とろける薬膳バターを頭に載せて放松功 | 自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

癌や難病。現代医療に見放された方が最後に行きつくのが気功、ヒーリングです。
医者から治らない、治療法がないと言われても、自分自身の生命力を高めることが出来れば元気になります。

こんにちは、とおん気功院の嶋田なおです。

 

 

朝食のトーストに冷蔵庫から出したばかりのバターを塗ると、ほぼパンの表面が陥没します。

やっぱりマーガリンの方が、楽ちんで気持ちよくスゥーっと伸びてくれますよねヾ(≧▽≦)ノ

だけど、ジワジワとパンに染み込んだバターの味もまた格別なんですよね。

あぁ~

楽に気持ちよく塗り広がって、しっかり染み込むバターは無いかしら!!
 

image

 

三線放松功で身体の自然をゆったり味わう

 

三線放松功は、全身の氣の流れをよくする練功法で、氣が頭から足に向かって流れるようイメージと、自分にとって“心地いいリズム”で氣の流れを味わう、すると頭脳と身体がリラックスし丹田の氣は充実していきます。

 

また三線放松功の三線とは、身体の三線で身体の前面、後面、側面のことで、この三面を順番に隈なく全身を意識で緩める功法で、立っても座っても寝ても好きな姿勢でOKですが、屋外で行う場合には意識が、内側に入って周囲の状況が分からなくなることもありますので、自分と周りの安全確認をして危険の無いように行ってくださいね。

 

 

三線放松功で緩む感じを味わいましょう

 

先ずは頭頂部の周囲を緩める、例えば頭頂部に想像の特大薬膳バターを載せ、そのバターが自分の体温でゆっくりと溶けていくように、とろけるイメージを作り、その力が抜けて緩む、とろけた感覚で頭部の全面を通り足の先まで続けていきます。

 

もちろん緩むイメージや感覚を味わえれば、何を想像してもOKです。

 

また、三線放松功をしている途中、体のどこかに痛みを感じると場合がありますが、もともと痛かった箇所や不調が、より痛く感じられる場合は、気の巡りが本来の健康な状態に戻ろうとしているサインの好転反応と思われます。

 

 

<気功の練習法の目次>

1.元気玉はこうやって作る
2.氣の呼吸で心と身体を調える
3.立禅で元気エネルギーを溜めるよ
4.邪気も払うスワイショウ
5.元気玉のカケラをみよう
6.元気が溜まる手のひら呼吸法
7.足の裏から大地の氣をチャージ
8.入静で無意識のパワーON
9.邪気を祓う深呼吸
10. 心と身体を浄化する小周天
11.樹の氣を感じる樹林気功
12.三線放松功
13.大周天(グラウディング)
14.氣の流れに身を任せて自発功
15.外気功
16.遠隔気功


練習法を試してみて「この感覚であってる?」「氣が貯まってきたかな?」「一緒に練習してみたい」など、そしてブログのご感想も、氣になる事がありましたら、コメント、メール、お店LINEどこからでもOKです、お気軽にご連絡くださいね!

 

 

最後までお付合いありがとうございます(*´ω`*)

がん難病に遠隔医療気功 とおん気功院の嶋田なおでした。

 

もしも、あなたがこんな症状や状況で悩んでいたら・・・

・慢性的な症状で、頭痛や肩こり倦怠感にいつも悩んでいる
・睡眠不足や不定愁訴、ストレスや疲労感から抜け出せない。
・体調が気になるけど、なかなか病院へ行く時間が作れない
・治療期間が長引く症状で、免疫力を付けて元気で過ごしたい
・そもそも気功が初めてなので、まずは体験してみたい。
自分も変化を体験したい方はこちらから


ご予約、問合せのお電話は080-1277-2829  でお待ちています。

施術中など電話がつながらない場合はお問合せフォームをご利用くださいね!

 

LINEからのお問合せも大歓迎です♡

友だち追加

 

とおん気功院

☆営業時間 11時~19時
☆定休日  日曜日
☆住所  東京都板橋区徳丸3-3-12-102
☆携帯  080-1277-2829  


【 施術リストお問合せ気功体験ホームページ 】