アジ・サバ爆釣 三崎冬の陣 | 磯人の釣り釣れ報告

磯人の釣り釣れ報告

マダイ・イサキを釣りたいな  ---カゴ師の磯釣りてん末記---


テーマ:

平成221218日 中潮 旧13日 晴れ

 久しぶりにいい天気に恵まれた今回はOguさん、MAKOさんと3人での釣行です。MAKOさんは家内大本営の命令により半夜で、Oguさんと私は通しの予定で出陣です。

 天気予報では波はのち1m、風は治まるとのことでしたが、さすがに“風の谷のオオイワ”、北からの風が谷を強く吹き抜けてきます。昼釣り客を回収してきた光進丸が港に戻ってきました。私たちは釣り道具を積み込み、大アジ・大サバが好調なウシノハエへ向かいます。


磯人の釣り釣れ報告-入船

 1420分に上磯、最近好釣が続いている磯だけあって、磯上はゴミだらけ、星遊会則に基づきまず磯掃除です。釣り針・ハリス・道糸・ナイロン袋・缶・乾電池・・・、あまりの多さに閉口してしまいました。掃除に20分を費やし、竿を出した時には15時を過ぎていました。


磯人の釣り釣れ報告-同行者

 満潮前の満ち潮が残っていて、釣り座から南方を見ると潮目が続いています。童子方向(東)・岬方向(西)は雲ひとつなく、十三夜の月が出た最高の天気です。ただ、相変わらず風が強い・・・。


磯人の釣り釣れ報告-童子方向   磯人の釣り釣れ報告-岬方向

 仕掛けをセットし、順次釣り開始です。しかし3人ともウキに反応がないままサシ餌がなくなっています。海中はエサ取りだらけのようです。

 ここは“Oguさんバエ”、エサ取り猛攻の中、まずOguさんのウキが入りました。3号竿で引きを楽しみながら釣り上げたのは36cmのイサギでした。続けて私のウキが突然入りました。適度な引きをしています。磯際まできた魚も良型のイサギ、抜き上げようとした途端に“口切れ”のバラシです。やってしまいました。

 1650分、私に二度目のウキ入れです。風に流され道糸が大きく右へ膨らんでいて、アワセをうまく入れられませんでした。がこれが良かったのでしょうか、針を飲み込んでいましたが、釣れたのは37cmのイサギでした。


磯人の釣り釣れ報告-イサギ

 この後、MOKOさんにもアタリ、小型ながらイサギが釣れました。落陽前の満ち潮でもう少しイサギを稼いでおきたかったのですが、ここまででした。


磯人の釣り釣れ報告-入日

 そろそろケミホタルを装着しようかと思っていた1717分、仕掛けの投入ミスで近場を漂っていた私のウキが沈みました。根がかりかと思いつつ道糸を張ってみると生体反応があります。難なく抜き上げたのは星遊会T顧問がもっとも得意とする30cmの真鯛でした。顧問に敬意を表して、恥ずかしながらキープです。


磯人の釣り釣れ報告-小鯛

 真鯛をシメて一息ついていたらOguさんからの突然の叫び声です。

「来た!こいつは大きいです。鯛なら80オーバーです。」

3号竿に5号ハリスを付けているとのことですが、強烈な引きに顔をゆがませながら、少しずつリールを巻いています。MAKOさんも心配そうに見守っています。


磯人の釣り釣れ報告-Oguさん耐える

 磯近くに引き寄せてくると横走りするようになりました。以前に星遊会顧問がこの磯でシマアジを釣ったことが私の頭を過ぎりました。青白い魚影はやや長め、1725分、玉あみですくい上げた魚は65cmのハマチでした。Oguさんにとって青物新記録です。


磯人の釣り釣れ報告-Oguさんヒット

 入れ食いと聞いていた大アジがなかなか釣れません。満ち潮はかすかに残っています。それらしいアタリが出たのはMAKOさんでした。ウキが入り、魚が抵抗しているとのこと、しかし残念なことに口切れです。アジだったのでしょう。続けてOguさんにヒット、丁寧に寄せて磯上へ抜き上げたのは35cm超の岬アジでした。

 その後、Oguさん、MAKOさんに良型のアジのヒットが続きます。やっと私にきたのは1747分でした。ちょっと下品な引きをしています。『まさかヤズ?』そんな不安をかき消してくれたのは45cmのサバでした。


磯人の釣り釣れ報告-大サバ1

 アジ・サバは潮の止まった磯前のどこに仕掛けを投げ込んでも食ってきます。大きいアジは40cm級です。アタリがあっても大アジの50%は口切れでバラしてしまいます。サバはあたれば釣り上げまで持ち込めますが、抜き上げには一苦労です。


磯人の釣り釣れ報告-大サバ2

 Oguさんは、仕掛けの投入ポイントやアジが食いついてからの対処をMAKOさんにアドバイスしています。MAKOさんも40cmの岬アジを釣り上げました。


磯人の釣り釣れ報告-大アジ

 18時過ぎに引き潮が出始めました。Oguさんが痛恨の4連続バラシ、すべて大アジでしょう。でもサバは確実に取り込んでいきます。私も屈辱の4連続バラシ、アワセを遅らせ、しっかり針を飲み込ませたつもりでもダメです。12号針でやっていたのですが、針がかりを良くするために13号針に交換してみました。でもこれは逆効果だったようです。Oguさんの提案を受け、11号針に落としてみました。するとアジが針を飲み込んでしまいますが、釣り上げ効率は良くなりました。

 MAKOさんは当初から半夜予定で、家族の分、友人の分とキープできた時点で納竿、余裕の見物です。Oguさんもハマチ・イサギ・アジ40cm2匹(バラシ多数)・サバ40cm級6枚を釣り、クーラーはほぼ満タン状態となっています。


磯人の釣り釣れ報告-Oクーラー  Oguさんのクーラー

 月は天空に煌々と輝き、北風も治まってきました。当初は通しの夜釣りを計画していた私とOguさんですが、バラシが多いながらも、釣りは堪能できました。資源保護のため、半夜で切り上げることにしました。私もイサギと小鯛各1匹・アジ35cm41cmを8匹(バラシ多数)、サバ40cm49cmを3匹釣っていました。


磯人の釣り釣れ報告-Fクーラー

 2035分、渡船は港を出て、他の半夜組の回収に向かっています。急いで道具を収納して、周辺のゴミを拾い、着船を待ちました。そして帰港したのは21時前だったと思います。港でMAKOさん持参の湯沸し器で湯を沸かし、コーヒーをいただきました。気温はかなり下がっていました。冷えた身体に暖かいコーヒーはありがたかったです。


磯人の釣り釣れ報告-大サバ3兄弟   磯人の釣り釣れ報告-全アジ

 深夜の帰宅となったのですが、サバの鮮度を保つために、自宅で内臓処理だけして寝床につきました。もちろん翌日の夕食で食べたシメサバの味は最高でした。


磯人の釣り釣れ報告-オール

 今年1年、安全で楽しい釣りを与えてくださった海神様と、手のひらの上で好き放題をさせてくださった奥様に感謝しつつ、新年に向けて愛竿の手入れをする私でした。

OSAKANAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス