長雨をすり抜けた赤城山ヒーリング | 自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

癌や難病。現代医療に見放された方が最後に行きつくのが気功、ヒーリングです。
医者から治らない、治療法がないと言われても、自分自身の生命力を高めることが出来れば元気になります。

こんにちは、とおん気功院の嶋田なおです。

 

7月7日の赤城山のパワスポレポート仕上がりましたヾ(≧▽≦)ノ



※大沼湖畔の大同赤城

 

赤城3兄弟

 

赤城山には関東を中心に300社ほどある赤城神社の親分が3つあり、山頂の大沼湖畔にビジュアル系の親分で、山の中腹に神秘的な親分と山麓にもう一つ、ご神体の赤城山の山頂に向かって地図上では奇麗に3つ並んでいます。

 

※山の中腹の三夜沢赤城

 

1日雨の予報だったけど

中腹の三夜沢赤城に到着すると雨が上り、樹齢300年の樹々と1000年を超える巨樹が並ぶ境内には、曇り空から銀色の光が差して神秘的な氣場は、更に幻想的になり浄化パワーで溢れて、私はこの樹々に囲まれた三夜沢の氣が好きなんですよ。

 

巨樹も触りたい放題で最高ですが、この日は残念なことに巨樹様たちに抱き着くと着替えが欲しくなる程の潤いなので、樹林気功は控えめで我慢でした。

 

 

峠の先に三途の川が!

三夜沢から赤城の温泉街を抜け、冬は通れない過激なカーブを登り続け稜線へ出でたら、三途の川の案内板を発見した。
 

それは昔、走り屋が峠のカーブを曲がりきれなくて…
 

 

という話じゃなくて、もっともっと昔の山の神、風の神、木の神、自然の中に神様が居て山岳信仰が生活の一部だった頃、山の中には、浄土と地獄があり、人は死ぬと魂は山に帰ると考えられ、その魂を慰めに山を訪れる風習や、魂の名を呼ぶと面影が現れる言伝えから、山麓の人々の中には、三途の川が自然に受け入れられていたんですね。

 

 

今回は赤城の山と湖と自然の中に宿る神様からの氣をたっぷり気功札に封入してきました。

気功札がお手元に届きましたら、枕の下に置いて睡眠の質を上げたり、バックに入れて持ち歩き運気を上げるなど、いろいろな場面で氣を感じてくださいね。

そして、日曜の夜の一斉ヒーリングでは、パワーチャージのスイッチとして活用してくださいね!!


8月のパワスポ一斉ヒーリングは4日又は5日を想定しています!

 

 

 

もしも、あなたがこんな状況や環境で悩んでいたら・・・

 

・慢性的な症状で、頭痛や肩こり倦怠感にいつも悩んでいる
・自律神経の乱れ、睡眠不足や不定愁訴など、ストレスや疲労感から抜け出せない。
・体調が気になるけど、なかなか病院へ行く時間が作れない
・治療期間が長引く症状なので、免疫力を付けて元気で過ごしたい
・そもそも気功が初めてなので、まずは体験してみたい。

毎週日曜の夜の一斉ヒーリングのお申込みはこちらです

 

ご予約とお問合せのお電話は
080-1277-2829  でお待ちています。

施術中などで、電話がつながらない場合は、
お問合せフォームをご利用くださいね!

 

 

LINEからのお問合せも大丈夫です!

 

友だち追加

 

 


最後までお付合いありがとうございます(*´ω`*)

がん難病に遠隔医療気功 とおん気功院の嶋田なおでした。

 

とおん気功院

☆営業時間 11時~19時
☆定休日  日曜日
☆住所  東京都板橋区徳丸3-3-12-102
☆携帯  080-1277-2829  


【 施術リストお問合せ気功体験ホームページ 】