おはようございます晴れ

初心に帰リブログを書く氣功整体師の岩瀬ですお父さん

 

朝から寝ぼけているのではありません!?

私日々氣功治癒(施療)しているのは脳内で・・・と言っております。

 

そう、私の治療室は『脳内治療室』と称しています。

誰もが、(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!。。。馬鹿なこと言っているんじゃない~ょと言うでしょう。

そんなことが出来るはずがないと言うでしょう。

 

■下記が脳内治療室の想像図

 

 

しかし、しかしである。私は自分の脳内で相手方(患者さん)の治癒(施療)しているのです。

ここで強調したいのは、一般的に言う『治療・施療・施術』ではありません。

私の実践しているのは『治癒』です。

 

治癒???、そう治癒なんです。

いやいや正確には『自癒』です。。。これが出来るのが脳内治療室なのです。

なぁ~ぜ??。。。『自癒』とは、自分で癒すことです。

 

その自分で癒す(治す)、その術(すべ)は脳内にあるのです。

その術(すべ)とは、『自然治癒力』のことです。

 

私は、相手方(患者さん)を看取るとき、この自然治癒力の力で看取ります。

更に言うならば、私は、相手方の諸症状はすべてを自然治癒力(脳内)に有ると看取る合格

 

故に、私は自分の自然治癒力(脳内)という術(すべ)を持って、相手方(患者さん)の自然治癒力(脳内)に出張治療に行くのです。

いやいや、相手方(患者さん)に自然治癒力(脳内)の諸症状(すべ)を持って来てもらうのです。

 

そこに無言のカルテが存在するのです。いや、作成されるのです。

とかく、施療者は自分なりきのカルテ(すべ)を作成して施療を行っている傾向が大、大です。

 

相手方のその日のカルテ(施療のすべ・諸症状)は、相手方(患者さん)の自然治癒力(脳内)にあるのです。

 

故に、それを看取れるのは施療者の自然治癒力(脳内)のみなのです。

従って、脳内治療室での治癒(施療)が必要大,大なのです。少し説明不足かな。。。??

 

最後まで読んでいただき有り難うございました虹

 

http://kikoushi.com/archives/1668

↑5月より新企画・・・東京鷺ノ宮セミナー会場での

氣功教室&施療開始のお知らせ。