先週の話ですが、ケイミュー施工事例コンテスト2019(審査員長:竹原義二氏)において、部門賞の受賞が決まったと連絡を貰いました。

なんと6年連続の入賞となります。

何か賄賂でも送っているんじゃないかとか思われるかもしれませんが、

もちろん何もしてません笑

むしろこんなヘンピな場所の会社に受賞させて、表彰式に招待するための飛行機代、前泊のホテル代など、

主催者様側の負担が増えてしまうのではないかと気の毒な位です。

 

優秀賞(準大賞)などをもらった事もありましたが、今年は部門賞。

今年は優秀賞がなく、各部門賞が最優秀賞に次ぐ賞となります。

弊社は6年ともガルバリウム鋼板外装材を使用しての入賞となりました。

 

白い部分は金属サイディング

木の部分は杉板+ウッドロングエコ

 

「南北2本の道路に挟まれた広大な敷地に建つ住宅。

配置計画にあたってはオープンなガレージを通じて南北それぞれの道路へ抜けられる事と、

既存の畑との有機的な繋がりを重視した。

津軽海峡からの強い風雪、厳しい寒さに耐えられるよう機能性を重視すると共に、

切妻屋根のベーシックな民家の姿を伝えるものとした。」

 

11月に神戸・相楽園で行われる表彰式に招待頂いています。