
2. 「恋は無期限」(2006年7月21日に着うた配信、同年8月1日に着うたフル配信限定でリリース)
上記を最後に解散。
アルバム
遠い日のメロディー(オリコン49位)
写真集
Pastel (近代映画社)
SADA‐KO in「リング0」―仲間由紀恵写真集 (角川書店)
20th (集英社)
digi+KISHIN DVD 仲間由紀恵 (ポニーキャニオン)
関連項目
ICOCA
西日本旅客鉄道
KDDI (au)
NHK
テレビ朝日
日本テレビ放送網
日本の声優一覧
ロッテ
アサヒ飲料
武田薬品工業
ダイハツ工業
資生堂
日本の女優一覧
日清食品
JA共済
松下電工
外部リンク
所属事務所(プロダクション尾木)による公式プロフィール
ソニー・ミュージックエンタテインメント-アーティスト紹介 WIKIより


仲間由紀恵/digi+KISHIN DVD
¥3,213

トリック -劇場版2- 超完全版
¥5,132
Amazon.co.jp

東京湾景 DVD-BOX
¥16,400
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 功名が辻 スペシャル DVD-BOX
¥8,570
Amazon.co.jp