気功呼吸法(具体的なやり方) | 気功はまだやるな。

気功はまだやるな。

気功は特殊能力ではありません。鍛練も必要ありません。左回り渦エネルギーで「辛い。」「ついてない。」そんな悩みがたちまち解消します。


テーマ:
まず、目の使い方を意識してください。


今度は、どうやって、鼻呼吸をするのか、具体的に書いていきます。


目を閉じ、右前方斜め上を1点注視します。これにより※1.変性意識状態に入りやすくなります。



まず、空気(気)を8秒かけてゆっくりと鼻から吐き出します




このとき、おなかをへこましていってください。


体の中の悪いものが出てゆくイメージをしてください。
よくわからない場合は灰色や茶色の空気が出てゆくイメージをします。


次に、口を閉じ、鼻から8秒間、ゆっくりと、息を吸ってください





息を吸うと、通常、胸が膨らんでいきます。(胸式呼吸)

が、
この呼吸法では、

おなかをふくらましていきます。(腹式呼吸)


宇宙からのエネルギーが入ってくるイメージをしてください。


よくわからない場合はピンク色の空気を吸い込むイメージをします。

吸い込んだ空気は、鼻の中ので浄化されています。

その空気(気)がおへその下5cmくらいのところ(下丹田といいます)に、

溜め込まれるイメージをしてください。




そして、最後に呼吸を8秒間止めます





このときイメージするのは、宇宙と一体化しているイメージをすること。

よくわからない場合は、プラネタリウムの中に自分がいることにしてみてください。

これを3回程度繰り返します。


リラックスできて、気持ちがいいと感じられたら、うまく呼吸ができた証拠です。

気が体中に充満しています。

慣れれば、難しいことではありません。

しかし、1つ注意が必要です。

目の位置・イメージ・おなかのへこまし方・膨らまし方・下丹田そして8秒間という時間を

意識しすぎないこと。

本当は無意識のうちにできるのが理想ですが、最初はなかなかそうもうまくできません。

逆に意識しすぎてしまうと、ストレスがたまってしまいます。

頭の中で、1・2・3~なんて唱えず、リラックスして挑戦して見ましょう。

そのうち、きっとうまくできるようになります。(‐^▽^‐)



さらに、第3の眼を開くには・・・。

誰でも簡単にできる気功を伝授します。 岩瀬靖二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス