上村雅史 | Official Blog | Short Hope

上村雅史 | Official Blog | Short Hope

ブログの説明を入力します。

イカシタ年といきましょう★


I Love Babies🌹





◆🌹◆🌹◆Merry★Christmas◆🌹◆🌹◆







皆んなに素敵な夜が訪れますように🌹






マイクを磨き



スーツを並べ



エナメルシューズにグリースを



久しぶりに高ぶるLIVE前夜



暴れる風



やはり泣き出した夜空



麒麟



今年、そして令和一発目のLIVE



ようやく



そしてまたステージに立てる事を嬉しく思います



忙しい合間を縫って



俺等に付き合ってくれたYASSさん



20年前



La.mamaで対バン



CLACK-NASH



想えば麒麟に喋りかけてくれたのは



YASSさんが初めて



バンドは同期だが先輩でもあります



とにかく



ギターボーカルで両立をして



これだけ歌える人はなかなかいない



大半はどちらかに偏りがちですが



今回はギターとしてサポートを



そんなイカシタYASSさんを迎えての



一夜編成の麒麟



激しく



そして楽しく



熱い熱いステージに



タケバンpresents



年に一度のロックロールパーティー



先輩ばかりの豪華なメンツ




麒麟



ロフトの夜に火を



明日は初っ端からRush & Roll★



野郎は一張羅を背負い込み



レディーはピンヒールステップで



ok, 二度とない夜を踊りましょうか🌹





ゴールデンウィーク



皆んなはイカシタ休日を過ごしていますでしょうか?



久しぶりのブログ



最近はFacebookInstagramに移行しつつありますが



ビッとキメるのはやはりブログになるのでしょうか



今日で平成という時代が終わりを告げ



令和という新しい幕が上がります



余り意識はしてませんでしたが



平成という一つの時代を最初から最後まで生きた事は



自分の人生を刻んだ事実



少し想いに浸りつつ



雨音の中



過去の音源を流しながら





麒麟


先日、ストリーミング配信を開始しました


LINE MUSIC

Apple Music

AMAZON MUSIC

Spotify



沢山の方に麒麟の曲を聴いて貰えるのは嬉しい限り



面白いのは



どの曲が主に聴かれているかが分かる事



意外にもシングルカットや代表曲より



LIVEなどでほとんど演った事がない

陽の当たらない様な曲ばかりが上位を占めている



作り手側として嬉しい限りです



マニアックと言われる曲ほど



バンドの真髄があったりします



曲を作る友人と良く話になるのが



大抵、狙った曲に余り陽が当たらなく



こんな曲を作ってみた



という曲がフラッシュを浴びまくる



沁みるぜその話ってところでしょうか笑



どの曲もメンバーそれぞれが



愛とコダワリを貫き作り上げたナンバーですが



個人的にこの曲が好きだ



というのはそれぞれあると思います



ストリーミングでは



睡蓮やMiss BLUE、楽園など



やはりバラードがよく聴かれている



これはたまらなく嬉しいネ



バラードが良くないバンドはダメだ



というのが俺のポリシーです



そして意外にもエロティックなナンバー



Forbidden CaressDiabolos

極悪蝶など



艶を求めて創り上げた曲が好まれている



これも嬉しいネ



麒麟の艶に身を任せ



抱かれてくださいませ



総てのナンバーを



より大切に歌っていきたいと



色んな表情の麒麟が有りますが



少しでも胸に爪痕が残せたら



それが俺等にとっては最高です




最後の夜は粋な計らい



雨が踊るSwingin' in the Rain



平成型の麒麟は今日で幕を閉じますが



令和型の麒麟で



より皆んなの胸に



爪痕を残せるナンバーやLIVE



魅せていきたいと思います🌹



正月は歌いまくった



上村一族は超がつく程の歌好き



平成最後の年を迎えるというのに



年越しはカラオケボックス



こんな年越しがあるだろうか笑



兄貴の「木蓮の涙」Aメロで年を越えてしまったよ笑



車、単車、そして歌



上村一族の血を色濃く受け継いでいるのが俺だろう



親父はオーディオマニアでもあり



部屋にはマニアックな一品からブランドものまでズラリと



カラオケのキーまで変えられる始末



もはやレコーディングルームと化している笑



フラメンコギターを嗜む親父は



歌やギターをRecしているらしい



その歳で未だに美声は衰えず



イイ声で歌います




この人を歌ってくれないか?




と渡された歌詞カードは



石原裕次郎



その場で曲を覚え



いきなりレコーディング



石原裕次郎は素晴らしい声をしている



上手い下手の次元ではなく



あの人しか出せない独特の雰囲気



そしてリズム、崩し、抑揚、歌い回し



so…歌い回しが命の人



ジャンルを問わず



裕次郎の曲を聴けば



その人が歌が上手いかどうか2秒で分かる



歌唱力を丸裸にされると言った方が正しいでしょうか



そして裕次郎を歌っているうちに



歌い回しや語尾の抜き方



地声と裏声の境目の出し方



ふと、誰かに似ているなと...



So…エルビスプレスリー



裕次郎はプレスリーが好きだったんだろうと



俺の勝手な想像ですが



多分間違いないネ



演歌やムード歌謡をオヤジ臭いと感じる人もいるかもですが



そこには渋さと奥深さの境地がある



カッコイイってやつだ



代表的な北の旅人やブランデーグラス



夜霧や粋な別れも良いが



「時間よお前は...」



この曲が最高



男、沁みます



燻し銀


歌い歌わされ過ぎていった正月



歌い手の俺としては練習にもなり



願ってもない正月



そして



何気に親父の部屋に飾ってあるもの



コレをみると



ビッと身が引き締まります



仕事や人間関係



そして夢



上手くいかない事など多々ある事でしょうが



総ては自分のせい



他人のせいにしている内は



まだまだ半ヘル小僧よ



敵はいつでも自分自身



2019年



俺自身



そして麒麟



さぁ、ビッといきましょうか🌹



ok, 
さよなら 今このひと時
さよなら 今日という一日

タバコをかかとで もみ消し
ふりむけば 夢のかけらよ