こんな問題も起こる・・・ | 広島市南区の東洋医学専門鍼灸院  菊一堂鍼灸院

広島市南区の東洋医学専門鍼灸院  菊一堂鍼灸院

現代医学とはまったく違う、
別次元の可能性が東洋医学にはある。
病院の治療では納得していないあなたに、
新しい可能性をご提供いたします。


技術発展
人の幸せつながらないこともある。






いや、
今日の話で言ゃぁ


むしろ
人を不幸に陥れたんかもしれん・・・





今や
不妊治療
当たり前のことになってきました。



そのこと自体を
否定するつもりは
まったくありませんし、


事実、
妊娠しづらかったカップルが
その恩恵を受けて


子宝に恵まれとるんですから
えぇ側面は確実にあると思います。







そんな不妊治療技術
気を抜いとったら
置いてかれるくらいの勢いで
日進月歩、発展しております。






凍結保存中だった受精卵の
移植に同意していないのに、


別居中の元妻が
同意書に無断で署名し出産したとして、


男性が生まれた長女との間に
親子関係がないことの確認を求めた


訴訟の判決で、
大阪家裁は、請求を退けた。



結婚中に
妻が妊娠した場合は
夫の子と推定すると定めた
民法の『嫡出推定』が及ぶとし、


法律上の親子関係は
否定できないと判断した。

共同通信社より抜粋








この男性と女性は
不妊治療を始めた時に
体外受精に同意していたものの、


まだ子どもを授かる前に
別居していたそうなんです。



その間に
女性が男性側の意向を確認せず、


移植同意書の
男性が記入するハズの署名欄に
男性の名前を署名して受精卵を移植。



長女を出産した後に
お二人は協議離婚されたそうです。





お二人の夫婦関係に
何があったかは分かりません。



それはそれとして
いちばん問題じゃと思うんは


この世に生を受けた長女さんは
お父さんである男性から
おそらく愛されてない・・・ってこと。







受精卵
しばらくの間凍結保存でき
妊娠・出産に至る技術が存在したゆえに


こういうことが
起きたとは言えないでしょうか???





言葉が不適切であれば
申し訳ないんですが・・・



この社会には
様々な理由があって


お父さんのおらん子ども。

お母さんのおらん子ども。



そういう子どもがいます。





また
お父さんもお母さんも
法的にはおったとしても


親から愛されとらん
子どもさんってのもいます。





様々な事情があって
そういうお子さんが実際におる。。。



それは
非常に悲しいよね・・・



できることなら
この世に生まれてきてくれた子どもは
みんな愛されて育っていって欲しい・・・





まぁ
それは理想論かもしれんけど。





でも、
今回のケースは


生まれる前から
こうなる可能性が
十分に考えられるのに


技術を利用して
不自然過ぎる形で
生まれてきてくれた。。。





どうだったんでしょうね・・・



他所様の夫婦関係にまで
口を出すことはできませんが、


お母さんは
我が子を幸せにする!
って心に決めとるんでしょうが、


今回のケースのように
親から愛されないことが
事前に想定されるケースで


『それでも私は産む・・・』ってのは
親のエゴみたいに感じる面もあって・・・



生まれてきてくれる
子ども幸せ
もっと考えて欲しいな・・・と。





病院で良くなる病気は病院で!



現代西洋医学とは異なる見立ての 東洋医学 には、

これまでとは違う、新しい可能性があります。


 




菊一堂鍼灸院 では、

 これだけ科学的に発達した現代西洋医学でも

 解決の方法のないつらい症状を持つあなたに


 


これまでとは違う

新しい可能性 提供できる場所になりたい。

そうして、健幸な人生を楽しんでもらいたい。


 


そう思って日々精進いたします。


 




病院の治療で困ったときこそ、

頼っていただきたい






伝統を重んじた、古くさい治療方法かもしれませんが、

現代西洋医学が医学界を席巻するこの時代にも

生き残っている 東洋医学 には 理由 があります。





お気軽にご相談下さい!!




    くわしくはこちらからポチッと





予約優先 で鍼療しております。

ご相談・ご質問などがございましたら、

お電話などでご連絡下さい。



     TEL:082-262-9522

     FAX:082-262-0150




   菊一堂鍼灸院のホームページ



      ペタしてね