夢は夜開く・・・血圧は朝開く?・・・いゃいゃ上昇する | 気(左回り渦エネルギー)で脳波をコントロールする気功整体師のブログ

気(左回り渦エネルギー)で脳波をコントロールする気功整体師のブログ

30年の臨床で培った技法(ことだま氣功)で秒速即効で根本原因を探求&解決する 
  
『本気で良くなりたい人・楽になりたい人』。。。この指とまれ

『独自の精神氣功整体専門』・・・無氣力・無感動・無関心を改善する『精神氣療』


テーマ:

おはようございます。

ブログにお立ち寄り有難うございます。

私の脳内にある小宇宙の氣(炁)をあなたの心・体・魂に届けします。

 

新しい年が明けて早や10日・・・一年の計は『元旦』にありと同様に一日の計は『朝』にあり、

血圧は朝方上昇し、夜は下がるというサイクルがあります。

その仕組みを知ると、血圧に良い朝の過ごし方が見えてきます。
血圧は一日の中で大きく変動しています・・・40代では3人に1人、60歳以上では2人に1
人が高血圧といわれる日本。文字通りの血圧大国です。

健康診断で血圧が正常値だったからといって、安心はできません。血圧は、ささいな心
の動きや生活動作によって上下する不安定なもの。

健康診断の時、たまたま血圧が低かっただけかもしれないのです。一般的に血圧は、朝
方から上昇し、夜下がる傾向にあります。

その鍵となるのが、交感神経と副交感神経です。どちらも内臓や血管、体温を調整する
神経で、お互いに相反する働きをして体のバランスをとっております。
 

一般に、日中は交感神経が活発に働き、夜間は副交感神経が活発になり、
交感神経が活発になると心臓の拍動が促進され血管が収縮するので、血圧が上昇するとい
うわけです。

そこで心掛けたいたいのが血圧が上がり始める朝の過ごし方。交感神経のスイッチが入る
朝の血圧上昇を緩やかにすれば、一日の平均的な血圧は安定しやすい傾向にあります。

急激に身体を目覚めさせると血圧を上昇させる要因となるので、起き上がる前に軽い体操
をするのです。その体操とは、寝たまま下半身(脚)伸ばしです。

先ず始めに右脚全体を足先(指先)方向に伸ばし(背伸びする様な感じ)、その状態で伸ばし

ている脚をスートンと床に落とします。これを2~3回繰り返します。次に、左の脚全体を
同様に1回のみ行います。絶対に1回のみのして下さい。

これは、ふくらはぎは第二の心臓と言われております。その第二の心臓としわれているふ
くらはぎを伸ばすことで心臓の動きをよくするためです。

どうして右脚なんですか・・・それは、心臓は身体の左側にあります。しかし、その左側
にある脚を伸ばす運動すると朝まだ目覚めていない心臓に負かがかかるからです。

右脚伸ばしすることで、心臓の働きを徐々に目覚めさせるために右脚からはじめます。
では、なぜ左脚は一回のみなんですか、本来は左脚はしない方がいいのですが、左右のバ
ランスを整えるためです。数多くやればいいってもんではありません。

この体操は腰痛体操にもなります。ただし、やり過ぎないように注意して下さい。

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

◇あなたも気功師になれる!
エナジーパワー

◆気功で整体
ほぐれーる

◇船橋の気功治療院「ほぐれーる」
お店のミカタ

◆あなたのなやみを改善します !
ほっと

◇脳活性気候療法ならこちら !
気功師ドットコム

 

 

 

 

 

 


 


 

脳気功整体師『岩瀬」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス