一穴入魂ブログ



猛暑が続きます。

今夜の予報は、雨。
また梅雨が、戻って来たかのようです。

昼休みは、みと肛門クリニックの近く、茨城県庁2階の食堂で、ランチを。



日替わりの魚料理は「サバの味噌煮」。
149kcal ¥230.

脂肪分は、四ツ足より魚から。
焼き魚より煮魚。
迷ったら、低温調理を選びます。

小鉢3品は、野菜を中心に選びました。

【小松菜の煮浸し】
28kcal ¥90.
緑色を忘れずに取り入れましょう。
油揚げが入っています。



【山芋とろろ】
33kcal ¥100.
イモ類は、なかなか生では食べられないもの。
「大根おろし」とともに、トロロもまた、消化酵素アミラーゼがたっぷり。

焼かずに、頂きます。

ネバネバ系を、1日一度は、摂りたいところです。



【豆のサラダ】
マヨネーズ和え
コンニャク にんじん入り。
86kcal ¥90.

色々な種類の豆が入っています。
少量多種ですね。

一般に、イモ類は、糖質が多め。
でもコンニャクだけは例外で、かつ、食物せんいも摂れます。


メインにサバ味噌を選んだので、お椀は、味噌汁ではなく、スープを選びました。
これも、少量多種の原則に従います。

【たまごスープ】
けっこう野菜も沈んでいます。
38kcal ¥70.

七味を振りかけました。

以上5品で、合計¥580.

魚料理が加わると、さすがにワンコインでは、すみませんね。


持参した物
①生たまご2個
②豆乳
③味付け海苔
④カツオ節

白米を抜いた時は、代わりにタンパク質を増やします。

味付け海苔は、砂糖と食塩が使われている事が多く、本来は、焼き海苔がおすすめ。

かつお節は、発酵食品として「本枯節」を選びます。

豆乳は、砂糖や食塩が入っていない「無調整」を。


これだけでは、食物せんいが足りません。
外食の際には、サプリも重宝します。


最後に、お茶を、おかわりして、熱中症の予防に。
粉茶なら、粉も残さずに。

【今日のポイント】
⑴低温調理
⑵脂肪分は、四ツ足より魚から。
⑶少量多種が原則
⑷糖質が少ない時は、タンパク質を増やす。
⑸食物せんいを意識して。

【今日の食べ順】
⑴お茶で、クチュクチュうがい。
⑵小松菜、味付け海苔(食物せんい)
⑶豆乳(タンパク質)
⑷スープ、生玉子(タンパク質)
⑸サバ味噌、カツオ節(脂質とタンパク質)
⑹山芋、豆サラダ(糖質と食物せんい)
⑺お茶(水分補給と口内リセット)

さて、お腹も八分目。
降り出さないうちに、クリニックに戻る事にしましょう。


医師  菊田 信一
川﨑病院 (茨城県 日立市) 肛門科
みと肛門クリニック(水戸市)