病は気から~思い込みじゃないのよ~ | 自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

癌や難病。現代医療に見放された方が最後に行きつくのが気功、ヒーリングです。
医者から治らない、治療法がないと言われても、自分自身の生命力を高めることが出来れば元気になります。

こんにちは、とおん気功院の嶋田なおです。

 

病は気からの思い込み
 

寒くなってきたこの頃は、空気も乾燥して喉がイガイガしたり、咳が出ることがありますよね。

でも咳だけじゃなく、くしゃみが続くと「あれ?もしかしてアタシ風邪ひいちゃったかな?」なんて思うことはありませんか?

 

そして「もしかして…」の次に、身体がだんだん怠くなって、微熱なんかも気が付いちゃったりしてね。

 

まさに「病は気から」って、こんな様子を想像しますよね。

 

 

「気」が表す3つの意味


でも実は「病は気から」の「気」の意味を考えると、もう1つの意味に気づくことが出来るのです。

「気」は空気に代表されるガス状のものを表す

「気」は電気などエネルギー的なものを示している

「気」は日本人の繊細な表現力が意味を増幅させる「心」を表す

 

 

病は氣(の変化)から

 

私たちの殆どは、「病は気から」という言葉の「気」の意味をこの3つ目の気持ちの意味だと思い込んでいるんですよね。

それで、病気になったのは、その人の心の持ち方次第、だから気合いで病気は何とかなる!

ごくまれに、気合いで治っちゃう人もいますけど・・・

でもね「気」は、気持ちだけじゃなく、私たちの身体を巡る「氣」エネルギーでもあることに目を向けると、「氣」が足りないと、元気が出ないし、たっぷりあれば元気に過ごせることに気が付きますよね!

 

だからね、「病は気から」で無理して頑張ればなんとかなる、というよりも、『病は氣(のエネルギーが足りない)から』と考えるほうが、不調の回復は格段に速くなるというわけですよね。

 

 

 

最後までお付合いありがとうございます(*´ω`*)

がん難病に遠隔医療気功 とおん気功院の嶋田なおでした。

 

もしも、あなたがこんな症状や状況で悩んでいたら・・・

・慢性的な症状で、頭痛や肩こり倦怠感にいつも悩んでいる
・睡眠不足や不定愁訴、ストレスや疲労感から抜け出せない。
・体調が気になるけど、なかなか病院へ行く時間が作れない
・治療期間が長引く症状で、免疫力を付けて元気で過ごしたい
・そもそも気功が初めてなので、まずは体験してみたい。
自分も変化を体験したい方はこちらから


ご予約、問合せのお電話は080-1277-2829  でお待ちています。

施術中など電話がつながらない場合はお問合せフォームをご利用くださいね!

 

LINEからのお問合せも大歓迎です♡

友だち追加

 

とおん気功院

☆営業時間 11時~19時
☆定休日  日曜日
☆住所  東京都板橋区徳丸3-3-12-102
☆携帯  080-1277-2829  


【 施術リストお問合せ気功体験ホームページ 】