フリルとリボンとロードバイク

趣味は編み物(@kikunomari)のインドア筆頭の私が、
「弱虫ペダル」に心奪われ、ロードバイクを始めました。
スニーカーもズボンも持ってない、マイナスからのロードバイク日記です。
twitter(@kikunomariroad)も、よろしくお願いします♪


テーマ:

こんにちわ、キクノマリです。


引き続き、骨伝導ヘッドホンのモニター記事を書きたいと思います。



突然ですが、


そもそも「骨伝導」ってなんでしょう。


実は、私が大学で少し勉強してた分野でもあるんです。



まず、音の聞こえ方には二種類あります。


「気導聴力」と「骨導聴力」です。



「気導聴力」…耳の穴→鼓膜→聞こえの器官→聴神経→脳


耳は、音のほとんどをこれで聞いてます。


耳をふさぐと、聞こえません。


イヤホンは、この気導聴力を利用してます。


加えて、イヤホンつけると耳の穴がふさがるので、他の音がほぼ聞こえません。



「骨導聴力」…頭蓋骨→聞こえの器官→聴神経→脳


音による頭蓋骨の振動が、ダイレクトに伝わって聞こえます。


歯をカチカチいわせたり、頭をたたく音が大きく聞こえるのはこの仕組みのせい。


耳をふさいでも大きい音はうっすら聞こえるのは、骨導聴力で聞いてるからです。



で、本題ですが、


「骨伝導ヘッドホン」は、この「骨導聴力」を利用してます。


つまり、イヤホンのように耳の穴から空気に音を乗せて鼓膜を震わすのではなく、


直接、頭蓋骨を震わせるのです。



…なんかコワイ?ww



骨導聴力検査っていうものがかなりの技術がいるのを知っていたので、


最初にケータイかなんかで「骨伝導」が出てきたときはビックリしたもんです。



ということで、骨伝導ヘッドホン「CODEO」の形はこんな感じです。


IMG_2877.JPG


音の出る部分を、耳の穴に突っ込むのではなくて、


頭蓋骨(正確には耳の前の頬骨の上部らへん)に当てます。


IMG_2864.jpg

こんな感じです。


説明書を撮ったものなので、見にくいかな?


商品サイトからの画像も貼っておきます。


IMG_2879.png

この黒い部分が直接触れてればいいわけなので、


IMG_2878.png


こんな風に、ぼうしの上から付けても問題なしです。


…ヘルメットだとどうなるかな?



ただ、骨に振動を伝えるため、結構密着させないといけないから、


挟まれてる感があるし、


イヤホンのようにフワフワカバーとかも付けられません。


機械部分もあるので、イヤホン単体に比べたら重いし。



でも、耳の形がおかしくて、いっつもイヤホンしてたら痛くなる私にとって、


こっちの方が断然快適です。


慣れてきたら、挟まれてる感も薄らいできます。



なにより、耳の穴をふさがない!!


これすごい!!


だって、「気導聴力」は死んでないわけですよね!


ううー、楽しみ!



ということで、「音楽」を聞いてみました♪


(つづく)






(商品販売ページはこちらです。↓

セールやってるみたいですよ!

http://shopping.geocities.jp/ncd-style-b/





↓よかったらクリックしてください♪


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

キクノマリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。