予算の話2

テーマ:

ずいぶん前に「予算の話1」というブログを書きましたが、


続編を書かぬまま2ヶ月あまり経ちました。


さて、


家造りというのは人生で一度経験するかしないかの事と思います。


そのため、ほとんどの人が家造りの初心者になります。


家造りにどの程度お金が掛かるのかについて分からない人や


間違った解釈をしている人が多くいるようです。


広告等では「坪あたり○○万円」とか見かけますので、


「うちは40坪くらい欲しいから○千○百万円くらいで建てられそうかな」


などと安易に考えられている事が非常に多いのです。


ちなみに、住宅金融支援機構(元・住宅金融公庫)のデータ(平成19年)によると


注文住宅の床面積の全国平均は 140㎡(約42坪)。


注文住宅の住宅価格(工事費)の全国平均は 2959万円。


床面積平均を工事費平均で割ると面積あたりの工事価格の参考値が出てきます。


全国平均(参考値)では床面積1坪あたりの工事価格は約70万円ということになります。


もちろん、上の数字は全国平均ですから、青森県はもっと安い数字になっています。



注文住宅の床面積の青森県平均は 146.8㎡(約44坪)。


注文住宅の住宅価格(工事費)の青森県平均は 2583万円。


青森県の平均(参考値)では床面積1坪あたりの工事価格は約59万円ということになります。

 

恐らく、日頃ご覧になっている広告には『坪60万円』とうたっているものはないでしょう。


ですが、この平均はそれら坪○○万円をうたっている会社も全て含めた数字なのです。


住宅の工事価格は床面積のほかに建物形状、住宅の仕様、設備で大きく上下し、


また明確な表示のルールもないため、『床面積あたりの工事価格』でなく、


建物本体より安い、外部ポーチやバルコニーの面積を含めた『施工面積あたりの工事価格』


として広告する会社もあります。また、そうでない会社であっても、床面積に算入されない外部ポーチや


バルコニーなどは標準坪単価とは通常別途計算する事になります。


また、断熱仕様のグレードアップやオール電化、浄化槽や外部電気工事、諸経費などを別途にする事で


見かけの坪単価をグッと下げる事ができます。


そのため『標準坪単価○○万円』と広告でうたっている会社でも、


平均が示す通り床面積が44坪で総額2500万円、


あるいはそれ以上になってしまう事が普通にあるのです。


(そうでないと青森県の平均が坪あたり59万円にならないでしょう)


最初に言った通り、家造りについては皆、初心者です。


見かけで安そうなところに相談したいというのは当然の心理と思います。


ちゃんと相談すれば、広告の坪単価というはあまり大きな意味を持たない事が分かってくるのですが、


相談に行ってそれが分かる頃には「図面を描いて、ある程度仕様を決めないと価格は出ませんよ」


と言われて、既に営業マンの術中にはまってしまっています。


(でも図面描いてある程度の仕様を決めないと値段が分からないのは本当の事です。)


予算の話3に続く


クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

社寺建築・省エネ住宅・リフォーム・不動産。 株式会社菊池組のホームページはコチラ

                       菊池組スタッフ日記-KIKUCHIロゴ


    人気ブログランキングに参加中!ポチっと押して頂けると大変励みになります。

        にほんブログ村 住まいブログへ   にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森 その他の街情報へ   にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ むつ情報へ