もしも、元気玉が無くなったら? | 自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

癌や難病。現代医療に見放された方が最後に行きつくのが気功、ヒーリングです。
医者から治らない、治療法がないと言われても、自分自身の生命力を高めることが出来れば元気になります。

 

こんにちは、とおん気功院の嶋田なおです。

 

病気や疲労が起きるのは、元気な状態よりも「気」が不足した症状と東洋医学では考えています。

 

そして「気」は、私たちの身体が元気に過ごすためのエネルギーになるので、病気や疲労回復のためには、「気」を増やせば良いと思いますよね。

 

 

「気」の種類:先天の気と後天の気

 

じつは、私たちの身体のエネルギーになる「気」には二つの種類があったのです。

その一つは「先天の気」これは、人が生まれた時に持ち合わせた「気」でもう一つは、成長していく中で吸収出来る「後天の気」と言います。

この2つの「気」が常に十分に満ち足りていると、疲れや病気の症状に悩まされる事無く、元気で健康に過ごしていけます。


ところが!!ここで残念なお知らせです。

なんと「先天の気」は、この世に生まれ出た時が100%の満タン状態で、後は生きている限りドンドン減るだけなんです。

 

ひぃぃぃ~~!それじゃ、その「気」が無くなったら、どうなっちゃうの?

 

病気になるの?それとも、疲れがたまり放題のままになるの?

 

もしかして「気」が無くなった時が寿命という事??

 

そんなの、残念どころか怖い話じゃないですか!!
 

 

安心してください!「後天の気」がサポートしています!
 

「先天の気」は、ゼロになった=寿命が尽きた、の考えになりますすが、もう1つパートナーの「後天の気」は意識して補充していくことが出来るのです。

・呼吸して得る“天の気”
・食物から栄養を摂り消化して得る“地の気”

これらがが身体の中で混じりあってつくるもので養い育てることが出来るとされています。



後天の気を補充するなら

 

今の生活はとても便利で、食べ物はスーパーやコンビニでいつでも気軽に手に入りますよね。

いま旬の食べ物が何か気にすることも無く、竹の子と松茸や、いちごとパイナップルが一緒に食べられることに、何にも不思議だと感じないですもんね。

 

でもねぇ~旬の季節を想像してみると、竹の子は初夏だし、マツタケは秋、いちごは冬で、パイナップルは夏ですよね!

スーパーで無意識に食材を選んでいると、大地のパワーも期待が薄くなる場合がありそうじゃないですか・・・

 

「後天の気」を補充するためには、旬の食材を上手に利用して、食べ物から大地のエネルギーを頂くことを意識ひてみてくださいね。

 

image

 

もちろん自然の中へ出かけて、大自然のパワーを肌で感じるのも素敵ですよね。

そうそう、医療気功を受けるのも、凝縮した元気玉パワーが届きますので、たっぷり「後天の気」が溜まりますよ!

 

 

気功って効くの?の方は

 

 

最後までお付合いありがとうございます(*´ω`*)

がん難病に遠隔医療気功 とおん気功院の嶋田なおでした。

 

もしも、あなたがこんな症状や状況で悩んでいたら・・・

・慢性的な症状で、頭痛や肩こり倦怠感にいつも悩んでいる
・睡眠不足や不定愁訴、ストレスや疲労感から抜け出せない。
・体調が気になるけど、なかなか病院へ行く時間が作れない
・治療期間が長引く症状で、免疫力を付けて元気で過ごしたい
・そもそも気功が初めてなので、まずは体験してみたい。
自分も変化を体験したい方はこちらから


ご予約、問合せのお電話は080-1277-2829  でお待ちています。

施術中など電話がつながらない場合はお問合せフォームをご利用くださいね!

 

LINEからのお問合せも大歓迎です♡

友だち追加

 

とおん気功院

☆営業時間 11時~19時
☆定休日  日曜日
☆住所  東京都板橋区徳丸3-3-12-102
☆携帯  080-1277-2829  


【 施術リストお問合せ気功体験ホームページ 】