仙台市にある菊地智子ピアノ教室です




今日は教室から

とても大切なお知らせをしなければなりません



私は仙台で生まれてこの28年間

ピアノ教室をしてきました



その間結婚、育児をしながら

生徒さんが増えて何人もの先生方のお力を借りて

レッスンをしてきました


バイオリン教室は10年間行いました



そして2019年が終わるこのタイミングで

私の想いの詰まった教室を閉鎖する事になりました



私のこれまでの生き方に終止符を打ったのは

子供たちでした


息子は難病にかかり治療を続けてきました


ですが、原因不明と言われる難病が

大阪の出会ったお医者さんに

もう少しで完治すると言われました


そして

高校受験を控えている娘は

もっと自由に羽ばたきたいと


一般受験は選択しませんでした



この2人を見ていて

私の食生活の見直しと

本来の人間に戻るためには

今の生活を送っていては

いけないのだと感じました



生きるためには


水道水を飲み、農薬だらけの野菜、米、


農家さんは出荷するものは農薬を使いますが

自分たちが食べる分は

農薬を撒きませんから


そんな命にかかわることのお勉強が

息子を通して始まりました



大阪に毎月通っていく度に

土地のエネルギーの違いが大きく分かりました


人にとって

その土地が合う合わないがあります


私は間違いなく仙台ではありませんでした


これは地元を出てみないと分からないことだと思います





一旦指導という仕事から

離れてしまいますが

大切な子供たちのために

母として何ができるのか

人間として大切なこと



勉強でしょうか?

学校で優等生なら安心なのでしょうか?

大人の言うことをきくのがいいのでしょうか?

障害があったらいけないのでしょうか?

大人社会の都合のいい子どもは死んでいます


本来子どもは楽しいことしかやりません


それを応援するのが

親の務めです


親はなんでも知っている

純粋無垢な子どものやる事に

応援するのが

親です


親が指示をしてはいけません



生徒たちからそんな姿を見せられて

私は学びました


我が子からも学びました



今では教室閉鎖は寂しいですが

子どもたちから受け取った

学びから

私は第二の菊地智子として

生まれ変わります



またピアノ講師としてブログ発信していきますが

閉鎖後もこのブログで色んなことを

伝えていきたいと思っていますので

これからもお付き合いください